週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 28日

太田町4丁目 バーバーショップ脇山

c0247059_242717.jpg


関内大通りの太田町三丁目交差点のカドにあった、↑ちょっと高級感漂うとこ屋さん。

店構えを見ると、いかにも高そうですが店頭の価格表を見ると↓

c0247059_27276.jpg


カット、シェービング、シャンプー(マッサージ付き)のいわゆる総合調髪で2500円というのは、当時としてはそれほど高いというワケではなく、私の記憶では一般的な店だと2000円前後だったような・・・・・・

場所柄を考えると、妥当な値段のように思います。

でも最近では、駅ナカの1000円とこ屋や、以前は女性専用だったパーマ屋さんこと美容院に男性もフツーに行くようになったおかげか、このてのとこ屋さんを街中で見かけることも少なくなりましたが、私はこのてのとこ屋さんの大ファンでして、いまだに髪を切るのはとこ屋さんと決めています。

なにせヒゲも剃ってくれるし、マッサージもしてくれるし、その昔は爪の手入れ(高級な床屋さん限定ですがネ)もしてくれたとかで、いわゆる「紳士の総合エステサロン」のようなモノで、海の向こうではかのアル・カポネの時代から70年代にかけてのマフィア全盛期には、残虐非道で鳴らした泣く子も黙るマフィアの大ボスが何人もとこ屋さんで暗殺されているというくらい、切った張ったの世界に生きている人ですら無警戒にだらしなくリラックスしてしまう場所だったワケです(なんか例えがヘンですか?)。

でも最近、このてのとこ屋さんに行くと、自分より年上の客しかいない、という事実に"愕然"とならざるおえません。

これほどリラックスできる天国のような空間は他には存在しない、と私は思うのですが・・・・・・

若人諸君。

紳士ならとこ屋さんに行こう!

なんてね・・・・・・


*写真は1981年撮影。




*8月のUP予定
8月 4日: 新港埠頭 新港倉庫A号倉庫 
8月11日: 横浜港駅旅客昇降場
8月18日: 横浜港駅小口貨物積卸場
8月25日: 新港埠頭 十二号上屋

[PR]

by yokohama80s | 2013-07-28 00:05 | 関内地区 | Comments(0)


<< 新港埠頭 新港倉庫A号倉庫      相生町1丁目 コーヒーの大学院... >>