週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 27日

新山下 コンテナ街道周辺

今月は新山下月間をお送りしているワケですが、そのラストを飾るのは(?)堀川に架かる山下橋から千代崎川の小港橋に至る撮影当時は"コンテナ街道"と呼ばれていた主要地方道山下本牧磯子線近辺の写真。

まあ当時は、新山下橋がすでに開通していて、本牧埠頭へ向かう海コンやらトラック類はそちらにまわり、通称"コンテナ街道"のこのあたりの交通量はガッツリ減っていましたが・・・・・

それはともかくとして、今日の最初の写真は、その名もズバリ"YOKOHAMA SHIPS LAUNDRY"↓。

c0247059_023404.jpg
①現在、跡地は高齢者用賃貸マンションになっているようです。


c0247059_0235262.jpg
②当時ですら懐かしいかつての名車"いすゞベレット"


c0247059_16502179.jpg
③SHIPS LAUNDRYの店先でオブジェと化したナゾの機械


なにやら横浜は西洋クリーニング店発祥の地だそうで、詳しい経緯はこちらをどうぞということで、とにもかくにも1865年に元町5丁目に西洋式の洗濯を習得した某氏が第一号店を開店したところ居留地の外国人に大好評。

で機を見るに敏な人たちや、山手の外国人の家に使用人として雇われ、そこで西洋式洗濯法を習得した人達が次々に店を開店させ一気に洗濯屋が増えたそうな。

ちなみに""SHIPS LAUNDRY"とは、その昔、船内での淡水使用が制限されていた関係から、入港した船から持ち込まれる航海中に溜まりに溜まった洗濯物を専門に引き受けていた洗濯屋さんのこと。

現在では、大抵の船に造水器が装備され基本的に淡水の使用制限が無くなり、さらに最近の客船には船内にクリーニング工場が装備されている(船内にコインランドリーを備えたフェリーも存在する)ので、"SHIPS LAUNDRY"というのは単なる名前だけになってしまっていますが・・・・・・

ということで順序が逆になりましたが、そもそも新山下一帯はもともとは山手のガケ下から先は波がザブンザブンしていた所を、1915年(大正4年)頃から工場誘致を目論んだ浅野総一郎一派によって埋め立てが開始されたものの、目論見は見事に外れ(?)造成後も葦が生い茂った湿地が広がっていたんだとか。

そんな時に、関東大震災が発生し家を失った被災者救済の為に空き地だった新山下2丁目一帯に仮設住宅が建てられ、その後、同潤会により道路沿いに二階建ての店舗兼住宅と、それに直行する形で、同じく二階建てで一棟に四世帯が入居可能な長屋が合計280世帯分と公設の食堂、浴場、質屋と公園が作られました。

で、もともとこれらの住宅群は、入居者に経済的余裕が出来た段階で、一棟四世帯から二世帯、はたまた一戸建てに簡単に改築出来るように設計されている為に、一棟一棟が間隔を置いて建てられていたのですが、戦後の混乱期にその隙間にさらに家を建ててしまったり、もともとの家屋を増改築してしまったり、挙げ句の果てには山手の崖下の国有地に無断で家屋を建ててしまったりと新山下二丁目はあっという間にカオス状態に。

聞くところによると2000年代前半くらいまでこのような状態だったそうなのですが、さすがに「これじゃ災害時の安全性が確保できない」ということで、横浜市が「不良住宅地区解消」と銘打って以前の建物をすべて取り壊して現在では鉄筋コンクリートの立派な市営団地が建っています。

c0247059_0535626.jpg


↑の建物は自信を持って「同潤会住宅」ではないと言えますが、撮影当時には新山下1丁目、2丁目の山手の崖下側には、このての木造住宅が隙間無くびっちり建ち並んでいました。

さらにコンテナ街道の一本裏手の通りには、小さな町工場が点在し↓

c0247059_0562793.jpg


軒先に水を張ったパレットが置いてあり、なぜかいつ通ってもアヒルがぷかぷかしていたり↓

c0247059_0582024.jpg
⑥始終バタバタやるものだから辺り一面水浸し


そして↓のような

c0247059_059149.jpg


食堂があったり、その脇にはなぜか消防ホースを巻き取る台車がホース無しの状態で置かれていたりと↓

c0247059_1142518.jpg


下町風情満点です。

そしてコンテナ街道沿いには倉庫が建ち並び↓

c0247059_111128.jpg
⑨新山下2丁目交差点の運河側カドにあった追浜倉庫


c0247059_112541.jpg
⑩同上


かつての商店街の名残があったり↓

c0247059_12672.jpg
⑪運河を渡った向こう側の産業道路脇にあった靴屋さん(なんでこんな所に靴屋が?)


c0247059_122219.jpg
⑫見晴トンネル入口交差点


で、見晴トンネル交差点の先から新山下3丁目となり、そこには金網の向こうにベイサイドコートがあり、さらに歩いて行くと、道路の向こう側に↓

c0247059_16620.jpg


石川組の事務所があり、その先の小港橋を渡るとエリア1に至ります。

*写真は1981年撮影。



③④⑥は1丁目か2丁目のどこかです(笑)



*来月8月は山下町特集を順次UPします。

8月 3日:上町前編
8月10日:上町後編
8月17日:中華街
8月24日:山下町211番地ナゾの廃屋
8月31日:大さん橋通り

[PR]

by yokohama80s | 2014-07-27 00:04 | 本牧・小港・新山下 | Comments(3)
Commented by 酔華 at 2014-07-27 09:20 x
ハーモニカ長屋、なかなか風情があってよかったです。
でも、防災上問題があるので取り壊されたのですが、
仕方ないですね。
Commented by usabon at 2014-07-27 09:30 x
お久しぶりです。出た!SHIPS LAUNDRYだ!!こちらデイブ平尾氏がいらっしゃったと思います。お車は氏のものだったんでしょうか?
古い機械が沢山あった思い出があります。またまた懐かしいです。ありがとうございました。
Commented by yokohama80s at 2014-07-27 15:06
>酔華さん
2丁目の同潤会住宅がオリジナルの状態だったら残しようもあったのでしょうが、あそこまでゴチャゴチャになると「よく最近まで残っていたなぁ」といった印象です。


>usabonさん
"SHIPS LAUNDRY"という文字に惹かれてシャッターを押しただけですので、そういう逸話がある場所とは知りませんでした。


<< 山下町・上町前編      新山下 旧貯木場周辺 >>