<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 27日

西波止場

c0247059_23121660.jpg
*1982年撮影(右手にある5階建てのビルは、現在は4階建てに改築されている掖済会ビルこと掖済会大桟橋船員診療所)


象の鼻というのは、現在の象の鼻パークと大桟橋根本部分に挟まれた波止場のことで、1859年(安政5年)の開港時に現在、象の鼻と呼ばれた外国貿易に使用された東波止場と、現・象の鼻テラス前の岸壁の内航貨物用に使用された西波止場の二つの突堤からなる波止場のことで、双方を合わせて東西波止場と呼ばれ、まさにこの場所が横浜港発祥の地となります。

その後、1864年(元治元年)に現在のニューグランド前(現在、氷川丸が係留されているあたり)にも波止場が建設され、そちらを東波止場またはフランス商館が近くにあったことからフランス波止場と呼ぶようになり、象の鼻にあった波止場を西波止場、またはイギリス領事館(現・開港資料館旧館)が近くにあったことからイギリス波止場、さらにのちにアメリカからの貨物を多く扱うようになったことからメリケン波止場と呼ばれるようになりました(鉄桟橋こと大桟橋が出来る前の話です)。

やがて大桟橋や新港埠頭などが建設されると、海岸通り一丁目から大桟橋にかけて写真のような木造モルタル二階建ての小さな乙仲の事務所が軒を並べて、輸出貨物の船積、輸入貨物の荷卸し、国内運送などの手配や、通関、はしけ運送、沿岸荷役、その他貨物の荷役・通関業務を幅広く行っていました。
c0247059_17424041.jpg
*1982年撮影(回船業者の事務所)


c0247059_233555.jpg
*1982年撮影(二枚目の写真の裏、大桟橋に向かう道路側にあった乙仲の事務所)


現在、象の鼻側の建物は再開発事業により取り壊されてしまったようですが、大桟橋通沿いのいくつかの建物は小洒落たレストランなどとして今も現存しています。 


[PR]

by yokohama80s | 2012-05-27 00:14 | 大桟橋・海岸通 | Comments(0)
2012年 05月 20日

山内埠頭 巨大ボラード(係船柱)

c0247059_105076.jpg


c0247059_11155.jpg


c0247059_111949.jpg


*1982年撮影


現在は、旧岸壁を埋め立てて「コットンハーバー」などと小洒落た名前で呼ばれている、1932年(昭和7年)竣工の山内埠頭の、第2京浜から市場を抜けて岸壁にぶつかる道の、岸壁と平行に並んで建っている上屋と上屋のちょうどど真ん中に設置されていた高さが1mくらいある特大サイズの係船柱ことボラード(BOLLARD/日本では係船索を八の字に巻き留めて船をつなぎ止めるのに用いる船や岸壁に設置された2本セットの柱のことをボラードと呼び、岸壁にある係船柱をビットBittと呼ぶが、本当は逆。よって当ブログでは係船柱をボラードと表記します......っていうか、そうしないと記事が成立しなくなるので)。

国土変遷アーカイブ 空中写真閲覧で山内埠頭を見ると、一番古い1947年昭和22年)撮影の航空写真で、上屋と上屋の間に、このボラードと思われる突起物が辛うじて確認できることから(たぶんそうだと思う程度ですが)、この埠頭が作られた当時から存在していたものと推定されますが正確なところは「?」です。

それはさておき、この巨大ボラード、船を係船するのに岸壁から奥まった道のど真ん中にあって、船を繋ぎ止めたら荷役作業のジャマになるだろうことは明らかだし、このような巨大なボラードは他の埠頭では見たことがないことなどなどから、
c0247059_1445459.jpg
*1987年に撮影した一般的なボラード。


船を繋ぎ止めるためではなく、ボラードの別の意味でもある「道路の車止めや車線を分けるために設置された支柱」だと私は推測しています。

埠頭内の道路のボラードとして、船を繋ぎ止めるボラードを設置する、という昔の人のユーモアのセンスには脱帽するしかありません(←ねっ、ボラード=係船柱じゃないと話が成立しないでしょ)。


[PR]

by yokohama80s | 2012-05-20 17:16 | 山内・瑞穂・出田町埠頭 | Comments(0)
2012年 05月 13日

新港埠頭八号岸壁 公衆トイレ

c0247059_1204183.jpg
*1983年撮影


c0247059_17162054.jpg
*1983年撮影


c0247059_17165486.jpg
*1983年撮影


c0247059_17171326.jpg
*1986年撮影



 横浜港で客船と言えば、大部分の方が大桟橋の方をイメージされると思いますが、大桟橋よりも設備が充実していて規模も大きな旅客ターミナルが新港埠頭四号岸壁にあり、1960年(昭和35年)に氷川丸が引退してシアトルまでのアメリカ航路が廃止されるまでは、国内船会社用の旅客ターミナルとして使用されていました。

 ということでちょっと新港埠頭についてググってみると、どのサイトを見ても判で押したように「北米航路が四号岸壁を使用し、欧州航路は九号岸壁を使用していた」とありますが、上の写真はそのどちらでもなく八号岸壁の八号上屋の山側(万国橋側)に併設されていた公衆トイレ。

 今も昔も元来、埠頭と言うところは、一般の人が立ち入らない場所であって、そこにあるトイレも当然、「用が足せればいい」的な素っ気ない造りなのに対して、このトイレはまるで公園にあるトイレのような立派なモノで、入り口には正円アーチがあしらわれ、入り口を入った所にはローマチック(?)な手洗い場があり(ロマネスク様式のトイレ???)、埠頭内の他のトイレは男女兼用なのに対して、こちらは男女用が左右にキチンと分けられていて、まるで不特定多数の人が利用することを前提にしているような造りでした。

c0247059_17184578.jpg
*1986年撮影(入口を入って右側が男性用)


中に入ってみると......
c0247059_1431618.jpg

埠頭内の他のトイレは、小便器が無く打ちっぱなしのコンクリートに向かって用を足す方式なのに、こちらはキチンと朝顔がならんでいます。

一方、個室(もちろん男子用の方です)のほうは......
c0247059_1433064.jpg
*二枚とも1983年撮影

普通のくみ取り式のトイレでした(笑   

 で、ご多分に漏れず1923年(大正12年)の関東大震災により新港埠頭も壊滅的な被害を受けたワケですが、 1925年(大正14年)大蔵省営繕管財局が発行した営繕事業年報によると、「歩道には上屋前及び荷役に支障のある場所を除きなるべく街路樹を植えて公衆便所その他の空き地にして、公衆の休憩に便利な場所には植樹をする」ということで、税関埠頭港内に合計6棟、うち新港埠頭構内に4棟の公衆便所が建てられそうで、この文面を見ると、新港埠頭は埠頭が臨海公園の役割も担っていたようです。



*2016/01/27
記事を整理するために、九号岸壁の件を削除し当ブログの「新港埠頭 九号岸壁」に統一しました。

[PR]

by yokohama80s | 2012-05-13 18:26 | 新港埠頭 | Comments(2)
2012年 05月 06日

新港埠頭 ハンマーヘッドクレーン

c0247059_17361719.jpg
*1984年撮影


c0247059_1291715.jpg
*1987年撮影


c0247059_1295256.jpg
*1987年撮影


新港埠頭の現在で言うと八号岸壁、撮影当時で言えば八号岸壁と九号岸壁の中間にあった通称ハンマーヘッドクレーン。

正式名称は50トン定置式電気起重機といい、1914年(大正3年)のイギリス製(銘板には"1913"となっている)で、50トンジャイアントカンチクレーンとも言うそうです。

なにやら世界で現存しているこのてのクレーンは全部で17基で、このクレーンは国内に現存している3基のうちの1基なんだそうで、ググってみると「関東大震災にもビクともしなかった」と見てきたかのように記述しているサイトが多いのですが、実際には当時の関係官庁が震災の被害状況を書いた文書によると、「50噸起重機を含め全部大破し仕様に堪えず」となっています。

震災直後の写真を見ると、どうやらハンマーヘッドそのものは倒壊を免れたようですが、ハンマーヘッドが設置されていた岸壁が崩壊水没している様子が写されています(ハンマーヘッドに登って撮影したとみられるカットも存在する)。

となると、あれだけの被害(レンガ倉庫も含めて倉庫や岸壁の大部分が倒壊水没している)があったのに、ハンマーヘッドだけがまったくの無傷、ということは考えにくいので、大なり小なり被害を受けたのは確実だと思われます。

それはともかくとして、撮影した当時は余り活躍する機会がなかったようですが、ごくまれにあたりに吊り掛けモーター独特のうなり声を響かせて作業をしている光景を見ることが出来ました。

現在は、どういう理由か知りませんがアームを海に突き出した状態で停まっていますが、撮影当時はアームを写真のように常に八号岸壁に向けた状態で静止していました。    

私には、撮影当時のようにアームを八号岸壁側に向けている姿が一番かっこよく見えるのですが......。    
c0247059_1301360.jpg
*1987年撮影


*関連記事
2014/06/01 ハンマーヘッドクレーン・その一
2014/06/08 ハンマーヘッドクレーン・その二


[PR]

by yokohama80s | 2012-05-06 18:06 | 新港埠頭 | Comments(0)