週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 20日

常盤町3丁目

 北は大岡川から、南はみなと大通りまで南北に延びている常盤町の関内大通りと関内桜通りに挟まれた一角が常盤町3丁目。
ということで、今回のスタートは関内大通りと常盤町通りが交差する常盤町3丁目交差点前の常盤町3丁目36番地にあったのが1950年代前半に建てられた防火帯建築の白井商店↓。

c0247059_18134741.jpg


c0247059_181408.jpg


常盤町通り側から見えた建物の裏側は↓

c0247059_18141352.jpg


c0247059_18142714.jpg


蔦に覆われていました。

 で常盤町通りを関内桜通り方向に歩いた常盤町3丁目29番地にあったのが↓

c0247059_18144164.jpg


戦前は、料亭政治の舞台となっていた関内料亭の美登里の白壁が。
なにやら現在、駐車場にポツンと門だけが残っているそうな

 ということで、つぎに進むと常盤町通りと関内桜通りのカドの常盤町3丁目27番地に現在もあったのが↓

c0247059_1815037.jpg


Cocktail Bar パリとレストラン神戸。
Cocktail Bar パリは現在も営業を続けているようです。

 
ということでさらに進んで関内桜通りにぶつかる手前の常盤町3丁目22番地にあったのが↓

c0247059_18154627.jpg


クラブシャングリラ。
そして関内桜通りを左に折れて関内横丁とのカドの住吉町側にあったのが↓

c0247059_1816097.jpg


住吉町3丁目35番地 クリーニングショップラブリー

そして関内横丁に入った常盤町3丁目22番地には↓

c0247059_18153295.jpg


飲み屋がズラッと並んでいて、しばらく行ったところの住吉町側(住吉町3丁目36番地)には↓

c0247059_18161524.jpg


こんなところになぜか魚屋さんがありました。


*写真はすべて1981年撮影。




[PR]

by yokohama80s | 2015-09-20 00:07 | 関内地区 | Comments(0)


<< 常盤町4丁目      常盤町2丁目 >>