週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 21日

相生町1丁目 コーヒーの大学院ルミエール・ド・パリ

c0247059_19214218.jpg


いきなりですが、この店をググるとごっそりヒットするのはどうしてなんでしょうか?

ということで、ヒットしたサイトを開いてみても正直な話、この店のいったい何が面白いのかが私にはまったく理解できません。

というのも、私には、ただの喫茶店にしか見えないものでして・・・・・・

なにせ当時は、昨今のように街角の辻辻にスタバ(私はこの店で出される飲み物をコーヒーとは認識していませんが、世間一般ではコーヒーショップとされているようです)や、ドトール(私好みのコーヒーを飲ませてくれるし、サンドも美味いし良い店だと思います)やら、タリーズ(入ったことがありません)、あれやこれやのハンバーガー屋やらフライドチキン屋、ドーナツ屋をよく見かけますが、その昔は、これらの店がすべて「喫茶店」・・・・・・というレベルを遙かに超えていて、特に関内近辺は「数歩歩くと喫茶店がある」というくらいの乱立ぶり。

c0247059_19227100.jpg


一方、現在は隆盛を極めている前記の各コーヒーショップやバーガー店ですが、90年代に入ったあたりでようくドトールをちらほら見かけるようになった程度で、当時はマックやケンタの類は主に駅の構内やその近辺にあるのがほとんどで、さらにそのうえこの頃にはその人気の方は下降気味。

なにせ当時、これらの店では、味も香りもコクもない茶色くヤケドしそうなほど熱い熱湯をコーヒーと呼んでいたし、バーガーとポテトを付けた時の値段は今とたいして変わらなかったような・・・・・・。

それに引き替え喫茶店の方は、店内スペースに余裕のある店にはたいてい貸し切りスペースがあり、会社の会議などでよく利用されていましたし、ちょっとした打ち合わせ、待ち合わせ、仕事をさぼって一服、雨宿りに駆け込んだり、夏の暑い日などにはクーラーがギンギンに効いていたから涼みに入ったり、そしてそこで出されるコーヒーはちょっと高級そうなソーサー付きのコーヒーカップや、キンキンに冷えた銅製タンブラーでアイコが出されたり、腹が減ればいつでもビザトーストやらナポリタン、カレーライス、ピラフなどの軽食が食べられたし、朝は朝でトースト付きのモーニングセット、昼には日替わりのランチセットがあったりと、現在のファーストフード店以上に身近で便利な存在でした。

c0247059_19223923.jpg


c0247059_1923054.jpg


それが昨今の禁煙ファッショの煽りを受けて"喫茶店"がただの"茶店"になってしまうし、バブルが弾けてさらにリーマンショックで、喫茶店の上得意だったリマンの方々のサイフの紐は固くなり、値下げ競争に勤しんでいる廉価なファーストフード店に客は流れてしまうし、携帯電話の普及により外に出てもサボっている暇もないし・・・・・・という時代の流れには抗し難く、かつてはそれこそ"犬も歩けば式"にそこかしこにあった喫茶店も衰退の一途を辿って現在に至る、という次第。

ということで、例によってストリートビューで最近のこの店のお姿を拝見すると、さすがに「ハイライト一箱贈呈(撮影当時は"なんとかマイルド"や"なんとかライト"全盛期だったのでハイライトをタダで貰っても喜ぶ人は少なかったと思います)」のレインサービスの看板↓

c0247059_19231722.jpg


は有りませんが、それ以外は30年前の撮影当時とまったく同じというのには一種の畏敬の念すら感じます。

*写真はすべて1981年撮影。


[PR]

by yokohama80s | 2013-07-21 00:03 | 関内地区 | Comments(6)
Commented by TEY at 2013-07-21 02:21 x
「大学院」は昨年に話題にしてから、ずっと待っていました。
やっと掲載、よかったです。
店の外観、あの字体の看板、昔から変わっていないのですね。
あの店の、どうも不思議なトイレが前からなのか、知りたかったところですが。
なにやら否定的なコメントが多いようですが・・・私は楽しかったです。
ありがとうございます。
Commented by yokohama80s at 2013-07-21 15:35
この店に行っただけでネタになる、最近の風潮には正直言って否定的にならざるおえませんし、個人的には悲しみと哀れさを感じます。

少なくとも、今のようなかたちで話題にされることは、この店の方にとっては決して本意ではないと思います。

トイレの件ですが、この店が閉店になったとは聞いていないので、私に聞くのでは無く、直接、お店に行って自分でお聞きになってください。
Commented by MM at 2013-08-18 12:20 x
はじめまして。

昔山下町にあったボーリング場のことを探していたら偶然こちらのサイトにたどり着きました。本牧生まれなので見覚えのある景色がチラホラ・・。GOMA SHOTENはちなみに同級生でした(笑)

コーヒーの大学院、残念ながら入ったことはないのですが、現在雨の日サービスは「シャンパン」になっているようです。食べログを見ると食事もかなりの高評価なようで、一度行ってみようと思います。

また写真のアップ楽しみにしています!
Commented by yokohama80s at 2013-08-18 17:55
MMさん、コメントありがとうございます。

撮影時に撮影場所の詳細を記録していなかったもので、GOMA SHOTENの場所を確認するのに苦労しましたが、ストリートビューに文字が消えているもののサビサビの看板が写っていたので事なきを得ました(笑)

レインサービスはシャンパンなんですか・・・・

ハイライトから随分出世したものです(笑)

ということで、これからもよろしくお願いします。


Commented by MM at 2013-08-24 00:16 x
レスありがとうございました。

石川町にあったのがニットーボウル、山下町のはなんだか覚えていませんか?
名前が思い出せずにちょっと消化不良気味です(笑)
ニットーボウルのあとは確かバッティングセンターになったんですよね。今のあおばの入っているマンションのあたりだと思います。

山下町の方がキレイで気に入っていました。多分小学校高学年だったと思います。
本牧小学校の記事で知りましたが、東条英機が軟禁されたのが我が母校だったということ。びっくりでした!

子供の頃は母親に連れられて伊勢佐木町によく行きました。
松屋、ノザワヤ(松坂屋)の食堂でお子様ランチ、クリームソーダが定番でした。
有隣堂の地下にあった洋食レストランも美味しかったのが記憶にあります。
多分、ドリアはここで生まれて初めて食べたメニューでした。

不二家も当時は2階が洋食、3階が中華と賑わっていたものです。
先日下の子供を連れて不二家に行ってきました。
多少の名残はあるものですね。ホットケーキをいただきました。
豪華な螺旋階段があったのを覚えています。

語りだすとキリがないですね(笑)
今の開発された横浜も好きですが、昔の姿を懐かしく感じます。
Commented by yokohama80s at 2013-08-24 17:53
MMさん

伊勢佐木町の不二家は、70年代前半くらいまでは親が子供を連れて行く定番スポットだったようで、この頃、横浜で過ごしたガキの大部分が週末や日曜に親に連れて行かれた経験があるのではないでしょうか。

個人的には名店街時代のリオの方が嬉しかったんですがネ(私の中では現在もジョイナスにある"リオ"は同名他店だと思っています^^)。


<< 太田町4丁目 バーバーショップ脇山      住吉町通り >>