週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 24日

東京湾汽船発着所前ロータリー

 旧海岸通4丁目は現在は芝浦岸壁と同じ海岸3丁目になっているものの、芝浦岸壁より遅れて1931年から開始された東京港修築事業・第8号埋立地(芝浦八号地)として埋立造成され、1936年6月に撮影された航空写真ではまだ更地なものの造成は終了していたようです。

そしてこの旧海岸通4丁目の交差点の真ん中に、なぜかこんなかんじの「ロータリ」とか「ラウンドアバウト」というよりも、ただの「街灯のある植え込み」があります↓。

c0247059_17213050.jpg
*①海岸3-4のロータリー(右の建物が臨港消防署の出張所)


「なんでこんな所にこんなモノが?」といった感じなのですが、1944年の航空写真に写っていることから、どうやら海岸通4丁目に街路が整備されたころからこのロータリーは存在していたようです。
で、①の写真を撮影した場所の右手には↓

c0247059_17214873.jpg
*②海岸3-6 東海汽船永井扱所


なぜか竹芝桟橋に乗り場がある東海汽船の貨物扱所が。
「なんでこんな所に東海汽船の施設があるんだろう?」と思いつつさらに右手には↓

c0247059_1722425.jpg
*③東海汽船芝浦営業所と東海造機


↑などの東海汽船関連の建物が岸壁沿いに軒を連ねています。

 ということで例によってザックリ調べてみると、現在の東海汽船の前身にあたる東京湾汽船は1889年(明治22年)に墨田川河口にある霊岸島の江戸湊は御船手組屋敷跡の京橋区新船松町将監河岸、その後の越前堀1-30、現在で言うと新川2丁目の八重洲通りの中央大橋左岸下流に本社と発着所(いわゆる霊岸島発着所または越前堀発着所と呼ばれ昭和初期以前に「霊岸島から船で云々」と言ったら、この発着所のことを指しています)を置いて房総、伊豆方面、伊豆諸島、東北、北海道(その後、1911年・明治44年に東北、北海道航路から撤退)に定期航路を運航。

 しかし墨田川河口あたりは、隅田川口改良工事により5百トンクラスの船が通行可能なように浚渫されていたものの、常に隅田川上流から土砂が流入堆積し、また伊豆諸島航路の船舶の大型化などにより(初期には150トン程度だったものが昭和初期には7~900トン、昭和10年には約1800トンの橘丸が就航)、干潮時や大雨などで川が激流と化している時などには、船は霊岸島から4~5百m下流の月島辺りまでしか入ってこれず乗客は通船でそこまで行き来したんだそうな。

 そんなこんなで埋立造成が終了したばかりの芝浦八号地こと海岸通4丁目、現在の海岸3丁目のちょうど③の写真の建物がある場所に、1階に船客待合所、食堂、発券所などを設けた本社屋と、船の発着所として1千トンクラスの船が2隻繋船可能な長さ64mの浮桟橋を建設して、1936年(昭和11年)10月末に霊岸島から移転し、1948年(昭和23年)に月島こと現在の勝どき5丁目緑地に本社と乗り場を移転するまで東海汽船(1942年・昭和17年に現在の東海汽船に社名変更)の房総航路と伊豆諸島航路の客船はここから発着していたとのこと(その後、1953年・昭和28年に月島から現在の竹芝桟橋に移転)

c0247059_16421852.jpg
国土地理院空中写真検索サービスより、左が1948年、右が1984年


 さらにネットを漁ってみると、「東京湾汽船、芝浦新築移転披露」の新聞記事の写真が。
その写真を拡大してみると、①の写真で街灯が立っている植え込みには、発着所の芝浦移転当時には旗竿が立てられてそこに日の丸(たぶん)がはためいたいたようです。

 そうなると写真①のロータリーは、ここに東京湾汽船こと東海汽船の芝浦発着所があった頃の唯一の名残(と言っても伊豆諸島方面への貨物船は現在もここから発着しているのですが)ということになるようで、さしずめ「東京湾汽船(東海汽船)発着所前ロータリー」と言ったところでしょうか。
そしてそのロータリーの内陸側には↓

c0247059_17223874.jpg
*④①のアングルからちょっとカメラを左に振ったの図


c0247059_17225477.jpg
*⑤海岸3-9笹野金属産業


c0247059_17231180.jpg
*⑥海岸3-9笹野金属産業


小さな町工場が軒を連ね、①の写真の右手に写っている建物が1960年頃に建てられた臨港消防署の出張所↓。

c0247059_17232437.jpg
*⑦左が臨港消防署芝浦出張所で右が倉庫


c0247059_17235540.jpg
*⑧⑦の物置のアップ


c0247059_1723407.jpg
*⑨さらにその右側


c0247059_1724979.jpg
*⑩出初め式用の纏?


c0247059_17242172.jpg
*⑪さらにその右側の消化剤が入ったドラム缶


 ちなみに海岸通4丁目は、1965年(昭和40年)3月1日に住居表示が実施され芝浦岸壁と同じく海岸3丁目となり、内陸側にあった倉庫や町工場の大部分は現在はマンションなどに建て替えられ、写真③にあった東海汽船の本社屋兼旅客待合所は1966~71年頃に写真③の建物に建て替えられ、さらに2009~10年頃に現在の建物に建て替えられ、臨港消防署出張所はレインボーブリッジ建設により取り壊されて現在は駐車場となっていています。

*写真はすべて1986年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2015-05-24 00:04 | 東京・川崎 | Comments(0)


<< 晴海埠頭      芝浦岸壁 >>