人気ブログランキング |

週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 28日

山内町 横浜中央市場周辺

 第一京浜の「中央市場入口」交差点を海方向に入ってしばらく行くと目の前に貨物線をくぐるアンダーパスが見えてきます。
 でアンダーパスをパスして(?)右手に見える側道に入ると、貨物線を渡る宝町踏切があり、その踏切の先のアンダーパスをくぐる市場大通り(撮影当時はこんなシャレた名前は無かった……と思う)の道路と側道に挟まれた所に↓

c0247059_2365610.jpg


こんな感じで、お店が並んでいる一角があります(現在はほとんど無くなってしまったようですが)
築地に例えると、「場外市場」といったところなんでしょうか?

c0247059_2371763.jpg


c0247059_2373422.jpg


c0247059_238156.jpg


c0247059_2381764.jpg


 この正式名称を「横浜中央市場」という市場は、戦後になって作られたモノだと思っていたら、なにやら1931年(昭和6年)に開設されたんだとか。
と言われても、これらの写真を撮影した当時は、現在ほど身近な存在というワケでも無く、日曜、休日は言うに及ばず、平日でも15時過ぎには人っ子一人居ないシャッター商店街状態。
とにもかくにも当時は、今のように整備されていたワケでも無く、冷凍倉庫が建ち並んでいるだけ……といった印象でした。

 ということで、滝の川にかかる万代橋を渡ると、そこは「横浜中央市場・本場」とその先の岸壁部分が山内埠頭。
山内埠頭については、こちら(山内埠頭 巨大ボラード(係船柱))とかこちら(山内埠頭 その2)とかこちら(山内埠頭 市場大橋)の過去記事をご覧頂くとして、今回はそれ以外の写真を、ということで↓

c0247059_2383557.jpg

 
なにやら「横浜市場線 横浜市場駅構内 内貿二号踏切」と書いてあります。
どこにあったのかまったく記憶に無い(笑)ので、つぎに進みまして↓

c0247059_17594881.jpg


c0247059_28494.jpg


c0247059_281318.jpg


「三菱倉庫横浜支店 山内三号倉庫」という看板が出ているのですが、これもどこにあったかよくわかりません(笑)。
なにせ山内埠頭は、"みなとみらい"絡みでガッツリ改修されてしまったものでして……。

 ということで今度は、埠頭西端……というか、高島埠頭側の帷子川の河口あたり。
ここはシーバースに乗った時に通過する場所だったかと……。

c0247059_1844371.jpg


c0247059_239590.jpg

 
でその先にあるのが↓

c0247059_18144695.jpg


今は無き市場大橋。
で中央市場本場の北西端には、1930年(昭和5年)に建てられた……と思われる、事務所棟↓

c0247059_18181273.jpg


かなんかだと思います。

 ちなみにこの建物は、1985年(昭和60年)ごろに取り壊されて、現在の水産買荷保管場&駐車場棟に建て替えられて、市場大橋と駐車場棟とがあらたに作られた連絡橋によって接続されていました……というか、市場大橋が取り壊されたといっても貨物線をまたいでいる部分の橋桁が撤去されただけなので、いまも繋がっていると思います……たぶん?

 でふと思ったのですが、"橋"という建造物は計算された微妙なバランスで成り立っているものと聞きますが、まさかこの魔改造(?)が華奢な市場大橋に余計な負担をかけることになって、そして3.11で……なんてことは……無い……ですよね?

*写真はすべて1984年撮影





*来月7月のUP予定
7月 5日:鶴見沿線 大川~武蔵白石~安善
7月12日:鶴見沿線 浜安善~浅野~新芝浦
7月19日:京浜運河
7月26日:新山下橋にて


by yokohama80s | 2015-06-28 00:06 | 山内・瑞穂・出田町埠頭 | Comments(0)
2015年 06月 21日

千若町2丁 日本製粉横浜工場

 京急を神奈川新町で下りて第一京浜に向かいます。
すると第一京浜に架かる歩道橋があるのでそれを渡って、マンションに挟まれた道を入ってグイグイ進むと横羽の高架をくぐる手前に橋があります。

 それが入江川第二派川にかかる荒木橋。

c0247059_1524926.jpg
*①荒木橋から子安方向を見るの図


c0247059_153541.jpg
*②同じく荒木橋から今度は神奈川湊方向を見るの図


 もともと入江川は、鶴見区東寺尾付近を源流として京浜急行子安駅から品川方向に300mちょっと行ったところにある国道15号こと第一京浜の入江橋で海に注ぎ込む川なのですが、現在は沖合の埋め立てにより6派川(派川と書いてハセンと読みます)の運河に分岐し、そのうちの旧河口より西に旧海岸線沿いに作られた長さ約1.7kmちょっとの運河が「入江川第二派川」となります(地図にはただたんに「入江川」または「子安運河」と表記されていることもあります)。

 ここで何気なく「6派川の運河に別れ……」などと言っていますが、「派川ってなんぞや?」という疑問が。
でちょっと調べてみると、源流を異にして本流に合流する河川を「支流」と呼ぶのに対して、「派川」というのは本流が海に注ぎ込む以前に本流から分かれる支流のことで、本来は河口に形成されるデルタ地帯などで流れが枝分かれしている部分を指し、埋め立てなどで人工島を造成した時には当然、河口が沖合に移動するワケで、その延長された区間や、はたまたそこから分岐する運河も翻って「派川」と呼ぶそうです。
 
 でこの橋の上下流がいわゆる「子安浜」……かと思いきや、調べてみると子安浜とは第一京浜の入江橋を東端に、西端は新浦島橋までの入江第二派川の右岸側700mちょっとの区間を指すとのこと。
となるとこの辺りは、神奈川湊……???
歴史的農業環境閲覧システムから落としたKMLファイルをグーグルアースで表示して明治初期の地図と現在の地形を重ね合わせてみると、その昔はこの辺りが海岸線だったことだけは確かなようです。

 まあそういう話はひとまず置いておくとして、荒木橋を渡って、横羽の高架をくぐって、ズンズン進むとやがて貨物線の踏切があってそれを越えると出田町埠頭。

 出田町埠頭については過去記事で取り上げていますので、くわしくはそちらをご覧頂くとして、今は911絡みの"なんとか条約"とかの影響でガッチリとゲートがあり「立ち入り禁止」などと仰々しく書かれていたりするようですが、その昔にはそのようなヤボなこと言う人もいなかったので、埠頭内にグングン入って岸壁に。

c0247059_18415853.jpg
*③


昔は、日曜ともなれば近所の人がやってきて、のんびり家族で釣り糸を垂れている、なんて風景が当たり前でした。
 ということで、ふと写真の奥を見るとなにやらサイロが……。

c0247059_18425522.jpg
*④


地図を見ると日本製粉横浜工場のサイロなんだとか……
なにやら工場とサイロは、1924年(大正13年)に日本初の大規模臨海製粉工場として建てられたんだそうな……「ふむふむ歴史ある物が写っているなぁ」などと感心しつつ空中写真閲覧サービスで戦争前後の写真を見てみると……「あれ? 写ってない???」。

c0247059_06392.jpg
*横浜市三千分一地形図 昭和22年・神奈川KMLファイルより


 どうやら写真に写っているサイロは、昭和39年ころに建てられたもののようで、そのさらに右手にチラッと見えるのが大正時代に建てられたサイロのようです。

c0247059_18432026.jpg
*⑤


c0247059_18452469.jpg
*⑥


c0247059_18442270.jpg


c0247059_001263.jpg


*写真はすべて1984年撮影。



by yokohama80s | 2015-06-21 00:07 | 山内・瑞穂・出田町埠頭 | Comments(0)
2015年 06月 14日

千若町2丁目界隈 

 JR東神奈川駅の東口でも、京急仲木戸駅でも良いのですが、とにもかくにも駅を出て第一京浜方向にテクテク歩いて第一京浜の神奈川二丁目交差点を突っ切って、ひたすら海……というかノースドックはたまたノースピア、またの名を瑞穂埠頭方向にひたすら歩いて行くと、入江第二派川に架かる村雨橋を渡り、打ちっ放しのゴルフ練習場の高く張られた緑色のネットを右手に見ながらさらに2百mほど行ったところにあるのが千鳥橋。

c0247059_2333524.jpg
*①千鳥橋から三井倉庫を見るの図・その1


c0247059_2335325.jpg
*②千鳥橋から三井倉庫を見るの図・その2


c0247059_211028.jpg
*②千鳥橋から三井倉庫を見るの図・その3


 千鳥橋を渡ってすぐの所に貨物線の踏切があり↓

c0247059_2113329.jpg
*日通倉庫があるところが東高島駅


ここから瑞穂埠頭にかかる瑞穂橋までの間が神奈川区千若町二丁目。

 このあたりは、かつて1965年まで米軍のノースドック地区兵舎が、そして北側の日清製粉の手前にはフリートメールセンターこと郵便地区と、さらに瑞穂埠頭が現在も米軍により接収継続中ということは、横浜市民の方なら先刻ご承知の話。

 で現在だと「なんでこんな所に?」という場所に、5~60年代を彷彿とさせる店構えのバーが二軒並んでいますが、その昔にはこの辺りにはこのてのバーが7件ほど軒を並べていたんだそうです。

c0247059_2341176.jpg
*③一般住宅を挟んでバーが2軒づつ合計4軒並んでいた


 いちおう撮影当時もバーが4軒あったのですが、とにもかくにも瑞穂橋たもとの二軒があまりにも有名すぎて……。
でその有名すぎたバーというのが↓

c0247059_041062.jpg
*④


当時は、有名アーティストのジャケ写真に使われたり、有名イラストレーターの題材になったり、歌の歌詞になったりしたスターダストとポーラスター。

c0247059_2344613.jpg
*⑤


c0247059_055133.jpg
*⑥


c0247059_061275.jpg
*⑦入口のガラス越しに見た(覗いた)スターダストの店内・その1


c0247059_062065.jpg
*⑧入口のガラス越しに見た(覗いた)スターダストの店内・その2


 この二軒のお店に関しては、現在も鋭意営業中ということもあってググればゴッソリ出て来ますので細かい話は省略するとして、個人的な感想を敢えて言うとするならば

「今までよくぞ残っていてくれた」

と言ったところでしょうか。

 取って付けたようなハリボテ建築のビルを認定歴史的建造物に指定するくらいなら、代官坂の宮崎生花店とかこれら2軒のバーのように昔のままのたたずまいを残している建物こそ積極的に指定するべきだと思うのですが……?

c0247059_2351258.jpg
*⑨瑞穂橋から見た三井倉庫方向


*写真はすべて1984年撮影。



by yokohama80s | 2015-06-14 00:05 | 山内・瑞穂・出田町埠頭 | Comments(2)
2015年 06月 07日

石川町~元町界隈

 その昔、まだ本牧にエリア1があった頃。
そちら方面へ行こうとしたら最寄り駅は、当然、根岸線の山手駅になるワケですが、そうすると麦田町のあたりをパスすることになってしまうので、私はもっぱら山手のひとつ手前の石川町で下車して山手トンネルを抜けてテクテク歩くという経路を選択していました。

 ということで、とにもかくにも根岸線の石川町駅を出て本牧通りへ出て山手トンネル方向へ歩いて行くと、山手トンネル入口の信号があるところに忽然と現れるのが↓

c0247059_16491235.jpg


昔のとある映画のポスターが描かれた石川町1-24・コージーコーナー。
↑の写真の絵は風と共に去りぬということは分かりましたが、通り側にもなにやら描かれていたのですが、あいにくそれが写っているカットが無いうえに私の記憶の方も曖昧で……???
何かが描かれていた記憶はあるのですが……

c0247059_1653202.jpg


c0247059_16533045.jpg


 まあそれはそれとしても、このお店は確かディスコだったかと……???

 ということで、本牧通りをテクテク進むと、2つ口を開けた山手トンネルの入口が見えてきます。
このトンネルは、もともとは向かって左が市電トンネルで、右側は道路トンネル。
でこの2つのトンネルがちょっと離れて口を開けているので、山手トンネル入口交差点あたりから中州状の場所があり、現在はマンションがデ~ンと建っていますが撮影当時は住宅とかアパートなどがゴッチャリ密集していて、一番トンネルに近い場所に当時あったのが↓

c0247059_16594259.jpg


石川町1-45・中山モータース。
撮影当時はすでに閉店していたような記憶があるのですが、とにもかくにも建物の横手側に回ると↓

c0247059_1704938.jpg


「おおお~~~っ!」という感じの洋館風。
ということで、「もしや」と思って、戦前、終戦直後の航空写真を調べてみたのですが、あいにく写真の解像度が低いうえに光線状態のせいで、このあたりに写っている建物が良く見えません。
「なんか写っているようないないような……???」

 ということで、今度はちょっと本牧通りを戻って、当時はオシャレな街として一世を風靡していた元町通りに入るのですが、どうも私には「まぶしすぎますお天道さまが……」といった感じなので、取りあえず撮影したのが↓

c0247059_1762758.jpg


c0247059_176388.jpg


1935年(昭和10年)の著名商店工場要覧によると輸入建築金物店として田沢仲次郎によって大正12年10月開業したという元町5-183・田沢商店。

 当時の元町通りはハマトラブームに乗って表参道化が進んでいて、どうにも居心地が悪いので取りあえず山手側の裏通り(なにやら現在は"元町仲通り"と呼ぶそうな)に入ってみると↓

c0247059_2271458.jpg


c0247059_2273880.jpg


c0247059_1584872.jpg
*元町4-171


う~ん、なんだかんだで騒々しいしということでUターンして堀川側の一本ウラ道(この通りも現在は"元町河岸通り"と呼ぶんだそうな)に入ってみると↓

c0247059_2293366.jpg


c0247059_2294397.jpg


c0247059_17153184.jpg
*元町4-180・武部洋服店のウラ


c0247059_17162174.jpg
*そのとなり


c0247059_17165123.jpg
*元町4-180・舶用内燃機高速製作並修理 元町内燃機工業所


c0247059_17173426.jpg
*元町4-179・ウィスタリア元町ウラ


c0247059_17182663.jpg
*元町4-175・丸昭機帆船株式会社


c0247059_1735717.jpg


という感じで、元町通りの一本裏側には、オシャレな表通りの印象とは正反対のドロ臭い風景が残っていました。


*写真はすべて1981年撮影。




by yokohama80s | 2015-06-07 00:03 | 元町・石川町 | Comments(5)