週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 28日

瑞穂埠頭(ノースピア)

瑞穂埠頭ことノースピアは、1925年(大正14年)から出船入船で飽和状態だった新港埠頭を補完することを目的に建設されていました。

ところが関東大震災で工事が遅れに遅れたことが災いし、部分竣工の段階から陸軍により徴用されようやく完成したのが1945年(昭和20年)。

その後、進駐してきた米軍により現在も接収されている横浜港唯一の軍用埠頭です。

c0247059_17185818.jpg
*今も昔も撮影御法度の米軍ノースドック。瑞穂橋の路面は石畳でした。


ちなみにストリートビューで現在の瑞穂橋あたりを見てみますと、なにやら橋がずいぶんご立派になられたようで・・・・・・

80年代当時ははトラスではなく橋の両側左右には立派な親柱があり↓

c0247059_17195458.jpg


その両側を結ぶように路面に黄線が引かれ↓

c0247059_17191075.jpg


この黄線が国境線のようなモノで、陸側が日本、石畳側がアメリカ。

もし仮に石畳内で3分以上留まろうものなら(実際に3分かどうかは計ったことが無いので定かではありません)、どこからともなく米軍のパトカーが飛んできて即座に追い出される、という仕組み。

c0247059_23144316.jpg


実際、橋の真ん中あたりで二人だけの世界に浸っているカップルにも米軍さんは容赦せず、始終つまみ出されている光景を目撃したものです。

そういうことを知っていながら、何食わぬ顔で瑞穂橋を渡りきり橋を渡った先にあった税関監所や

c0247059_1950780.jpg


旧国鉄瑞穂支線の瑞穂橋梁を撮影し、

c0247059_1720759.jpg
*写真はすべて1984年撮影


挙げ句の果てに、駆けつけてきた米軍警備員(日本人の方です)と、「フィルムを出せ」「いや出さない」で毎度やり合ったりしていたのですから若いというか何というか・・・・・(笑)

しかし最近、瑞穂橋の接収が解除され橋を行き来することも橋の上からの写真撮影も可能になったとか。

でも埠頭ゲートにカメラを向けるのは相も変わらず御法度なのだそうです。

べつにたかが入り口ゲートの写真を撮ったところで減るもんでもあるまいし・・・・・・

あれだけ写真を撮られることにナーバスに反応するということは、きっと瑞穂埠頭の上屋には墜落したUFOとか宇宙人の死体とかを隠しているんでしょうね(←ウソです。実際には上陸用舟艇や揚陸艇とその装備機材がストックしてあるだけです)。

まあ冗談はともかくとして(笑)、80年代のノースピアはごくたまに貨物船や輸送船のたぐいが停泊していただけで、「使っていないのなら早く返せ」的なことが言われていましたが、冷戦終結後のアメリカ軍の戦略転換により、ここ最近のノースピアは、音響測定艦やら海洋観測艦やらが頻繁に出入港したり、米軍がチャーターしている高速フェリーが沖縄との間を行ったり来たりしていたり、先日、ニュースで大騒ぎしていた新型輸送機を米国本土から運んできたチャーター船が岩国の次ぎに何気に立ち寄ってみたりと、コンテナ埠頭である本牧、大黒埠頭を除けば今や横浜港で一番賑わっている埠頭なのでは? という気さえしてきます。

このぶんだと当分返して貰えないでしょうけど、返ってきたところで跡地にタワーマンションが建てられるだけで、たいした違いはないと言えば言えなくも無いような気もします(笑)



[PR]

by yokohama80s | 2012-10-28 00:04 | 山内・瑞穂・出田町埠頭 | Comments(2)
2012年 10月 21日

新港埠頭二号岸壁

c0247059_192847.jpg
*1983年撮影(現在の赤レンガパーク前で、今でも2号岸壁のデッパリが残っています)


昔は新聞の横浜版の端の方に小さな囲み記事で、その日、何時にどの埠頭にどこから来たなんという船が入港するか、はたまたはどこへ向かう船が出港するかが掲載されたくらい横浜港は賑わっていました(大晦日恒例の汽笛大合唱に聞き応えがあったのはこの頃までなのではないでしょうか?)。

しかしすでにこの頃には、日本船籍のいわゆる「マルシップ(MARU SHIP)」は少なく、貨物船といえば船体がグレーに塗られたサビサビでボロボロの中国船が多かったと記憶しています。

ところがこの写真を撮影した時には2、3,4号岸壁に珍しくマルシップが勢揃いしていました。

ちなみにここで言う「マル(MARU=丸)シップ」とは、海外では日本船籍の船名には必ず「○○丸」と付くことから日本船を指す呼び方で、法律上の「マルシップ」とは別の話です、という話は置いておくとして、すでにこの頃には2号岸壁に停泊している船のように、英語を平仮名表記したものや、初めから船名が横文字の便宜置籍船などが主流を占めていました。

ちなみに写真左手の3号岸壁に停泊中の「伏見丸」は、初代の船は欧州航路用の貨客船として1914年に建造され、純日本風の内装が施されていた一等船室がメインの豪華船で、往年の郵船神社船隊(その昔、日本郵船が就航させていた貨客船には神社にちなんだ名前がつけられ、操舵室内の神棚にはその神社の祭神が祀られていた。「伏見丸」の伏見は京都の伏見稲荷にあやかって命名された)の一角を担っていましたが、大戦中の1943年に御前崎近海で米潜水艦の雷撃で沈没しています(戦前、51隻あった日本の大型外航船は氷川丸と日昌丸の二隻以外はすべて撃沈されている)。

ということで、この「伏見丸」は、貨物船として1970年に三菱重工神戸造船所で建造された総トン数10,946トン(偶然なのか意図したものなのか初代の総トン数は10,940トン)、全長158m二代目伏見丸となります。

さらに余談ですが、この船は往年の郵船神社船隊の船名を引き継いでいることや、黒い船体に写真ではわかりにくいのですが白地に赤の二引の日本郵船伝統のファンネルマークが施され、さらに船首形状が右の船のような今時のボテッとしたバルバスバウではなく、昔ながらのシュッとした通常船首なことなどで、個人的には萌えポイントが満点に近い船です(笑)


[PR]

by yokohama80s | 2012-10-21 00:08 | 新港埠頭 | Comments(0)
2012年 10月 14日

山下町24 互楽荘アパート

c0247059_1612836.jpg
*陽の当たり方から言うと写真左手方向が県民ホールかと・・・・・・


かつてちょうど県民ホールの裏手に、現在のワークピア横浜がある場所に互楽荘アパートという1932年(昭和7年)に建てられたコの字型の小洒落た三階建てのアパートがありました。

しかし当時は今のようにネットなどというものもなく、「震災復興の為に同じ山下町の中華街の裏手にあった同潤会アパートとほぼ同時代に建てられたアパート」などということを知るよしもありませんでした。

そのうえ水町通りという場所柄なのか、前述の同潤会アパートに比べるとなんとなく小洒落てて高級感が漂っているし、手入れも行き届いているし(この当時、公式非公式を問わず取り壊しが決まっている建物は人が居ようが居まいが関係なく荒れるに任せていた)、ということで、私的には今にでも取り壊されそうな同潤会アパートの方が優先順位が高く、互楽荘に関しては記録的なカット以外はまったく撮影していない、という体たらくぶり。

c0247059_17454047.jpg


「ちゃんと撮っておけば良かった」と、今さら後悔しても時すでに遅しというヤツですが・・・・・・

c0247059_16124470.jpg


c0247059_16125656.jpg


c0247059_16131257.jpg


c0247059_17454982.jpg


c0247059_16132124.jpg


c0247059_16133274.jpg
*奥にチラッと見えるのが居住者用共同浴場の建物(本町通り側入口から)


それはそれとして、この互楽荘は、震災前に同所に支店を出していた東京の金巾(カネキン=敷布・肌着・シャツなどに用いられた薄地の平織り綿布のこと )問屋が1932年(昭和7年)に建てたもので、不動産広告風に言うと「6畳3畳~10畳8畳の2Kトイレ付き、中庭に居住者専用共同浴場完備、電話暖房光熱入浴費女中代その他コミコミで家賃は月45~75円(現在で言うと¥225,000~¥375,000。ちなみに同潤会山下町アパートの同じく二間の家賃は10~21円/月)」みたいな、当時としては「超」が付く高級賃貸アパート。

さらに従来の長屋的賃貸アパートとは違う近代アパートということをウリにする為に、「家主不在」、「居住者相互経営」などを売り文句にして、保証金を入会金、家賃を会費と称していたとか。

ただ家賃が家賃なので、当時ここに入居出来たのは、県庁などの部長さんクラスとか病院の院長さんだとかのセレブな方々だったそうです、というようなことがこちらに詳しく書かれています。

*写真はすべて1981年撮影。


*戦前戦中戦後を通じて互楽荘は山下町24番地に、ヘルムハウスは53番地に存在し、後にも先にも互楽荘がヘルムハウスと呼ばれたことはありません。
ちなみに米軍接収当時、互楽荘は「互楽荘ビレット」という名称の軍属宿舎として、ヘルムハウスは同じ名称で高級将校用宿舎(のちに婦人部隊宿舎として使用されていたとの説もあり)として使用されました。



*更新情報
2014年8月10日
本文に互楽荘の情報と、写真5枚、地図情報に互楽荘以外の建物の位置を追加しました。

[PR]

by yokohama80s | 2012-10-14 00:08 | 山下町 | Comments(0)
2012年 10月 07日

東海道本線貨物支線 高島駅

c0247059_17504857.jpg
*1987年撮影(国道1号の築地橋を渡った先、今で言うと国道1号ととちのき通りの交差点あたりに駅の入り口がありました)


1913年(大正2年)~1995年(平成7年)までの間、横浜駅東口の南東・・・・・・というよりも、国道一号線をはさんだはす向かい、築地橋を渡った所から南は今の国道1号とすずかけ通り交差点、そして東はBLITZのあたりからマリノスタウン、スポーツパーク、水際公園のあたりまでの高島1丁目、みなとみらい5、6丁目にかけて東海道本線貨物支線(高島線)の高島駅という大きな貨物駅がありました。

この高島駅には、ちょうど今のキャッツシアターがあるあたりの国道1号側に、石炭の燃えがらの臭いや、蒸気機関車の汽笛が聞こえてきそうな大正時代に作られた扇形の機関庫があり、私が小学生低学年だった1970年頃までは、蒸気機関車が行き来していて、名店街(現ジョイナス一階)を歩いていても汽笛が聞こえてきたものです。

c0247059_1751530.jpg
*1984年撮影(そごうが入る横浜新都市ビルはまだ建設中。その隣が回転展望レストランが売り物だった旧スカイビル)


しかしその後、貨物輸送は鉄道からトラックに移行し1987年に国鉄民営化に伴い廃止・・・・・・になったと思いきや、国鉄民営化に伴って手続き上「廃止」となっただけで、民営化後も高島駅は1995年まで営業を存続。

ただ貨物駅としての営業を続けていたとはいっても、構内にあった広大な操車場はこの時すでに使われることはなく、民営化に伴って廃車となった貨車がズラリと連なって駐められているような状況でした(一説によると、このままここで解体したのだとか)。

c0247059_17512871.jpg


c0247059_17514031.jpg

*1987年撮影(現・すずかけ通り西交差点あたり)


その後、1995年の高島駅廃止に伴いヤードその他は桜木町駅手前で京浜東北線と接続していた貨物線を残しキレイさっぱり撤去され、1997年にはその貨物線も地下化されたことにより、かつてここに広大な貨物駅があった痕跡は、今は何ひとつ残ってはいません。

c0247059_17515875.jpg
*1986年・市場大橋より撮影した写真をパノラマ合成(現在の水際公園のあたり)



[PR]

by yokohama80s | 2012-10-07 00:08 | 高島埠頭 | Comments(2)