週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 25日

新港埠頭 七号岸壁

 1934年(昭和9年)に大蔵省営繕管財局が発行した大正14年度営繕事業年報にある「横浜税関陸上設備震災復旧」の項によると、九~十一号岸壁には鉄骨生子板張り(波板トタン張りのこと)の上屋を、そして七号、八号岸壁には鉄筋コンクリート平屋建ての同規模同設計の上屋を建設した、とあります。
 ところが80年代には、8号岸壁には鉄筋コンクリート平屋の上屋があったのに対して、七号岸壁には鉄筋コンクリート平屋建ての上屋などなく、代わりにこの岸壁を接収していた米軍により仮設の簡易冷凍庫が設置されていました。

c0247059_16315454.jpg
*①1983年撮影


c0247059_184101.jpg
*②1987年撮影


c0247059_18411232.jpg
*③1987年撮影


c0247059_2351189.jpg
*④1987年撮影


 そこであれやこれやの資料を紐解いてみると、横浜市発展記念館のサイトにある1934年(昭和9年)発行の横浜グラフ四月前半の【「練習船」を送り迎へる!!】という写真には、八号上屋と双子の七号上屋が確かに写っています。 
 ところが国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システムの1944年に旧陸軍が撮影した航空写真には、七号上屋があった場所にはノコギリ屋根のバラック倉庫らしき物が写っていて、さらに1946年~1956年に撮影された航空写真には、七号上屋があった場所の左突堤中央道路側に衝立状の壁が確認出来るだけで上屋の姿は影も形も見当たりません。

 そうなると1934年から1945年までの間に七号上屋が何かの理由で取り壊されたということになりますが、戦前~終戦直後にかけてわざわざ頑丈な鉄筋コンクリートの上屋を取り壊す理由が思いつかないし、このあたりは空襲の被害を受けていないし・・・・・・。

 すると1985年に刊行された中区史に、戦時中の昭和17年(1942年)11月30日に八号岸壁で「ドイツ軍艦爆発事故」が起こり上屋が倒壊したという記述が。

しかし普通に考えると、爆発が起きたのが八号岸壁なのだから倒壊した上屋は八号上屋なのでは?

 ということで、この事故の詳細について書かれた光文社NF文庫・石川邦美著「横浜港ドイツ軍艦燃ゆ」を読んでみると、舳先を沖に向けたいわゆる出船状態で八号岸壁に係留中だったドイツ海軍のディトマルシュン級補給船三番艦ウッカーマルク(全長178m、満載排水量20,858トン)が油槽清掃中の不注意から爆発炎上し、亀裂が入った船体から燃料の重油が流出し新港埠頭の左右突堤の五~八号岸壁に囲まれた凹部の内側は火の海に。

 そして爆発した輸送船に並列に、俗に言う"メザシ"状態で係留されていた同じくドイツ海軍の仮装巡洋艦トール(全長122m、排水量3,862トン)の船尾でまさに積み込み中だった多量の弾薬に引火し大爆発が発生(注:両船の全長及びトン数は出典により様々な数字と単位が錯綜しているため、複数存在する数字のうち岸壁長と船の大きさを比較して私の独断と偏見で妥当だと思われる数値を採用したので、目安程度にお考えください)

 これにより六号、七号岸壁に係留中だった船が次々に爆発炎上し、その結果、七号上屋が倒壊、八号上屋その他付近の倉庫が全焼し、ドイツ軍人61人、中国人捕虜36人、停泊中だったドイツ軍艦の整備や岸壁で荷揚げ作業に従事していたり、外国人船員相手に土産物などを売っていた日本人5名の合計102人が犠牲になるという大事故があったそうです。

 さらにこの本には、横浜税関が保管していたという事故直後に撮影された写真が多数掲載されていますが、それを見ると確かに事故が起きたのは8号岸壁で、倒壊したのが七号上屋だということが確認できます。

 そこでこれらの写真に写っている七号上屋の壊れ方や、国土変遷アーカーブの航空写真やネット上で見つけ出した戦後、七,八号岸壁を撮影した写真などを参考に想像力たくましく妄想してみると、八号岸壁に係留されていたウッカーマルクの船体が大爆発を起こしたトールより二回りほど大型だったことや、2船とも海側に船首を向けたいわゆる出船状態で停泊しており、誘爆して大爆発を起こしたのがトールの船尾船倉側、すなわち七号上屋側だったことなどの様々な要因が重なって、仮装巡洋艦が誘爆した時にウッカーマルクが遮蔽板の役割を果たした結果として衝撃波と爆風が七号上屋を直撃し岸壁側の壁と天井が吹き飛ばされて倒壊し、辛うじて倒壊を免れた中央道路側の壁と、八号上屋側と万国橋側の壁1/3が1957年に米軍が簡易冷凍庫を設置するまで取り壊されずに衝立のような形で残され、七号上屋跡地は露天の貨物置き場として使われた、ということのようです。

c0247059_17372979.jpg
*1950年に撮影された航空写真から、壁だけ残された七号上屋
(元の写真はみなとみらい歴史AR・1950年代の横浜港の航空写真から)


 一方、最初に爆発、誘爆した2船が停泊していた八号岸壁の八号上屋は、ウッカーマルクの船体が爆発による衝撃波と爆風を遮ったことにより(爆発による急激な気圧変化により上屋の扉は吹き飛んだものと思われます)、一部損傷を被ったものの修復され、みなとみらい21関連工事により1990年代に取り壊されるまで屋根や壁に修復跡を残したままの姿で現存していました。

c0247059_1683830.jpg
*1987年撮影(右奥が8号上屋、その手前が公衆トイレ、左手前が10号上屋、左奥が9号上屋)


 余談ではありますが、昔、大西洋で通商破壊戦に従事し最大の戦果を挙げたドイツ海軍巡洋艦アドミラル・シェアについて書かれたノンフィクションポケット戦艦という本(冷蔵船デュケサの逸話は秀逸です)を読んだことがありますが、作品中にシェアと共に南大西洋で活動していた仮装巡洋艦トールが、その後、このような運命を辿っていたということや、戦況悪化のためにドイツに戻れなくなったドイツ艦船が日本に協力して太平洋で行動し、その拠点として新港埠頭が使用されていた、という事実と共に(その後、ドイツに無事帰れたのは二隻だけで、残りの船はすべて連合国側により終戦までに撃沈されている)、7号岸壁に上屋が存在しなかった理由に、こんな戦争秘話があったことには正直、驚きを禁じ得ません。

 ということで、5日後に1942年の爆発事故からちょうど70年目を迎えるにあたり、国籍を問わずこの事故で犠牲になられた102名の方々のご冥福を、ささやかながらお祈りしたいと思います。
 
c0247059_22102144.jpg
*⑤1983年撮影(写真右にあるのが旧税関第二分室の建物)


来週は上述した本の118頁に事故直後の写真が掲載されている旧税関第二分室をお送りします(テキトーに写真を何枚かUPするだけですが・・・・・・)



[PR]

by yokohama80s | 2012-11-25 00:03 | 新港埠頭 | Comments(0)
2012年 11月 18日

出田町埠頭

c0247059_154149.jpg


c0247059_1541898.jpg
*出田町臨港線は、この時すでに廃止状態でした。


この埠頭は、出田町埠頭と書いて「デタマチ・フトウ」と読むのですが、正式な住所は出田町と書いて「イズタチョウ」。

ところがこの埠頭の入り口にあたる国道15号こと「第一京浜」の青看板には、ご丁寧にローマ字で「イズタチョウ・フトウ」と書いてある、というワケで、思わず「なんと読むのが正しいんだ?」と言いたくなるのですが、埠頭名は「デタマチ」で、住所は「イズタチョウ」というのが正解。

天下御免の国交省が間違えたワケなのですが、そもそも車を運転しながら青看板のローマ字の方を読む人はいないし、看板を設置した国交省も「間違いではない」と言い張っているそうなので、「まあいいんじゃない」と言ったところでしょうか。

それはともかくこの出田町埠頭は、ノースピアの根本に隠れるようにちょこんとある横浜港では比較的小さな埠頭で、第二次大戦後に米軍により横浜港の全ての埠頭やブイが接収されてしまい港湾機能がマヒしてしまったことにより1952年(昭和27年)~1962年(昭和37年)の間に急遽整備された埠頭です。

今は主に果物類を扱い、バナナ用の燻蒸倉庫があることなどから「バナナ埠頭」とも呼ばれていますが、80年頃には、トマトジュースで有名な某社の倉庫などがありましたが、山下埠頭や新港埠頭に比べて寂れた感が漂っていて、日曜日などには近所の人が釣りや散策に訪れるようなのんびりした雰囲気の埠頭でした。

c0247059_1544467.jpg


c0247059_1545622.jpg


c0247059_1611468.jpg
*写真はすべて1984年撮影



[PR]

by yokohama80s | 2012-11-18 00:04 | 山内・瑞穂・出田町埠頭 | Comments(0)
2012年 11月 11日

常盤町1丁目 旧宮下ビルディング

国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システムで、終戦直後の関内周辺が写された写真を見ると、尾上町通り~大岡川~南仲通~みなと大通り~横浜公園を結ぶ線の内側、大雑把に言えば関内中心部はモノの見事に焼け野原。

その焼け野原の周辺部に焼け残ったビルがポツンポツンと残っていますが、その中のひとつが市役所からみなと大通りを2ブロック行った角に、1928年(昭和3年)に当時、皮革製品や馬具の輸入を行っていた宮下商店によって建てられた旧宮下ビルディングがありました(1929年築説もアリ)。

c0247059_23383821.jpg


c0247059_22335922.jpg


c0247059_23385723.jpg


写真のように大谷石(だと思います)をあしらった3階建てで、ご覧のようにちょっと凝ったデザインのビルでした。

c0247059_23391470.jpg


c0247059_23392797.jpg


c0247059_22324840.jpg


c0247059_22343023.jpg


c0247059_22345655.jpg


c0247059_22313163.jpg


ただ残念なことは、この旧宮下ビルは関内地区に数多く存在した撮影困難物件の最たるもので、歩道は狭いし、隣のブロックとの間の道路も狭くて後ろに下がれないし、通りを渡った所からだと今度は街路樹、電柱、電線、中央分離帯が邪魔になって建物が見えないし、周りを高層ビルに囲まれて陽が当たらないし、というように結局、このビルの全景の写真は一枚も撮れていません。

c0247059_22284618.jpg


c0247059_2229316.jpg


c0247059_2373886.jpg
*写真はすべて1981年撮影


ちなみに"歴史的建築総目録データーベース"の宮下ビルの欄に、設計者名に「遠藤新」という名前が出ていたので、ちょっと興味を引かれてググッてみると、なにやらただならぬお方のようで・・・・・・

私のような建築にまったく疎い人間ですら聞いたことがある、かのフランク・ロイド・ライトの愛弟子とも言える人で、のちに「ロイドの使徒」とまで言われたお方なのだそうです。

などと今さらながら感心したところで、このビルはとうの昔にピッカピカのビルに建て替えられてしまっていますが・・・・・・。





*2014年12月26日:新たに写真4点を追加しました。

[PR]

by yokohama80s | 2012-11-11 00:04 | 関内地区 | Comments(0)
2012年 11月 04日

相生町1丁目 梅香亭

関内駅南口を出て、みなと大通りを大桟橋方向へ約5分弱ほど歩いた、相生町1丁目1に創業大正12年というレトロな店構えの梅香亭という洋食屋さんがありました。

c0247059_19243054.jpg
*この頃の横浜の市内局番はすべて三桁です(笑)


この店は戦前からのいわゆる有名店で、その頃、某有名作家が10年ほどニューグランドに長期滞在していた時に、一杯やりに行く前によくこの店に表れビフテキ(今で言うステーキ)を注文し、行きつけのスナックからの帰り際に再び顔を出してシメにカレーライスを食べて行ったのだそうです。

c0247059_19244455.jpg


そういうエピソードを聞いて「一度は・・・・・」と思ったのですが、正直に告白すると私は一度もこのお店に入ったことがありません。

と言うのも、撮影で関内、山下町を徘徊する時には、いつも決まって11時くらいに関内駅を降りて、梅香亭の前に差し掛かるのはいつも11時過ぎ。

まだ昼食には早いということでブラブラ歩き続けると、13時くらいのちょうど空腹感を憶え始める頃に辿り着くのが中華街。

ということで、店から漂ういい香りとランチの量と価格の魅力と空腹には抗しがたく、中華街からすきっ腹を抱えて梅香亭まで戻る気力も萎え、結局、撮影時の昼食は中華街の裏路地にある、いつ行ってもおばあちゃんとお嫁さんが広東語でどなりあっている(広東語は普通に話していてもケンカをしているように聞こえるので、お姑さんとお嫁さんはケンカをしていたワケではないと思います・・・・・・たぶん)家族的な雰囲気の店で、となってしまいます。

「今日は梅香亭でハヤシライスを食べるぞ!」と固く決心していても、毎度そうなってしまいます。

どやら私は、中華料理の魅力には抗えないタチのようです(笑)

で「いまこの店はどうなっているのだろう?」とググッてみたところ、なんと昨年(2011年)末に突然、閉店してしまったのだそうです。

c0247059_1925239.jpg
*カレーライスが350円で食べられた当時としてはちょっとビミョーな価格設定


残念ながらこの店のハヤシライスを永遠に食べることが出来なくなってしまったようです・・・・・・

c0247059_19251447.jpg


*写真はすべて1981年撮影。


[PR]

by yokohama80s | 2012-11-04 00:03 | 関内地区 | Comments(6)