週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 17日

本牧PX

横浜市のサイトにある資料を見ると、本牧ベースが返還されたのは1982年(昭和57年3月31日)となっていますが、この写真を撮影したのはその前年の1981年(昭和56年)の10月。

私の記憶が確かなら、新聞で「本牧ベースが日本に返還された」と読んで、「これは忍び込めるチャンス」とばかりにイソイソと出かけたのを憶えています。

いざ現地に行ってみると、日本とアメリカを隔てていて「フェンスの向こうのアメリカ」と言われる所以となった本牧通り沿いのフェンスがキレイさっぱり撤去されていて「よっしゃ!」とばかりにPX敷地内に潜入。
c0247059_19313884.jpg


c0247059_19323926.jpg


c0247059_19325759.jpg


c0247059_19331388.jpg


c0247059_19342059.jpg


c0247059_1934419.jpg


1時間ほどグルーッと一回りしてコミサリー↓

c0247059_1935180.jpg


c0247059_19352259.jpg
*写真はすべて1981年撮影


のベンチで一休みしていたら、屋根にブルーのパトランプを載せたドブネズミ色(←色に関しては確信がありません)のセダンがやって来て目の前で停車。

中から降りてきた日本人の警備員にバン掛けられました。

曰く、「日本への返還が決まってフェンスを撤去したが、ここはまだ米軍の管理下にある。よってここは撮影禁止だから撮影したフィルムを出せ」と。

「いやいや休んでいただけで、まだ写真は撮ってない」の押し問答を繰り広げる、というお約束のパターン(笑

まあのらりくらりと言い逃れをしていつものように適当に逃げてきましたが、この頃は、肩からカメラを下げてノースピア(最近はノースドックと言うらしいが瑞穂埠頭のこと)手前の瑞穂橋の白線を一歩でも超えようものなら、どこからとも無くあらわれた警備員に「フィルムを出せ」と言われたモノです。

それでもノラリクラリと言い逃れが出来たのですから、ある意味良い時代でした。

でフト思ったのですが、今、瑞穂橋あたりで写真を撮ったら、「メモリーを出せ!」と言われるのでしょうか?

今度、試してみよっと(ウソです)。

本牧PX・その2もご覧下さい。
    


[PR]

# by yokohama80s | 2012-06-17 00:05 | 本牧・小港・新山下 | Comments(0)
2012年 06月 10日

本牧PX ガソリンスタンド

c0247059_0153391.jpg
*撮影:1981年


かつて本牧PX入り口にあったガソリンスタンドの、「あんた死ぬよ!」と書かれた看板。

なんかそこはかとなくアメリカンなイラスト。  


[PR]

# by yokohama80s | 2012-06-10 00:02 | 本牧・小港・新山下 | Comments(0)
2012年 06月 03日

高島埠頭 その1

高島埠頭は、ちょうど横浜駅の南東、築地橋を渡った帷子川河口、現在のみなとみらい4丁目~5丁目一帯にあった埠頭で、もともとは西半分(国道一号線側)の旧表高島町の埋め立て地に広大な旧国鉄の高島貨物駅が作られ、その後、1921年(大正10年)に横浜港第三期拡張工事の一環で内貿易用埠頭(国内向け貨物積出し用)として現在のキャッツシアターからみなとみらい6丁目にかけての埋め立て造成が開始されました。

しかし1923年(大正12年)の関東大震災により工事は中断。

その後、1930年(昭和5年)に現在のジャックモールイースト棟の南側あたりに一号桟橋が、

c0247059_22591438.jpg
*1984年撮影(現・ジャックモールのコンビニ付近にあった一号桟橋の市営一号上屋)


そして1933年(昭和8年)には、タワーマンションのあたりに二号桟橋が、1954年(昭和29年)には高島中央公園北交差点あたりに三号桟橋が作られました(位置的には現・横浜マリーナの最深部がちょうど三号桟橋北側先端部にあたりますが、三号桟橋自体は1988年までに撤去されています)。

c0247059_2345957.jpg
*1987年撮影(高島埠頭三号桟橋基部にあった市営四号上屋、現・みなとみらい6丁目3 関東地方整備局京浜港湾事務所の東側70mのあたり)


c0247059_2352711.jpg
*1987年撮影(高島埠頭の北端部、現・みなとみらい6丁目3 関東地方整備局京浜港湾事務所あたり)


しかし撮影当時の80年代には、桟橋自体が手狭で大型船の接岸には不向きなことからか、この埠頭に船が接岸して荷役作業をしている光景はほとんど見る機会はなく、高島埠頭を寄港地としていた大島航路の定期船も寄港地を大桟橋に変更し(ちょうど83年~85年までの時刻表コレクションが欠落している為に正確な時期は不明ですが、82年の時刻表には「横浜(高島)」となっていて、86年の時刻表には「横浜(大)」となっていることや、私のつたない記憶を元にすると83年か84年頃に寄港地が大桟橋に変更されたと思います)、埠頭に隣接する高島駅も広大なヤードが広がっているだけで、繁華街横浜駅の裏にポッカリ空いたエアポケットといった風情でした。

c0247059_230236.jpg
*1987年撮影(現・ジャックモール東西棟の間あたり)


c0247059_2321484.jpg
*1987年撮影(現・ジャックモール西棟北側あたり)


そして1984年から、みなとみらい21計画によってまずは桜木町駅東側にあった東横浜駅から三菱造船、高島埠頭三号桟橋の南側にかけての埋め立て工事が開始され

c0247059_2323227.jpg
*1987年撮影(現・ジャックモール東棟南側あたり)


c0247059_2324799.jpg
*1987年撮影(現・みなとみらい4丁目交差点あたり)


気づいたときには現在のような姿に......。

はたしてジャックモールの辺りに立って、かつてここに桟橋があったことを想像出来る人が何人おいでになることやら......。

なにせかつて高島埠頭の桟橋があった場所は、いまやみなとみらい地区のど真ん中ですから。

c0247059_22593872.jpg
*1984年撮影(旧・金港倉庫、現・高島中央公園あたり)



[PR]

# by yokohama80s | 2012-06-03 00:03 | 高島埠頭 | Comments(0)
2012年 05月 27日

西波止場

c0247059_23121660.jpg
*1982年撮影(右手にある5階建てのビルは、現在は4階建てに改築されている掖済会ビルこと掖済会大桟橋船員診療所)


象の鼻というのは、現在の象の鼻パークと大桟橋根本部分に挟まれた波止場のことで、1859年(安政5年)の開港時に現在、象の鼻と呼ばれた外国貿易に使用された東波止場と、現・象の鼻テラス前の岸壁の内航貨物用に使用された西波止場の二つの突堤からなる波止場のことで、双方を合わせて東西波止場と呼ばれ、まさにこの場所が横浜港発祥の地となります。

その後、1864年(元治元年)に現在のニューグランド前(現在、氷川丸が係留されているあたり)にも波止場が建設され、そちらを東波止場またはフランス商館が近くにあったことからフランス波止場と呼ぶようになり、象の鼻にあった波止場を西波止場、またはイギリス領事館(現・開港資料館旧館)が近くにあったことからイギリス波止場、さらにのちにアメリカからの貨物を多く扱うようになったことからメリケン波止場と呼ばれるようになりました(鉄桟橋こと大桟橋が出来る前の話です)。

やがて大桟橋や新港埠頭などが建設されると、海岸通り一丁目から大桟橋にかけて写真のような木造モルタル二階建ての小さな乙仲の事務所が軒を並べて、輸出貨物の船積、輸入貨物の荷卸し、国内運送などの手配や、通関、はしけ運送、沿岸荷役、その他貨物の荷役・通関業務を幅広く行っていました。
c0247059_17424041.jpg
*1982年撮影(回船業者の事務所)


c0247059_233555.jpg
*1982年撮影(二枚目の写真の裏、大桟橋に向かう道路側にあった乙仲の事務所)


現在、象の鼻側の建物は再開発事業により取り壊されてしまったようですが、大桟橋通沿いのいくつかの建物は小洒落たレストランなどとして今も現存しています。 


[PR]

# by yokohama80s | 2012-05-27 00:14 | 大桟橋・海岸通 | Comments(0)
2012年 05月 20日

山内埠頭 巨大ボラード(係船柱)

c0247059_105076.jpg


c0247059_11155.jpg


c0247059_111949.jpg


*1982年撮影


現在は、旧岸壁を埋め立てて「コットンハーバー」などと小洒落た名前で呼ばれている、1932年(昭和7年)竣工の山内埠頭の、第2京浜から市場を抜けて岸壁にぶつかる道の、岸壁と平行に並んで建っている上屋と上屋のちょうどど真ん中に設置されていた高さが1mくらいある特大サイズの係船柱ことボラード(BOLLARD/日本では係船索を八の字に巻き留めて船をつなぎ止めるのに用いる船や岸壁に設置された2本セットの柱のことをボラードと呼び、岸壁にある係船柱をビットBittと呼ぶが、本当は逆。よって当ブログでは係船柱をボラードと表記します......っていうか、そうしないと記事が成立しなくなるので)。

国土変遷アーカイブ 空中写真閲覧で山内埠頭を見ると、一番古い1947年昭和22年)撮影の航空写真で、上屋と上屋の間に、このボラードと思われる突起物が辛うじて確認できることから(たぶんそうだと思う程度ですが)、この埠頭が作られた当時から存在していたものと推定されますが正確なところは「?」です。

それはさておき、この巨大ボラード、船を係船するのに岸壁から奥まった道のど真ん中にあって、船を繋ぎ止めたら荷役作業のジャマになるだろうことは明らかだし、このような巨大なボラードは他の埠頭では見たことがないことなどなどから、
c0247059_1445459.jpg
*1987年に撮影した一般的なボラード。


船を繋ぎ止めるためではなく、ボラードの別の意味でもある「道路の車止めや車線を分けるために設置された支柱」だと私は推測しています。

埠頭内の道路のボラードとして、船を繋ぎ止めるボラードを設置する、という昔の人のユーモアのセンスには脱帽するしかありません(←ねっ、ボラード=係船柱じゃないと話が成立しないでしょ)。


[PR]

# by yokohama80s | 2012-05-20 17:16 | 山内・瑞穂・出田町埠頭 | Comments(0)
2012年 05月 13日

新港埠頭八号岸壁 公衆トイレ

c0247059_1204183.jpg
*1983年撮影


c0247059_17162054.jpg
*1983年撮影


c0247059_17165486.jpg
*1983年撮影


c0247059_17171326.jpg
*1986年撮影



 横浜港で客船と言えば、大部分の方が大桟橋の方をイメージされると思いますが、大桟橋よりも設備が充実していて規模も大きな旅客ターミナルが新港埠頭四号岸壁にあり、1960年(昭和35年)に氷川丸が引退してシアトルまでのアメリカ航路が廃止されるまでは、国内船会社用の旅客ターミナルとして使用されていました。

 ということでちょっと新港埠頭についてググってみると、どのサイトを見ても判で押したように「北米航路が四号岸壁を使用し、欧州航路は九号岸壁を使用していた」とありますが、上の写真はそのどちらでもなく八号岸壁の八号上屋の山側(万国橋側)に併設されていた公衆トイレ。

 今も昔も元来、埠頭と言うところは、一般の人が立ち入らない場所であって、そこにあるトイレも当然、「用が足せればいい」的な素っ気ない造りなのに対して、このトイレはまるで公園にあるトイレのような立派なモノで、入り口には正円アーチがあしらわれ、入り口を入った所にはローマチック(?)な手洗い場があり(ロマネスク様式のトイレ???)、埠頭内の他のトイレは男女兼用なのに対して、こちらは男女用が左右にキチンと分けられていて、まるで不特定多数の人が利用することを前提にしているような造りでした。

c0247059_17184578.jpg
*1986年撮影(入口を入って右側が男性用)


中に入ってみると......
c0247059_1431618.jpg

埠頭内の他のトイレは、小便器が無く打ちっぱなしのコンクリートに向かって用を足す方式なのに、こちらはキチンと朝顔がならんでいます。

一方、個室(もちろん男子用の方です)のほうは......
c0247059_1433064.jpg
*二枚とも1983年撮影

普通のくみ取り式のトイレでした(笑   

 で、ご多分に漏れず1923年(大正12年)の関東大震災により新港埠頭も壊滅的な被害を受けたワケですが、 1925年(大正14年)大蔵省営繕管財局が発行した営繕事業年報によると、「歩道には上屋前及び荷役に支障のある場所を除きなるべく街路樹を植えて公衆便所その他の空き地にして、公衆の休憩に便利な場所には植樹をする」ということで、税関埠頭港内に合計6棟、うち新港埠頭構内に4棟の公衆便所が建てられそうで、この文面を見ると、新港埠頭は埠頭が臨海公園の役割も担っていたようです。



*2016/01/27
記事を整理するために、九号岸壁の件を削除し当ブログの「新港埠頭 九号岸壁」に統一しました。

[PR]

# by yokohama80s | 2012-05-13 18:26 | 新港埠頭 | Comments(2)
2012年 05月 06日

新港埠頭 ハンマーヘッドクレーン

c0247059_17361719.jpg
*1984年撮影


c0247059_1291715.jpg
*1987年撮影


c0247059_1295256.jpg
*1987年撮影


新港埠頭の現在で言うと八号岸壁、撮影当時で言えば八号岸壁と九号岸壁の中間にあった通称ハンマーヘッドクレーン。

正式名称は50トン定置式電気起重機といい、1914年(大正3年)のイギリス製(銘板には"1913"となっている)で、50トンジャイアントカンチクレーンとも言うそうです。

なにやら世界で現存しているこのてのクレーンは全部で17基で、このクレーンは国内に現存している3基のうちの1基なんだそうで、ググってみると「関東大震災にもビクともしなかった」と見てきたかのように記述しているサイトが多いのですが、実際には当時の関係官庁が震災の被害状況を書いた文書によると、「50噸起重機を含め全部大破し仕様に堪えず」となっています。

震災直後の写真を見ると、どうやらハンマーヘッドそのものは倒壊を免れたようですが、ハンマーヘッドが設置されていた岸壁が崩壊水没している様子が写されています(ハンマーヘッドに登って撮影したとみられるカットも存在する)。

となると、あれだけの被害(レンガ倉庫も含めて倉庫や岸壁の大部分が倒壊水没している)があったのに、ハンマーヘッドだけがまったくの無傷、ということは考えにくいので、大なり小なり被害を受けたのは確実だと思われます。

それはともかくとして、撮影した当時は余り活躍する機会がなかったようですが、ごくまれにあたりに吊り掛けモーター独特のうなり声を響かせて作業をしている光景を見ることが出来ました。

現在は、どういう理由か知りませんがアームを海に突き出した状態で停まっていますが、撮影当時はアームを写真のように常に八号岸壁に向けた状態で静止していました。    

私には、撮影当時のようにアームを八号岸壁側に向けている姿が一番かっこよく見えるのですが......。    
c0247059_1301360.jpg
*1987年撮影


*関連記事
2014/06/01 ハンマーヘッドクレーン・その一
2014/06/08 ハンマーヘッドクレーン・その二


[PR]

# by yokohama80s | 2012-05-06 18:06 | 新港埠頭 | Comments(0)
2012年 04月 29日

山下町168 同潤会山下町アパート

同潤会アパートと言うと、今で言うURの走りのような団体が関東大震災の復興支援の一環として主に東京、横浜に建てた、当時としては超モダンなアパート群のこと。

当時の私のつたない知識では、80年代頃にはその大部分が取り壊されて、表参道、代官山や上野近辺という、東京都内にだけしか残っていないものと思っていました。

ところが中華街あたりから、地図も持たずに行き当たりばったりに適当に歩いていたところ、目の前にザラザラコンクリートにアーチをふんだんにあしらい、中庭があるコの字型とロの字型の古めかしい蔦がびっしりからまった焦げ茶色のいかにも年季が入ったアパートが......。

c0247059_23434311.jpg
*1982年撮影


c0247059_23432998.jpg
*1981年撮影


「同潤会アパートのようなヤツが横浜にもあったんだ」と、呑気に撮影し家に帰ってから地図を見てみたら、なんと同潤会アパートそのものでした(笑

でいろいろ調べてみたら、横浜市内には山下町の他にも、この頃には米軍のベイサイドコートの北側で今は市営住宅がある新山下2丁目あたりに新山下町アパート(鉄筋コンクリートの集合住宅ではなく文化住宅の集合体だった)が、平沼一丁目のスイミングセンター(この当時にはスイミングセンターはここではなくて旧スカイビル横にあった→子供時分に私も通っていました)の隣(地図で見ると左上、方角でいうと北西)のマンションがあるあたりに平沼町アパートなどがあったようで、80年代に横浜市内に現存していた同潤会アパートは山下町と平沼町の二カ所だけでした。

余談ではありますが、これらの同潤会アパートは建設当時は賃貸で、戦時中に今のURの前身でもある住宅営団に管理が引き継がれ、終戦後に営団が解散すると横浜市に、そしてさらにその後、居住者に払い下げられたのだそうです。

そのような経緯があった為なのか、居住者が自分が住む部屋に思い思いに手を加えた結果

c0247059_2343557.jpg


c0247059_2337389.jpg


c0247059_23373745.jpg


c0247059_2337202.jpg


c0247059_23425113.jpg
*すべて1981年撮影 


この一種独特な雰囲気が醸し出されているという次第。

しかし1981年当時、すでに大部分の部屋が空き屋となっていて、その後ほどなくして取り壊されて小洒落た高層マンションに立て替えられてしまいました。     

*同潤会山下町アパートにご興味のある方は同潤会山下町アパート一号館同潤会山下町アパート二号館もあわせてどうぞ。
   


[PR]

# by yokohama80s | 2012-04-29 00:10 | 山下町 | Comments(0)
2012年 04月 22日

世界最大級のクレーン船

c0247059_0145192.jpg
*1987年撮影


これは大黒埠頭の現在のT-4からT-5バースあたりで撮影した、ベイブリッジの橋桁を橋脚に載せる作業の為に来ていた正式名称「3700トン吊非自航ジブ俯仰式起重機船」の「第50吉田号」のアーム部分。

アーム部分の階段の大きさから、とてつもなく大きなクレーンということがおわかりになると思いますが、このタイプの起重機船では世界最大級で国内には、もう一隻、「武蔵」という同クラスの起重機船がありこちらはアームが角形。

でこの写真を撮影した翌週に大黒埠頭に世界最大級の起重機船二隻がそろい踏みし、
c0247059_140134.jpg
*1987年撮影:奥に並んで写っているクレーン船の手前が武蔵、奥が第50吉田号。


二隻でコチラの巨大橋桁を吊り上げて橋脚に設置しました。

c0247059_020326.jpg
*1987年撮影:起重機船の巨大アームの影



[PR]

# by yokohama80s | 2012-04-22 18:17 | 鶴見・大黒埠頭 | Comments(0)
2012年 04月 15日

横浜ベイブリッジ

c0247059_1354723.jpg
*1987年8月撮影


c0247059_1355793.jpg
*1987年8月撮影


上の二枚は、当時、まだ埋め立て工事中だった大黒埠頭のT4バースあたりで撮影しました。

ここで橋桁を組み立てて、後ろに写る世界最大級のクレーン船で吊り上げてしずしずと移動して橋脚に載せる、という算段。

でこちらはその四ヶ月後。
c0247059_23204396.jpg
*1987年12月撮影


まだワイヤーどころかタワー部分も未完成で、真ん中部分にも橋桁は載っていませんが、早々とスカイラウンジが完成しています。

この後、工事の進捗は超スローモー。
c0247059_16345128.jpg
*1988年1月撮影


のちに一世を風靡した某テレビ番組で「ベイブリッジ建設は難工事だった」という話を聞いてちょっとビックリしたことを憶えています。

しかしそうやって難工事の末に完成したベイブリッジも、完成当時は「世界最大級の客船であるQEⅡが楽勝で通過できる」と散々自慢していましたが、後年、QEⅡの後継船のQMⅡがベイブリッジを通過出来ずに大桟橋ではなく辺鄙で殺風景な大黒埠頭に接岸したというニュースを聞いて、「なんだかなぁ」という気持ちになったものです。

確か翌年にもQMⅡは横浜にやって来て、再び大黒埠頭に接岸したそうですが、乗客からの評判は散々だったそうで、これに懲りた船会社は「もう二度と横浜には来ない」と言っているんだとか......。 


[PR]

# by yokohama80s | 2012-04-15 18:38 | 鶴見・大黒埠頭 | Comments(0)
2012年 04月 08日

赤レンガ倉庫二号館

c0247059_1943246.jpg
*撮影:1981年


c0247059_0161914.jpg
*2012年撮影


今回は、新港埠頭・市営公共上屋二号倉庫こと現・横浜赤レンガ倉庫二号館。

こちらの方が、前回の横浜税関保税一号倉庫こと現・横浜赤レンガ倉庫一号棟よりも新しそうですが、実際に一号倉庫が1913年(大正2年)に竣工し、こちらの二号倉庫が1911年(明治44年)と二年ほど古いにも関わらず、撮影当時の1980年代前半には、一号倉庫は廃墟。

二号倉庫は現役......と言っても、内部に荷物が仕舞われることはほとんどなく、一階プラットホーム部分に野積み状態......でも立派な現役。

言ってみれば、人が住まなくなった家はあっという間に荒れ果てる、という例えの通りの状態。

それはともかくとして、この二号倉庫の特徴は、なんといっても斜めを向いた断面。

このように奇妙な断面になっているのは二号倉庫だけで、もう一方の一号倉庫の方は震災で半分の大きさになる以前もその後も海側と同じくスパッと切り落とされた断面。

ではどうして二号倉庫だけが、こんな奇妙な角度になっているのかと言うと、聞くところによりますと当時、新港埠頭の表玄関は万国橋で、新港橋は言ってみれば裏口。

この為、当時サンフランシスコ、シアトル行きの定期船に乗船するためには、桜木町から歩くか、はたまたタクシーとか昔なら人力車などで万国橋を渡るか、東京からのボートトレインで新港埠頭にやってくるとことになるワケですが、するとちょうど真正面に二号倉庫が見えることになります。

ところが二号倉庫が建っている場所ですと、この時、倉庫の横側しか見えずに、それが来た人によそよそしい印象を与える、ということでこの倉庫を設計した人は、この埠頭に来た人を歓迎するかのように、ちょうどこの倉庫が目に入った時にレンガ造りの立派な断面が正面にド~ンと見えるように、切妻部分に窓をあしらい、さらに断面を三角形にして、この倉庫の顔にあたる部分が真正面に見えるようにしたのだそうです。
c0247059_11241.jpg
*撮影:1981年


ただこのデザインは、倉庫を使う人にとっては、「荷物の収まりが悪い」とたいへん評判が悪かったそうで、この三角形になる部分はほとんど使われることがなかったそうです。

倉庫という何よりも機能性が重視される建造物に、このようなちょっとしたシャレを取り入れることが許された時代、というのも、「なんかいいなあ」と思わせる建造物です。    
c0247059_237427.jpg
*撮影:1986年 



[PR]

# by yokohama80s | 2012-04-08 18:29 | 新港埠頭 | Comments(0)
2012年 04月 01日

赤レンガ倉庫一号館

本日から、毎週道曜日に1980年代に撮影した横浜港の写真をUPする「週刊・横濱80's」を始めさせていただきます。

今後もとヨロシク、ということで、まず第一弾はどこの写真にしようかとさんざん迷いましたが、「やっぱここしかないでしょ」ということで、新港埠頭の「ちっこい方のレンガ倉庫」こと、正式名称・横浜税関保税一号倉庫こと現・横浜赤レンガ倉庫一号館に決定!
c0247059_20415455.jpg
撮影:1984年

このカットを撮るのに数年かかったと記憶しています。

と言うのも、一号倉庫と二号倉庫の間の空間には、常にトラックやら、ホネやら、海コンやら、荷積み待ちの建設機械やらなんやらかんやらが置かれていて、二号倉庫のプラットホームから邪魔者ナシに一号倉庫を見ることが出来なかったという次第。

でたまたま行った時に、邪魔者無く撮れたのが後にも先にもこのカットだけ。

でももうひとつの赤レンガ倉庫の、市営公共上屋二号倉庫こと現・横浜赤レンガ倉庫二号棟の方は、撮影当時の1983年頃はまだまだ現役でしたが、コチラの方はすでにハトの巣と化しておりまして、下を歩く時には「いつ上から鉄製の鎧戸が墜ちてくるか」とドキドキものだったことを憶えています。

今現在の綺麗に復元された姿からは想像もできないくらいの荒れっぷり。

c0247059_20411472.jpg
撮影1982年

ボロボロで今にも崩れそうな一号倉庫だったのに、なぜかこの「BAY8 BAY9」のペイントだけがハッキリ、クッキリ残っていたモノ。

ただ不思議なのは、「BAY8 BAY9」があっても、その前後の数字がどこにも見あたらないこと。

消えた跡すら見つからなかったこと。

このことが当時はナゾでしたが、復元された時に、このペイントは消されてしまったようで、とうとう永遠のナゾとなってしまいました。    
c0247059_0145482.jpg
*2012年撮影 


[PR]

# by yokohama80s | 2012-04-01 18:59 | 新港埠頭 | Comments(0)