週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 01日

大黒埠頭第一期埋立地

大黒埠頭に関する概要については横浜市港湾局のサイトを見て頂くとして、今回取り上げるのは、大黒埠頭第一期埋立工事によって1971年(昭和46年)に着工し1984年(昭和59年)竣工した部分↓の赤丸で囲った部分の写真を。

c0247059_17321877.jpg
1988年撮影の航空写真より


とその前に、現在と撮影当時とでは、大黒埠頭内の道路の位置が違っていますので、取りあえず撮影場所は横浜市港湾局の地図を参照しました。

ということで↓

c0247059_17324635.jpg
*①現在のT5バースあたり(1984年撮影)


c0247059_17341025.jpg
*②現在のT3バースあたり(1984年撮影)


c0247059_17353924.jpg
*③大黒大橋たもとのC1バース(1984年撮影)


c0247059_17364493.jpg
*④2号物揚場にて(1984年撮影)


当時は、今と違ってコンテナバース以外なら自由に出入りが可能で、さらに大黒埠頭は入出港する船がほとんど無かった為に夏休み中の日曜日などには非公式の臨海公園となっていました↓。

c0247059_21493857.jpg
*⑤2号物揚場の防波堤(1984年撮影)


またこの頃の大黒埠頭には、上の写真の画面左のあたりに浮き桟橋があり、そこから大桟橋までの通船というか水上バスが定期運行されていて、関内方面と大黒埠頭を行き来する倉庫会社その他のスーツを着た人達や、大黒埠頭内で働く人達の通勤などに利用されていました↓。

c0247059_23342163.jpg
*(1984年撮影)


c0247059_1738285.jpg
*⑥2号物揚場の神奈川倉庫事業協同組合倉庫(1987年撮影)


c0247059_17391924.jpg
*⑦2号物揚場の神奈川倉庫事業協同組合倉庫(1987年撮影)


c0247059_17394734.jpg
*⑧現在の3号物揚場あたり(1987年撮影)


c0247059_17405431.jpg
*⑨現在の首都高大黒JCTあたり(1987年撮影)


c0247059_1743214.jpg
*⑩現在の大黒パーキングあたり(1987年撮影)


c0247059_1744393.jpg
*⑪現在のC2バースバス停あたり(1988年撮影)


c0247059_17442928.jpg
*⑫現在の大黒税関付近で建設中の倉庫(1988年撮影)


c0247059_17465649.jpg
*⑬大黒ふ頭中央緑地にて(1988年撮影)


c0247059_16422846.jpg
*⑭大黒ふ頭中央緑地から見た建設中のベイブリッジ(1988年撮影)





[PR]

by yokohama80s | 2015-03-01 00:08 | 鶴見・大黒埠頭 | Comments(0)


<< 大黒埠頭第二期埋立地      日本大通9 横浜地方裁判所 >>