<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 30日

日本大通11 旧横浜商工奨励館

現在、日本大通の三井物産ビルの隣に低層階がクラシカルな横浜情報文化センターなるビルがあります。

このビルの低層階の日本大通側の旧館部分が、「横浜市が、今上陛下御大禮記念として去る昭和二年建設(原文のママ、ちなみに現在は昭和4年建設とされている)、横浜商工会議所の経営管理になるもので横浜商工会議所の所屋が一、二階全部を占め、輸出向け物産の陳列と、海外取引斡旋を主要事業としているが、館内には単に県下のみならず関東各地の輸出向け物産が一同に陳列され、国際都市横浜にふさわしく異国人の来観が多い」と1938年(昭和13年)発行の神奈川県商工要覧で紹介されている横浜商工奨励館だった部分になります。

c0247059_21174248.jpg
*正面玄関側


その後、戦後の一時期、横浜税関が使用していた時期もあったりしましたが、1975年(昭和45年)に商工会議所が山下町2番地に新しく出来た産業貿易センタービルに移転したことにより、その役目を終え46年の歴史に幕を閉じました。

c0247059_21175710.jpg
*正面玄関の洒落た照明


とここで話が終わればアレなんですが当初、横浜市はこの建物を取り壊すつもりだったのですが、建築学会だかなんだかから「歴史的に貴重建物なので保存すべき」という申し入れがあったり、はたまた建物下に関内と本牧方面を結ぶ地下鉄3号線の建設が予定されたり、かと思ったら、市の財政状況から地下鉄3号線計画と現在のみなとみらい線にあたるみなとみらい21線計画を天秤にかけて3号線計画をあっさり見捨てたり、という紆余曲折の結果、この歴史的建物はその行く末が定まらないまま、20年ものあいだ、日本大通沿いに朽ち果てるままに塩漬け状態に。

日本大通り沿いに、煤けた廃ビルが朽ち果てるままに放置されている、というのはちょっと異常で異様な風景でしたが、使われなくなって20年後の1995年(平成7年)になって、ようやく横浜市が「現在のような姿で保存」するという方針を打ち出し、施設の閉鎖から25年後の2000年に商工奨励館の裏手部分(旧電電公社の裏手でもある)に高層階を増築し、旧電電公社ビルと共に横浜情報文化センターとしてリニューアルオープンして現在に至り、めでたし、めでたし、という次第。

c0247059_21181271.jpg
*三井物産側通用口・その1


c0247059_21182620.jpg
*三井物産側通用口・その2


c0247059_21191662.jpg
*三井物産側通用口・その3


c0247059_21193485.jpg
*なぜかワンコが(25年間、完全な空き家だったわけでは無く管理人の方が常駐していたようです)


c0247059_21195271.jpg
*図面を見るとこの窓は男子トイレの窓のようで、どうやらトイレの窓というものは割られる運命にあるようです。


個人的には、どうせ旧商工奨励館と旧横浜市外電話局をセットで残すのなら、現在、駐車場となっている中消防署日本大通出張所も残して欲しかった、と思うのですが・・・・・・

c0247059_21201325.jpg
*往事には催し物の案内を掲示をし(・・・・・・たと思われる?)、現在は施設の説明パネルとして使用されている掲示板


c0247059_21202316.jpg
*旧横浜中央電話局の緊急車両出入り口


c0247059_12561461.jpg
*商工奨励館のあった一角はビルがテトリス状態(笑)
(1964年撮影の航空写真より)







*4月のUP予定

4月 6日 : 新港埠頭 九号岸壁
4月13日 : 住吉町1丁目・神奈川県庁住吉町分庁舎
4月20日 : 北仲通2丁目・興亜火災海上保険横浜支店
4月27日 : 山下埠頭・若草丸

[PR]

by yokohama80s | 2014-03-30 00:04 | 日本大通 | Comments(0)
2014年 03月 23日

山下町1番地 シルクセンター

c0247059_1633223.jpg


開港広場前交差点にあるシルクセンターは、そもそも開港当初にイギリスの貿易商社ジャーディン・マセソン商会が居留地進出一番乗りをはたしたことにより居留地一番の番地を与えられたことから、英一番館と呼ばれた由緒ある場所。

とにもかくにもこの場所から堀川に向かって20番地までが海沿いに並び、21番地が1番地の裏でさらに堀川にぶつかるまで番号が順番にあてがわれている、というように、この場所がまさに山下町の一丁目一番地。

そしてこの由緒ある場所に、横浜開港100周年を記念して1959年(昭和34年)にオープンしたのが、5階までの低層階にシルク博物館、生糸取引所、各国領事館、輸出入商社や船舶会社、店舗などが入り、上層階にシルクホテルが入ったシルクセンター。

正式名称は「シルクセンター国際貿易観光会館」。

まあ私的には、「横浜で結婚式場と言ったらシルクホテル」みたいな感じでしょうか。

確かにオープン当初は、「横浜を代表するホテルのひとつ」とされていましたが、80年代あたりから山下町にホテルのオープンが相次ぎ↓、

c0247059_16333414.jpg
*写真は二枚とも1981年撮影。


さらに1982年の赤坂のホテル・ニュージャパン火災をきっかけにした消防法改正により、館内にスプリンクラーなどの防火及び消化設備の設置が義務付けられたものの、この頃にはすでに閑古鳥状態だったシルクホテルは、これらの設備設置にかかる費用の拠出が困難だ、ということで1983年に営業を休止。

その後、1998年に旧客室をSOHO用個人事務所として賃貸するオフィスビルとして生まれ変わるまでの15年間、ホテル棟は空き家状態で放置されていたようです。



[PR]

by yokohama80s | 2014-03-23 00:07 | 山下町 | Comments(0)
2014年 03月 16日

本町4-39 三丸本町ビル

先週は、本町通りの海側を桜木町からザックリ歩いてみましたが、今週は前回飛ばした本町4丁目にあった三丸本町ビルの写真を。

で、「本町4丁目」とザックリ言っていますが、実際には本町通りの本町四丁目交差点から二軒目のビル。

と言っても、撮影当時は交差点のカドは駐車場だったか、ただの空き地で建物は無かったので、正確に言うと本町四丁目交差点から最初のビルというべきなのかもしれません。

ということで、まずは本町通側からのカット↓

c0247059_15423014.jpg


c0247059_1542433.jpg


撮影当時は、本町通りは本牧埠頭方面へ向かう車や来た車で、「コンテナ街道」などと呼ばれたくらいの渋滞の名所。

余談ですが、当時、渋滞する本町通りを避けた車が日本大通の交差点を左に折れて山下公園前へと流入し、こちらも大渋滞。

「観光名所の山下公園やニューグランドの前がトラックで渋滞しているって、ちょっとアレなんじゃない?」ということで問題になり、ちょうどこの頃に海岸通~山下公園前のルートは大トラ進入禁止になったかと・・・・・・

まあそれはそれとして、当時の本町通りは大トラ、海コンが数珠繋ぎ。

さらにそのうえ歩道と車道の間には、立派な街路樹が生い茂っていた為に、「もうちょっと引いて撮ろう」と思っても到底無理な話というもの。

ということで、本町通のウラに回って北仲通側から通用口を↓

c0247059_15425433.jpg


c0247059_15431358.jpg


c0247059_15432156.jpg


c0247059_15432716.jpg


c0247059_1543332.jpg
*写真はすべて1981年撮影。


今、見るとなかなかクラシカルな風情ですが、当時、このあたりにあったビルの大部分がこんな感じだったかと・・・・・・。

ということで、ちょっと調べてみると、どうやら増田屋こと当時、小麦の輸入販売を行っていた増田合名会社によって昭和初期に建てられ、その後、県庁新庁舎が建設されるまで元浜町1-3にあった撮影時のビルの名称にもなっている三丸興行の前身である渡邊銀行こと渡邊同族会社の所有となり、現在は取り壊されて跡地には結婚式場が建っている、ということになるようです。



[PR]

by yokohama80s | 2014-03-16 00:05 | 関内地区 | Comments(0)
2014年 03月 09日

本町通り 

本町通とは、国道16号の桜木町一丁目交差点(桜木町駅前)から、東へ弁天橋を渡って馬車道との交差点を過ぎ、神奈川県庁脇を抜けて中華街東門の前を通り元町へ向かう谷戸橋手前を左に折れて山下橋までの通りを指す通称で、その昔には本牧埠頭、山下埠頭、新港埠頭から大黒埠頭や、川崎、東京方面へ向かうトラックの主要ルートとなっていて、別名「コンテナ街道」などと言われ平日はデフォルト渋滞の、現在とは比べものにならないくらい交通量の多い道路でした。

などというと最近造られた道路のように思えますが、この本町通は歴史有る通りで、開港を機に幕府が商人たちの誘致を行い、この通り沿いに商店を開かせたことに端を発して、それ以来、生糸や絹製品を扱う商店が軒を並べ、当然、外国人との取引もあることから両替商が店を開き、昭和10年頃には通りの両側には銀行や保険会社、各種企業の本支店などが50店近く軒を並べていて(←この数字は当時の企業一覧で本町に住所を置いている主な企業を数えただけですが)、「日本のウォールストリート」などと称されるほど活況を呈していたそうです。

その後、空襲で関内は跡形も無く焼失してしまったのですが、本町通り沿いの建物はコンクリートで作られていたために、その大部分が焼け残り、そんなこんなでこれらの写真を撮影した80年代頃には、通りの両側に戦前に建てられたクラシカルで重厚な造りの建物が多数残っているその脇を、本牧方面へ向かうトラック、来たトラックが行き交う・・・・・・というよりも慢性的な渋滞で数珠繋ぎになっている、というちょっとシュールな光景が見ることができました。

ということで、今回は(次回はありませんが)、弁天橋から県庁脇あたりまでの写真を。

で一枚目は↓

c0247059_23141379.jpg
*奥に見えるのが旧生糸検査場。


言わずと知れた、現在は本町5丁目にある旧横浜銀行本店別館こと旧第一銀行横浜支店こと、現・ヨコハマ創造都市センターという意味不明の施設となっているビル。

このビルは、もともとは本町四丁目の交差点の万国橋方向、はたまた馬車道通で本町通をつっきった先、生糸検査場の隣というか手前にあったものを、再開発で交差点を拡張するためにバルコニー部分を残して解体して残った部分をワンブロック北に引き家しバルコニーの背後の部分を新たに作り直したのだそうです。

まあ横浜市お得意の「取って付けたようなあざといハリボテ建築」にしなかっただけまだマシ、と言ったところでしょうか。

ということで、馬車道通と交差する本町四丁目交差点を抜けると三丸本町ビル(来週UPします)があり、さらに進んだ本町三丁目交差点手前の海側に協栄生命横浜ビル↓

c0247059_1554334.jpg


があり、そのとなりに旧・若尾銀行だった若尾ビルがあり↓

c0247059_23142048.jpg
写真の右手スペースになぜか薬局があった。


さらに進んだ本町1丁目交差点奥、というか県庁前交差点手前の本町1丁目にあったのが1930年(昭和3年)に江商横浜支店として建てられた本町旭ビルこと、綜通横浜ビル。

c0247059_23142714.jpg


c0247059_23143540.jpg


ちなみにこのビルは、1995年に写真の本町通側のタイル部分のみを保存したハリボテビルとして新築されています。

さらにちなみに江商(ごうしょう)という聞き慣れない会社は、1891年(明治24年)創業の繊維商社で、その昔には伊藤忠、丸紅と共に関西五錦のひとつに数えられたほどの大会社で、ややこしいのでザックリはしょると、江商の本体はその後、紆余曲折を経て現在の総合商社兼松になり、かつて江商から独立した衣料部門が現在のレナウン、ということになるそうです。

で通りの向こう側を見ると↓

c0247059_23145361.jpg


知る人ぞ知る(?)、通称クイーンだったか、ビショップだったか、ポーンだったか、ルークだったかは忘れましたが(個人的にはこの手の例えにはまったく興味が無いのですが、県庁がキングということだけは覚えている不思議?)、とにもかくにも震災前の1927年(大正6年)に建てられた開港記念館がありました・・・・・・というか、今もあります。

ちなみにこの開港記念館は関東大震災前に建てられた、と言ってもさすがに震災の被害は免れず塔部分を残して崩壊してしまったそうですが、当時の人たちがあの手この手で資金を工面した結果、ほぼ震災前の姿に復元されたのだそうです。


*写真はすべて1982年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2014-03-09 00:05 | 関内地区 | Comments(0)
2014年 03月 02日

横浜海上保安本部桟橋

現在、海上保安庁の横浜海上保安本部は新港埠頭の右突堤部を横浜海上防災基地として占有使用していますが、みなとみらい以前には四号岸壁の防衝工を沖合に延長する形で設置された桟橋を横浜海上保安本部桟橋(竣工当時の正式名称は"遠距離用大型巡視船基地"だそうです)として使用していました。

c0247059_22535398.jpg
①1983年撮影/PL32みうらとPL31いず(両船ともすでに退役)


ということで、この海保専用桟橋が何時くらいに作られたのか、はたまた何時から使用されているのかを、航空写真を漁って調べてみると、昭和初期ごろまでは海保桟橋があった場所には四号岸壁防衝工(現在、八号岸壁のみが現存)があり、まだ桟橋はありません。

で、1944年(昭和19年)撮影の航空写真では、防衝工があった場所に四号岸壁が30mほど延長されただけ(正式名称は桟橋ではなくあくまでも「四号岸壁防衝工」だそうです)で80年代当時のような桟橋はまだありません。

さらに航空写真を漁っていくと、1967年(昭和42年)撮影の写真には変化なし。

で1975年(昭和50年)まで、なぜか航空写真が無く、75年の写真には四号岸壁をさらに約100m延長する形で桟橋が設置されていて巡視船が停泊していることから、どうやら1970年前後に海保用桟橋が作られたようです(注:その後の調査で1968年/昭和43年に造られたことが判明しました)

1984年撮影/1980年(昭和55年)就役の当時の新鋭艦PL04「うらが」こと現・鹿児島海上保安本部所属PLH04「はやと」


ということで、ある日の海保桟橋での光景を↓

c0247059_22541556.jpg
巡視船みうらの出港を見送る家族連れ


c0247059_2254331.jpg


c0247059_22544762.jpg
1983年撮影/出港するPL32みうらと繋船中のPL04うらが


巡視船の船名の前に付く「PL」という符号は、Patrovessel Large こと大型巡視船という意味で、「PL」のあとに「H」がついて「PLH」となると、Patrovessel Large with Helicopter=ヘリコプター1機搭載大型巡視船ということになるそうです。

c0247059_22555941.jpg


ただ写真を見る限りにおいては、撮影当時の80年代前半には「PLH」という区分は無かったようです。



[PR]

by yokohama80s | 2014-03-02 00:04 | 新港埠頭 | Comments(0)