週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 24日

本牧原12 旧本牧小学校

まだ本牧一帯に米軍キャンプがあった頃、現在の本牧ベイタウン5番街が建っているあたりに、通称:ヨーハイ、正式名称:Mile C Kinnic Middle Schoolという米軍関係者子息向けの学校がありました。

c0247059_18313097.jpg
*1982年撮影


とだけで済ませてしまえば、「ああそうか」で終わってしまう話なのですが、実はこのヨーハイの校舎は元々は1873年(明治6年)に横浜市内で最初に開校した18校の小学校(当時は"学舎"と呼ばれていた)のうちのひとつである本牧小学校に、1926年(大正15年)に一部では"震災復興小学校"とも呼ばれている、震災後に横浜市内に30校あまり建てられた鉄筋校舎のうちのひとつです。

さて話はここからがややこしくなりまして、時は1945年(昭和20年)に米軍が本牧に進駐してきた時に、まずは本牧1丁目にあった大鳥小学校こと当時の大鳥国民学校を接収して病院として使用(ちなみに、東条英機が自殺を図って運び込まれた病院がここ)。

この時、大鳥小学校の生徒は本牧小学校に仮住まい。

しかし翌年の1946年始めに、この病院が伊勢佐木町の旧松屋吉田橋店に移転(この店舗は1955年まで病院として使用された)したのに伴って、晴れて大鳥小学校の生徒たちは元の学校に戻れたワケですが、1947年(昭和22年)に今度は本牧小学校が接収されてしまった為に本牧小学校の生徒が大鳥小学校へ仮住まい。

そして接収された本牧小学校は米軍兵士、軍属の子息向けの学校として使用されることになり、小学校自体は間門小学校に統廃合され、生徒は間門小学校と大鳥小学校に別れて通学することになり本牧小学校は廃校の憂き目に。

そして1992年に、本牧和田の旧米軍住宅地跡に作られた住宅地内に間門小学校から分校する形で新たに小学校が開校し、校名を本牧小学校と称することになり、ここにほぼ半世紀の時をへて本牧小学校が復活して現在に至る、という次第。

一方、米軍により接収された本牧小学校は、1947年から家族で駐留してきた米軍兵士の子息用の学校"NASUGB BEACH High School"となり、その後、"Nile C Kinnick High School"に名称を変更し1971年にHigh Schoolのみ横須賀に移転(となると、1971年を境に横浜のヨーハイと横須賀のヨーハイと、一口にヨーハイと言っても二種類あるということなのでしょうか?)。

その後、この校舎はMiddle Schoolとして、このあたり一帯が日本に返還されるまで使用されていました。

ちなみに「学校名の"Nile C Kinnick(ナイル・クラーク・キニック)"って誰だ?」とお思いになられた方はこちらのWiki日本語版をご覧になってください。

ついでに余談になりますが、この学校は、あの人やこんな人がというような芸能人を多く輩出していることでも有名なのですが、なにぶん昔の話でして、いちいち名前を挙げたところで、「それって誰?」と聞かれてもアレなので、ここでは控えさせていただきます(笑)

とにもかくにもこの学校に関するアレやコレやの詳細をお知りになりたい方は、ヨーハイ卒業生のHPをご覧下さるほうが手っ取り早いかと思います(注意:アクセスするとヘンチクリンな音楽が流れますのでボリュームはオフにされるのが得策かと)。




*3月のUP予定
3/3  本牧1丁目 VFW(退役軍人クラブ)
3/10 横浜競馬場
3/17 山下町254 デスコビル
3/24 日本大通17 旧露清銀行横浜支店
3/31 北仲通3丁目 清月堂ベーカリー

[PR]

by yokohama80s | 2013-02-24 00:03 | 本牧・小港・新山下 | Comments(2)
Commented at 2013-03-03 08:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yokohama80s at 2013-03-03 17:38
鍵コメさん、はじめまして。 これからもよろしくお願いいたします。


<< 本牧1丁目 VFW(退役軍人ク...      米軍横浜海浜住宅地区(エリアワン) >>