週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 25日

象の鼻波除堤

「象の鼻」と言えば今では大部分の横浜市民が、大桟橋の基部にある横浜港発祥の地と理解していると思います。

ところが私が小学生の時分には、「横浜港発祥の地は大桟橋」だと教わった記憶はありますが、「象の鼻」どころか「西波止場」という名前すら聞いたことがありませんでした(忘れただけ?)。

ということで、三つ子の魂なんとやらで、「象の鼻」という名前を知ったのはみなとみらい関連の再開発が一通り終わってから・・・・・・ってことは21世紀になってから・・・・・・というか正直に告白すると数年前、「象の鼻パークの"象の鼻"っていったいなんのこと?」みたいな・・・・・・というか恥を忍んで告白すると、数年前の某国営放送の番組を見ていて初めて聞いたワケでして・・・・・・

そんなこんなで80年代当時、大桟橋の歩道橋から横浜税関方向に見えた、なにやら奇妙な形の年代物の防波堤を見ても「ふ~ん」という感じ。

c0247059_1422742.jpg
*①1981年大桟橋歩道橋より撮影(正面の倉庫が三菱倉庫A号倉庫)


c0247059_14214716.jpg
*②1981年大桟橋歩道橋より撮影


ということで、今時の小学生(横浜市内の)でも知っている話を、いい年こいたおっさんが今さらながら改めて調べてみると、開港以前の1851年(嘉永4年)の絵地図には↓、

c0247059_1351496.jpg
嘉永4年 横浜村付近傍之図より


現在、羽衣町にある厳島神社の前身である州干弁天(しゅうかんべんてん→"州"を"洲"と表記している文献もあるようです)が大岡川河口に張り出し、そのさらに海側に州干島(茗荷島とも呼ばれていたらしい→ややこしいなぁ統一しろよ・・・・・みたいな・・・・・・)という半島があり、その先端の大岡川河口に「象が鼻("洲干の鼻"とも言ったそうですが、戦前の書物ではほぼ「象が鼻」で統一されているようです)」と名付けられた湾曲した半島がデ~ンと描かれています。

しかし1859年(安政6年)の開港時の絵地図には↓

c0247059_16413819.jpg
安政6年 横浜開港地割之図より


州干弁天の海側にそれらしいモノが「あれっ?」というくらい控えめにチョコンと描かれ、1864年(元治元年)の絵地図では↓、

c0247059_16544815.jpg
元治元年 横浜明細全図より
*絵地図は三枚とも横浜市史稿・附図の物を加工しました。


すでに本家本元の「象が鼻」は絵地図から消え去って、代わりに西波止場に象の鼻波除堤が作られています。

ということで、絵地図を並べてみてもなんだか良くわからないので、今度は近代デジタルライブラリーで1928年(昭和3年)発行の「横浜の史蹟と名勝」その他の書物を読み解いてみると、どうやら上記の絵地図で本町一丁目と書かれている通りが現在の馬車道通りで、海岸通りと書かれているところが元浜町、さらに丁目が現在とは逆とのこと。

で現在の弁天通、本町、北仲通、太田町の5~6丁目一帯の一万二千坪が鬱蒼とした松林に囲まれた州干弁天の境内で、現在の弁天通が参道で、県立博物館と日本興亜馬車道ビルの間に鳥居が、その先にヒョウタン型の池があり、そこに架かる太鼓橋を渡った弁天通6丁目106番地(・・・・・・ってどこ?)に茅葺き屋根の社があり、北仲通5~6丁目の旧生糸検査場と帝蚕倉庫にかけて州干島と呼ばれた半島と、さらにその先に象が鼻と呼ばれた砂州があり、対岸の現在の桜木町駅あたりに姥ヶ岩という岩礁が海面から顔を覗かせ文久元年(1861年)に埋め立てられるまでは風光明媚な景勝地として有名だったそうです。

となると、どうやら本家本元の「象の鼻」こと「象が鼻」は、今で言うところの旧生糸検査場こと第二合同庁舎のど真ん中あたりに埋まってしまっているようですが↓、

c0247059_1426421.jpg
*2014年撮影(北仲橋より、象が鼻はこのあたりのようなのですが・・・・・・)


なにぶんにも測量に基づいた西洋式の地図が始めて作製された明治4~6年ごろには、州干弁天や州干島、象が鼻一帯はガッツリ埋め立てられてしまった後なので、正確なところは「よ~わからん」というのが実際のところのようです(上の写真の三段護岸が安政6年の横浜開港地割之図で弁天社の松林が描かれている部分にある半島状の部分と形状がクリソツなことを考えると「象が鼻っていったいどこ?」という無限ループに・・・・・)。

ということでこれらのことを踏まえた上で推理してみると、開港時に作られた東西ふたつの防波堤からなる開港場は外海に口を開けている形状だったことから、北東の風が吹くと波がザッブンザッブンと打ち寄せてなにかと都合が悪いということで、後に西波止場右側の防波堤の先に湾曲した形に作り直した時にその形状がかつて景勝の地として有名だった「州干弁天」の「象が鼻」に似ていたことから、それになぞらえて「象の鼻」と名付けられたのだろうと思われます。

と言うのも当時、細く湾曲しているだけで即座に象の鼻をイメージ出来るほど、象という動物がポピュラーな存在だったとしたら、日本全国そこかしこに象の鼻と名付けられた砂州が無いと辻褄が合わないような・・・・・・?

まあそれもそれとして先々週UPしたように象の鼻波除堤の内側こと西波止場は船溜まりとなっていて、波除堤基部から大桟橋はタグボートの停船場というか待機場となっていました(象の鼻の写真が上の2枚しか無いことをさりげなく絵地図と文章で誤魔化す今日この頃なのであります)。

c0247059_14223067.jpg
*③1982年撮影


c0247059_14225737.jpg
*④1982年撮影(バンパー代わりの古タイヤはかつて旅客機で使用されていたモノ)


c0247059_14285457.jpg
④1984年撮影(放水銃の整備中。タグボートは消防艇としての役目も担っている)


③の写真のように、タグボートは常に船尾を桟橋に向けて繋船していたために、タグボートが出港するときには大桟橋全体がビリビリビリビリとあまりに振動するもので、「そのうち崩れるんじゃないか」と心配になったことを憶えています。

まあ今現在は、杭の上に載っている桟橋ではなく埋め立てられた人工島、すなわち「岸壁」となっているようですが、そうなると「大桟橋」という名称が・・・・・???

c0247059_14232488.jpg
*⑤1982年大桟橋一号物揚場にて撮影


という話はひとまず置いておくとして、そう言えば現在、象の鼻の基部には何もありませんが、昔は波除堤の根元には税関船員詰所が建っていました。

c0247059_18163694.jpg
⑥1982年裏象の鼻基部・税関船員詰所裏にて撮影


などと言いながらも、この建物が写っている写真は、上の写真と先々週の記事の写真(波除堤基部の鉄筋2階建てのビル)しかありません。

c0247059_14302356.jpg
⑥1982年撮影
(正面真ん中に写っている二階建ての建物が税関船員詰所)


ということで、先々週の記事の最初の写真の真正面に写っている二階建て建物が税関船員詰所の建物です、などと、これもさりげなく誤魔化してみる今日この頃なのであります。






*来月6月のUP予告

6月 1日: ハンマーヘッドクレーン・その一
6月 8日: ハンマーヘッドクレーン・その二
6月15日: 日本鋼管鶴見製鉄所・天井クレーン
6月22日: 鶴見区大黒町2 大黒倉庫
6月29日: 新港埠頭 三噸可動式起重機

以上、名付けて「鉄骨特集」をお送りしますのでお楽しみに。

[PR]

by yokohama80s | 2014-05-25 00:06 | 大桟橋・海岸通 | Comments(0)
2014年 05月 18日

横浜税関特別通関貨物検査場

みなとみらいで再開発される以前は、先週UPしたホルト上屋こと住友倉庫と山下臨港線の"低いけど高架線"の隙間の奥に、くすんだベージュ色のコンクリート平屋建て廃屋然とした倉庫が見えました(先週UPした住友倉庫の写真の左隅にチラッと写っている建物)。

グーグルアースに横浜市三千分一地形図のKLMファイルを落としてみると、ちょうど現在の象の鼻テラスがある場所になります。



ということで住友倉庫と臨港線の隙間を通り抜けると目の前に現れるのが、写真の"横浜税関業務部特別通関貨物検査場"という看板が掛けられているものの、使われなくなって久しい風情のL字型の建物。

c0247059_36535.jpg
*1987年撮影(分かりにくいと思いますが左線路脇に屋根が見えるのが貨物検査場の建物)


c0247059_0471735.jpg
これなら分かるでしょ?


「特別通関貨物」とはどういう貨物を指しているのかは定かではありませんが、昭和8年晩の税関設備図に記載があることや、震災復旧の状況が記されている書物にも「復旧すべき施設」として記載されていることから、この建物は震災後の昭和8年までに建てられたと見て間違いないようです。

そしてL字型の建物の両端を結ぶような形で山下臨港線 の高架線の工事が始まったのが1961年(昭和36年)で開通したのが1965年(昭和40年)、また80年代当時、万国橋を渡った右側にあった税関庁舎の一階に貨物検査場があったことなどから考えると、写真の施設は昭和35年くらいまで使われていたということになるので、かれこれ20年以上も放置されていたものと思われます。

まあ場所が場所なだけに、取り壊したところで転用のしようが無かったのでしょう。

c0247059_1879.jpg
*1982年撮影


c0247059_182690.jpg
*1982年撮影


c0247059_184616.jpg
*1986年撮影


c0247059_1967.jpg
*1982年撮影


c0247059_1142924.jpg
*1982年撮影


c0247059_1145970.jpg
*1986年撮影


c0247059_1151882.jpg
*1986年撮影


c0247059_1154556.jpg
*1986年撮影

[PR]

by yokohama80s | 2014-05-18 00:05 | 大桟橋・海岸通 | Comments(2)
2014年 05月 11日

西波止場 その2

現在、日本大通りの港郵便局あたりの横断歩道を渡る時に港の方に目をやると、臨海線の高架越しに新港埠頭と大桟橋に挟まれた横浜港発祥の地でもある西波止場(西波止場に関する能書きはこちらをご参照下さい)とその先の海面を見ることが出来ます。

まあ景観的に「日本大通りの先に海がデ~ンと見えたらかっこいいじゃん」と思ったのかどうかは定かではありませんが、実は開港時には現在、県庁があるあたりに運上所と蔵や役宅などがありその周りはぐるりと黒塗りの高塀で囲まれ、波止場に至る道には関が設けられていたし、その後、1866年(慶應2年)の豚屋火事をきっかけに、日本人居住地と外国人居住地の間に防火帯として幅120フィート(約36m)の日本大通りが作られた時にも、東西上屋があったあたりに蔵がデ~ンと建っていたし、その後、税関が日本大通りのどん詰まりに移転したらしたで日本大通りは横浜税関庁舎へ至る参道のような存在になってしまったし↓

c0247059_17125591.jpg
昔の絵葉書写真より、広い通りが日本大通りで、税関正面玄関越しに東西上屋の屋根が見えます。


震災によりその税関庁舎が倒壊焼失した後も、税関庁舎跡にはカストム・ブローカー・ビル(すでに取り壊されたキッコーマン横浜支社ビルと現存する昭和ビルはもともとふたつでワンセット)、波止場側には東西上屋が建っていたし、さらに後年になって山下臨港線の高架が作られたので、歴史的に見ると現在のように日本大通りから西波止場とその先の海が見えたことは無かったと思われます(敢えて言えばペリー提督ご一行さまが上陸した時くらいだけど、その時には日本大通りはまだ存在していなかった)。

c0247059_124226.jpg
1977年撮影の航空写真に80年代当時の状況を書き込んでみました


というこで、どういう主旨と経緯で、カストム・ブローカー・ビルを半分取り壊して現在のようなスッカラカンの景観にしてしまったのかは知るよしもありませんが(なにやら近い将来、貨物線の高架橋も邪魔だから取り壊すとか壊さないとか???)、

c0247059_1737250.jpg
*2014年撮影
(この位置から見るとカストム・ブローカー・ビルの片割れだったキッコーマンビルは意図的に取り壊されたような気が・・・・・・)


それはそれとしてとにもかくにもみなとみらい以前に西波止場へ行こうと思ったら、大桟橋から物揚場沿いに歩くか、回漕会社の軒先をかすめるようにして忍び込むか、はたまた新港埠頭の西門のあたりから倉庫と倉庫の間を通ってさらに臨港線の低い高架線をくぐってようやくたどり着けることから、表通りは観光客でひしめいていても一本裏手のこのあたり一帯では、観光客の姿を見ることなど皆無なちょっとした秘境のような場所でした。

c0247059_17352045.jpg
①1982年撮影・東西物揚場から象の鼻を見るの図


c0247059_1735335.jpg
②1982年撮影・東西物揚場から見た二号物揚場


c0247059_17361881.jpg
④1982年撮影・二号物揚場に繋がれたダルマ船。


c0247059_17355978.jpg
④1982年撮影・二号物揚場に浮かんでいた"浮きオフィス"


c0247059_17372471.jpg
⑤1982年撮影・現在のブルーブルーヨコハマ


c0247059_1738864.jpg
⑥1982年撮影・東西物揚場


c0247059_17391571.jpg
⑥1982年撮影・東西物揚場




c0247059_17393043.jpg
⑥1982年撮影・東西物揚場


c0247059_17364174.jpg
⑦1987年撮影・住友倉庫(ホルト上屋→戦前はバターフィールド・アンド・スワイヤー商会がマニラ麻の保管の為に使っていた)


c0247059_17394418.jpg
⑦1982年撮影・旧ホルト上屋こと住友倉庫の古めかしい電源部





*参考までに上の航空写真に写っている建物その他の過去記事は以下からどうぞ。
西波止場
横浜税関西門
山下臨港線 
海岸通1丁目 三菱倉庫京浜支店ニ号倉庫
海岸通2丁目 三菱倉庫横浜支店
海岸通3丁目 エヴェレットスチームシップ横浜支店
海岸通3丁目 ニューピータースグリル
海岸通1丁目 エキスプレスビル
海岸通1丁目 現・HAMA CAFE
海岸通1丁目 大桟橋入口界隈
大桟橋
北仲通2丁目・興亜火災海上保険横浜支店
[PR]

by yokohama80s | 2014-05-11 00:03 | 大桟橋・海岸通 | Comments(2)
2014年 05月 04日

高島埠頭 その2

さて今回は高島埠頭の未UP写真を一挙公開、ってことで、以前の写真やら説明やらはこちら(上のカテゴリーからご覧になりたいリンクをクリックして下さい)からどうぞ。

c0247059_17562498.jpg
①1987年撮影・横浜税関高島埠頭出張所(すずかけ通り西交差点先のそば屋のあたり)


c0247059_1757073.jpg
②1987年撮影・共立倉庫(45と42街区の間)


c0247059_1757317.jpg
③1987年撮影・共立倉庫(52街区すずかけ通り側)


c0247059_17252654.jpg
④1984年撮影・水上消防出張所(現横浜メディアタワー前)


c0247059_1758186.jpg
④上の写真の消防艇の正面あたりにて1987年撮影


c0247059_17584076.jpg
⑤1987年撮影・45街区旧ジャックモールウエストあたり


c0247059_17591858.jpg
⑥1987年撮影・45と46街区グランベリーモル・旧ジャックモールウエストとイーストの間


c0247059_17594924.jpg
⑦1987年撮影・46街区旧ジャックモールイーストあたり(リーフみなとみらい側)


c0247059_181040.jpg
⑧1987年撮影・旧横浜貿易倉庫(52街区)



c0247059_1802426.jpg
⑨1987年撮影・旧横浜貿易倉庫(52街区)



c0247059_23404580.jpg
⑩1987年撮影・旧横浜貿易倉庫(すずかけ通り・みなとみらい5丁目交差点、高島中央公園側)


c0247059_23411180.jpg
⑪1987年撮影・旧横浜貿易倉庫(すずかけ通り・みなとみらい5丁目交差点、高島中央公園側)


c0247059_23414661.jpg
⑫1987年撮影・旧横浜貿易倉庫(すずかけ通り・みなとみらい5丁目交差点、高島中央公園側)


c0247059_1821813.jpg
⑬1984年撮影・埠頭北端部(国際大通り・みなとみらい橋62街区みなとみらい側)





↑目安程度にお考え下さい。

[PR]

by yokohama80s | 2014-05-04 00:06 | 高島埠頭 | Comments(0)