週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:新港埠頭( 50 )


2015年 12月 13日

新港埠頭の三角地帯

 その昔、新港埠頭がまだ港として機能していた頃、万国橋から新港橋へ向かう道路と、万国橋から線路づたいに右突堤へ向かう道路、新港橋からレンガ倉庫前を通って万国橋~右突堤に向かう道路が形作る三角形の中州状の場所があり、そこにジャパンエキスプレスの大きな倉庫や、ノコギリ屋根が連なった新港倉庫、交番、変電所、港湾局の埠頭事務所などがありました↓。

c0247059_16314580.jpg
*昭和39年の横浜市三千分一地形図を現在の地図に重ねてみました。


c0247059_16315693.jpg
*万国橋から右突堤に向かう道路から
(画面右がジャパンエキスプレス倉庫と新港倉庫)


c0247059_163285.jpg
*赤レンガ二号倉庫前から見た三角地帯にある変電所の建物



ということで、まずはジャパンエキスプレスの倉庫↓

c0247059_1633474.jpg


c0247059_16331391.jpg


c0247059_16332260.jpg



 お次が新港埠頭E号倉庫↓

c0247059_1633306.jpg


c0247059_16333760.jpg



 で変電所があって↓

c0247059_16335131.jpg



 三角地帯の新港橋側には港湾局とか荷役会社などの事務所が建ち並んでいて、その中でなんとなくクラシカルな感じがする事務所↓。

c0247059_1634149.jpg


 写真に写っている看板を拡大してみると、リコーインターナショナルシステムズとなっていますが、建物の左側になにやら紋章のレリーフが。
ということで、ちょっと調べてみると1978年(昭和53年)の住宅地図の該当の建物には「運送業 KK武相組」となっているので、試しに1930年(昭和5年)の大横浜商工録を見てみると輸出入貨物立会業に元浜町4-35を所在地にする武相組がヒット。

c0247059_14154159.jpg
*1946年撮影の航空写真より
(余談ですが新港倉庫E号倉庫の屋根が焼け落ちているのが確認できます)


 ということは、この武相組という会社が同一の物だと仮定すると、この建物は戦前から戦後にかけてこの会社の現地事務所だったという可能性が高い、ということになりますが、ご多分に漏れずこの場所は今や道路の下に。
もしかしたら50年後くらいに、この場所を掘り返したら土台跡が出て来て大騒ぎ、なんてことになったりして……!?

 

[PR]

by yokohama80s | 2015-12-13 00:13 | 新港埠頭 | Comments(0)
2015年 12月 06日

横浜税関石炭庫

 その昔、新港埠頭に架かる万国橋を渡った所の橋のたもと、運河の岸辺に↓

c0247059_1574261.jpg


の煉瓦造りの小さな倉庫、はたもた物置状の建物がありました。

 建物の形状から考えると、物置というよりも暖房用の石炭(昭和40年代までは暖房用の燃料は石炭が使われていた→小学生の6年間がずっと石炭ストーブでした)を一時的に貯蔵しておく小屋だろとは思いますが実際のところは……???

 この件に付いては、こちら(2014年12月14日・万国橋)でも触れましたが、80年代後半の建築探偵ブームに乗じて出版された書物には、「明治時代に建てられた貴重な……」などと記載されていたのですが、個人的には「明治築はないだろう」と思ったもの、問題は「それではいったいいつ建てられたのか?」ということ。

 そこで国土地理院の地図・空中写真閲覧システムで新港埠頭を見てみると……
なにせモノが小さいので判然とはしないのですが、1944年(昭和19年)~1946年(昭和21年)の写真では確認出来ないし、昭和24年版の横浜市三千分一地形図でも以下同文。
で1947年(昭和27年)に撮影された写真に、それらしい物体(建物)が辛うじて確認出来ることから考えると、どうやら戦後になった進駐軍によって建てられたもの、というのが実際のところのようです。

 まあ今となってはそのようなことは、誰も気にしないとは思いますが。

c0247059_1575160.jpg


c0247059_158090.jpg


c0247059_158832.jpg


c0247059_1581876.jpg


c0247059_1582691.jpg



*写真はすべて1982年撮影。


[PR]

by yokohama80s | 2015-12-06 00:05 | 新港埠頭 | Comments(0)
2015年 02月 08日

一文字埋立地

新港埠頭が横浜税関陸上設備として竣工した当初には、十二号岸壁の万国橋側に十三号岸壁があったのですが、震災直前ごろまでに海面に向かってスロープがつけられた物揚場に変更され震災、戦争、接収時代を送ってきました。

そして米軍による接収が七号岸壁三井生糸倉庫一帯を除いて解除された後の1962年(昭和37年)、ほぼ山下埠頭造成と時を同じくして十三号岸壁物揚場の海面……というか、大岡川河口を幅約80m、長さ約260m(現在のみなとみらい16街区あたり)を埋め立てて、そこを流通拠点とすべく鉄筋コンクリート造りの民間倉庫が建てられたのが、当時、新港埠頭の一文字埋立地こと一文字地区。

c0247059_17163435.jpg
*赤枠内が一文字地区で黒枠が新港埠頭の既存地区


しかし当時すでに貨物輸送が、すでにトラックに移行していたにも関わらず、一文字埋立地の倉庫街は艀輸送を前提に作られていたことから撮影当時の80年代頃には開店休業状態。

ということで、とにもかくにもまず最初の写真は、戦後、旧13号物揚場に建てられた丸屋根倉庫が3棟連なった三井倉庫K号倉庫↓。

c0247059_1722556.jpg
*1981年撮影


c0247059_17221524.jpg
*1981年撮影


c0247059_17222591.jpg
*1982年撮影


でその次が、一文字地区根元部分にあった京浜輸入貨物取扱業共同組合新港上屋↓

c0247059_17234860.jpg
*1981年撮影


c0247059_17242893.jpg
*1981年撮影


c0247059_17244591.jpg
*1983年撮影


そのお次が、鈴江倉庫↓

c0247059_17255332.jpg
*1981年撮影


でその次が横浜冷凍新港埠頭工場↓

c0247059_1726323.jpg
*1981年撮影


で最後が関東郵船運輸倉庫↓

c0247059_17274224.jpg
*1981年撮影


c0247059_17275650.jpg
*1981年撮影


c0247059_17281080.jpg
*1981年撮影


……だと思います(笑)




[PR]

by yokohama80s | 2015-02-08 00:00 | 新港埠頭 | Comments(6)
2015年 02月 01日

一号物揚場

新港埠頭の一号物揚場というのは、凹型の新港埠頭のちょうど一~六号岸壁がある右突堤と、七~十二岸壁の左突堤の中間部分、へこんでいる部分のことで、みなとみらい21で埋め立てられて、現在は新港地区第七街区となっています。

c0247059_16471529.jpg
*赤丸で囲った部分が一号物揚場


ここでちょっと説明すると、埠頭で物揚場とか荷揚場などと称されている場所は基本的に「艀が接岸して荷役作業を行う場所」として設けられ、一般的には海面に向かってスロープ状になっていて艀から人力で荷揚げ出来るように作られていました。

今現在でも残っているのは、西波止場から大桟橋間の岸壁部分にフールプルーフの為なのかバリアフリーなのかは定かではありませんが、プラットホーム状の遊歩道が設置されている区間に残されているのが、現在、横浜港に残された唯一の昔ながらの物揚場(跡)だと思われます。

という話はひとまず置いておくとして、昔の地図にはこの一号物揚場もスロープ状だったことを表す記載が認められますが、80年代には海面に向かって下がっているスロープはすでになく、右突堤と左突堤を結ぶ連絡道路となっていました。

ということで、一号物揚場を通って右突堤から左突堤に向かう時に見えた風景の写真を順番に……。

c0247059_17103666.jpg
*①1983年撮影(六号上屋と右奥にチラッと見えるのが現在同じ場所にレプリカがある横浜港駅の旅客用プラットホーム


c0247059_17132770.jpg
*②1983年撮影(六号上屋から見た一号物揚場……と言うか左突堤)


c0247059_17143084.jpg
*③1984年撮影(ちょっと進んで振り返って見たの図)


c0247059_17153047.jpg
*④1983年撮影(六号岸壁を見るの図)


c0247059_1720239.jpg
*⑤1983年撮影


c0247059_17244259.jpg
*⑥1983年撮影


c0247059_17251514.jpg
*⑦1982年撮影(一号物揚場の反対側は米海軍の冷蔵施設


c0247059_1727271.jpg
*⑧1983年撮影(七号岸壁


c0247059_17275390.jpg
*⑨1982年撮影(七号岸壁)


c0247059_1728249.jpg
*⑩1982年撮影(七号岸壁)


c0247059_17285928.jpg
*⑪1987年撮影(七号岸壁)


c0247059_17292920.jpg
*⑫1987年撮影(旧横浜税関第二分室





[PR]

by yokohama80s | 2015-02-01 00:01 | 新港埠頭 | Comments(0)
2015年 01月 25日

新港倉庫B号倉庫

現在、新港埠頭のワールドポーターズの万国橋交差点からサークルウォークのある辺りに、その昔はノコギリ屋根の古びた倉庫がありました。

c0247059_16411747.jpg
グーグルマップに昭和39年の横浜市三千分一地形図を重ねてみました。


1937年(昭和12年)度版横浜税関構内図によると、現在の万国橋交差点からサークルウォークのあたりには7~11号岸壁がある左突堤へ向かう線路があり、その線路沿いに脇に震災後にA号倉庫とほぼ同時期に建てられた新港倉庫C1、C2倉庫、その裏手にサイロが出来る以前……というか、戦前にはその場所にC3、C4倉庫があったそうな……でも写真に写っている倉庫の扉には「B」と書かれていることから、その後、B号倉庫に名称が変更されたようです。

ということで、今日のタイトルはB号倉庫としましたが、C1、C2倉庫=B号倉庫とご理解下さい。

という話はひとまず置いておくとして、終戦直後の1946年(昭和21年)に撮影された航空写真を見ると、C1C2倉庫はその姿が確認出来ますが、その裏手にあったC3C4倉庫があった場所は更地になっているようなので、どうやら空襲の被害を受けて焼失してしまったようです(国土地理院の空中写真検索サービスで1944年から1947年に撮影された航空写真を見てみると、新港埠頭の新港倉庫C3、C4倉庫、、13号物揚場にあった東神倉庫、赤レンガ2号倉庫向かいにあった三菱倉庫、西波止場の東西上屋倉庫などの木造倉庫は焼失し、RC構造だった新港倉庫E号倉庫と起重機格納庫は屋根が焼け落ちているのが確認出来ます)。

そして終戦後、ご多分に漏れず新港埠頭は丸ごと米軍に接収されセカンドメジャーポートこと第二港湾輸送司令部の施設として使われていたのですが、この新港倉庫C号倉庫はモーターコマンドの"エンジンリペアショップ"の倉庫または修理工場として使用されていたようで、倉庫の壁に当時、描かれたと思われる部隊マークが残されていました。


c0247059_16431035.jpg
線路側正面向かって一番右端の倉庫


c0247059_16434066.jpg
倉庫に挟まれるように建てられた建設当時としては超モダンだっただろうと思われるガラス張りの事務所棟。


c0247059_16432310.jpg
壁の左右に描かれたマークがすごく気になる…


c0247059_1644636.jpg
新港サイロ側から(壁に描かれたマークは接収時代の名残)


c0247059_1644293.jpg
前の写真の左隣の倉庫


c0247059_16444124.jpg
壁に描かれたマークは接収時代の名残


c0247059_1645302.jpg


c0247059_16455025.jpg


c0247059_16462792.jpg
どさくさ紛れに横浜港駅の事務所裏のカットを


c0247059_1646373.jpg
以下、その近辺のカット


c0247059_16464384.jpg


*撮影:1981年~83年。




*来月2月のUP予定
2月 1日: 一号物揚場
2月 8日:一文字埋立地
2月15日:住吉町3-35 クリーニングショップラブリー
2月22日:日本大通9 横浜地方裁判所

[PR]

by yokohama80s | 2015-01-25 00:02 | 新港埠頭 | Comments(0)
2015年 01月 18日

新港埠頭のおトイレ

1923年(大正12年)に起こった関東大震災により壊滅的な被害を受けた当時の横浜税関埠頭港内(現在の大桟橋、西波止場、新港埠頭)の、再建事業の詳細が書かれた1925年(大正14年)大蔵省営繕管財局が発行した営繕事業年報によると、「歩道には上屋前及び荷役に支障のある場所を除きなるべく街路樹を植えて公衆便所その他の空き地にして、公衆の休憩に便利な場所には植樹をする」ということで、税関埠頭港内に合計6棟、うち新港埠頭構内に4棟の公衆便所が建てられそうな↓。

c0247059_2326431.jpg
1934年(昭和9年)横浜税関設備図より


ということで上の地図で赤丸で囲った建物が、いわゆる"震災復興公衆トイレ"。
80年代には、この4棟すべてが現存していました。

ということでまず万国橋を渡った先の貨物線の踏切(第十四号踏切)の先のすぐ左手にあった↑の地図の①のおトイレの姿を↓

c0247059_23301756.jpg
(1981年撮影)


c0247059_23302820.jpg
(1981年撮影)


c0247059_2330413.jpg
(1981年撮影)


4棟のトイレのうち↑の地図の②③④がアーチ状の入口が真ん中にあり内部が男女別に別れていて、↑の①が写真のように入口が左にあり内部は男女兼用になっていました。

ところがこの①のおトイレ、写真を詳細に分析してみてもこの場所で間違いないのですが、現在も万国橋を渡った先にあるふ頭構内図↓

c0247059_2334061.jpg
(1981年撮影)


には、なぜか記載されていません。
当時の航空写真でもその姿が確認出来ることから、「書き忘れただけだろう」ということにして(このての地図には記載漏れは付き物)、お次は八号岸壁にあった②のおトイレですが、こちらについては過去に扱ってますので「以下省略」といたしまして、さらにお次は、四号岸壁の③↓

c0247059_2336564.jpg
(1982年撮影)


このおトイレは、私のつたない記憶では外観は基本形に準じていましたが、どうも建て直した感が濃厚。
ストック写真を探しまくってようやく見つけたのがこのカット↓。
ちなみに奥の木と木の間にチラッと見えるのが③のおトイレ。

ということで、お次が赤レンガ一号倉庫南側の向かい、自動車クレーン格納庫の並びにあった④のおトイレ↓

c0247059_2343126.jpg
(1981年撮影)


でこのおトイレの不思議な所が、入口にある手洗い鉢の形状。
なぜかこのおトイレの手洗い鉢が床面に設置されています。
この形状が建築当初からの仕様だとすると、どうしてここだけ形状が違うか???
ナゾです。

ということで、察しの良い方はお気づきのことと思いますが、1934年の地図と、1981年当時の地図とではおトイレの数が合いません。
ひとつは前記したように、ただの記載漏れ。

そしてもう一つのふ頭構内図の(A)は↓

c0247059_23552785.jpg
(1983年撮影)


戦後、十号上屋内に新設されたモノ。

で残るは、ふ頭構内図では変電所隣りの交番のそのまた隣りにあったとのことなのですが……???
交番があった記憶はあるのですが、その隣りにおトイレがあったような無かったような……↓

c0247059_014565.jpg
(1982年撮影)


仮に「あった」とすると、↑の写真で言うと2階建てのコンクリの建物(これが変電所)の向こう側の、街路樹の陰にあったことになるのですが……

ということで、この件は都合良く棚上げするとして、最後に新年特別企画(?)といたしまして”八号上屋のおトイレに入ってみよう」バーチャル体験版(?)”をお送りいたします。

ということで↓

c0247059_2336620.jpg
八号上屋のおトイレ全景(1983年撮影)


c0247059_019486.jpg
入口を入った正面には洗面台……というか手洗い鉢が(1986年撮影)


c0247059_2142686.jpg
「う~ん、良い仕事してますなぁ~」


c0247059_0142412.jpg
入口を入って右側が男子用(1986年撮影)


c0247059_015955.jpg
入って左手のアーチをくぐった左手に↑。(1986年撮影)


c0247059_0181781.jpg
入って正面と右側には小便器がズラッ。ちなみに写真右が入口です。(1986年撮影)


私の記憶では、新港埠頭のおトイレは、くみ取り式に付き物のアンモニア臭がきつく、痛み具合も酷かったものの、数日おきに清掃されていていつもキレイだったことが印象に残っています。




[PR]

by yokohama80s | 2015-01-18 00:03 | 新港埠頭 | Comments(2)
2014年 10月 26日

新港サイロ

c0247059_23343474.jpg
*1987年撮影


c0247059_23344665.jpg
*1987年撮影


その昔、新港埠頭が港として機能していた頃、今で言うとワールドポータースの駐車場棟というか舶来館と本館の間あたりに↑写真の銀ピカに輝くタワーサイロがありました。

c0247059_19222840.jpg
横浜市三千分一地形図をグーグルアースに落としてみました。


ちなみに↑の上の赤枠がサイロ。
下の小さい赤枠が、このサイロの主で当時、新港埠頭内に本社を置いていた新港倉庫の本社ビル↓。

c0247059_2336536.jpg
*1982年撮影


新港倉庫のサイトによると、このサイロは、1969年(昭和44年)に十一号埠頭側に建てられ、その後1996年(平成8年)にみなとみらい21計画に伴って取り壊された、とのこと。

まあこのてのサイロは小麦、大豆などの穀物類を保管するのが一般的で撮影当時、このサイロのまわりに小麦らしきモノがたくさん落ちていたことを記憶しています。

c0247059_23361946.jpg
*1987年撮影


でこのサイロに小麦その他の粉モノ(?)というか穀物類を入れるのに使用していたのが↓

c0247059_23363216.jpg
*1987年撮影


c0247059_23364414.jpg
*1987年撮影


c0247059_2336558.jpg
*1982年撮影


↑写真の巨大真空掃除機(?)。

場所的にバラ積み船からハシケに積み替えてこの掃除機で吸い上げる、という手順でめでたくサイロに納め、植物検疫とか燻蒸消毒などをしてトラックなどに積み替えて日本各地に出荷していたのだと思われます。

c0247059_23371177.jpg
*1987年撮影


c0247059_23372494.jpg
*1982年撮影


c0247059_23373616.jpg
*1987年撮影


c0247059_233746100.jpg
*1987年撮影








*来月は"馬車道特集"と銘打って
11月 2日: 港町4丁目 徳永ビル
11月 9日: 馬車道
11月16日: 弁天通5丁目 日本火災横浜ビル
11月23日: 南仲通5丁目 県立歴史博物館
11月30日: 南仲通4丁目 スナック・ビーハイブ
を順次UPしますのでお楽しみに。

[PR]

by yokohama80s | 2014-10-26 00:04 | 新港埠頭 | Comments(0)
2014年 10月 19日

倉庫の落書き

c0247059_1714534.jpg
*1982年撮影


c0247059_17151394.jpg
*1982年撮影


c0247059_17153096.jpg
*1982年撮影


c0247059_17154832.jpg
*1983年撮影


c0247059_1716655.jpg
*1982年撮影


c0247059_17162231.jpg
*1982年撮影


c0247059_17164394.jpg
*1982年撮影


c0247059_1717242.jpg
*1983年撮影


これらの落書きは、新港埠頭の五号上屋と六号上屋の岸壁側にあったもの。

c0247059_1717306.jpg
*1983年撮影


どうやらこの岸壁にやって来た船員の誰かが自分が乗り組んでいる船の名前を書き殴ったら、それを見た別の船の船員も「オレもオレも」式に書き加えていったもののようです。

恥ずかしながら私は、船名と思える単語の頭に付いている「MV」という文字を船会社の略号だと思って、同じ船会社の船員が対抗意識を燃やして同じ場所に落書きをする式で書かれたから、船名の頭にすべて「MV」と付いているんだと思い込んでいました。

ところが改めて調べてみると、「MV」とは「Motor Vessel」の略で、ただたんに「動力船」という意味で船名の頭につける接頭辞にすぎないんだそうな。

すなわちニホンで船名のあとに「丸」とつけるヤツの英語版、ということ。

どうりでMV社の船が多いワケだ(笑)

c0247059_17174832.jpg
*1984年・山内埠頭にて撮影


c0247059_1718532.jpg
*1984年・山内埠頭にて撮影




[PR]

by yokohama80s | 2014-10-19 00:08 | 新港埠頭 | Comments(0)
2014年 10月 12日

旧自動車クレーン格納庫

その昔、新港埠頭の赤レンガ一号倉庫の裏手の三菱倉庫との間に、扇形の鉄道の機関庫のような建物がありました。

c0247059_1657221.jpg


c0247059_16574582.jpg
昭和39年の横浜市三千分一地形図をグーグルアースに重ねてみました(赤く囲ってあるのが↑の写真の建物)


撮影当時、この扇形の建物に併設されていた事務所というか、休憩所のような建物↓の脇に水上消防署新港出張所と書かれた(だったと思いますが、とにかく"消防署"と書かれていた)木製の看板が転がっていたので、今までず~っとかつての消防署の跡だとばかり思っていました。

c0247059_16581799.jpg


ところがこの記事を書くにあたって、中区史にある1980年当時の新港埠頭の地図を見ると、該当の場所には「起重機格納庫」の文字が・・・・・・

c0247059_16583545.jpg
赤い部分が自動車クレーン格納庫(起重機格納庫)


昭和9年版の横浜税関設備図にも、該当の場所にある同じ形の建物に「自動車クレン格納庫」と記載されています。

ということで、あれやこれやの昔の書物を漁ってみると、震災前には岸壁に敷設されたレール上を走行する門型クレーン(↓こんなヤツ)

c0247059_1742199.jpg
1917年(大正6年)横浜税関新設備写真帖より


が岸壁毎に設置されていたものの、震災によりすべて全壊したのを機にそれを全廃し、代わりに何かと利便性が高い自動車クレーンに転換しこれを格納するために建てられた施設だと判明。

それにしてもクレーン車を仕舞うには、ちょっと建物が小さいような気も・・・・・・と思って、あれやこれやさらに調べてみると、1930年(昭和5年)に港湾協会が発行した「港湾調査資料・横浜港荷役調査」に税関埠頭こと新港埠頭に「1.5トン自動車型クレーン2台配備」という記載が。

でも工事現場でよく見かける4トントラックの運転台後ろにあるユニックと呼ばれるクレーンでも2~3tくらい吊ることが出来たと思うので、戦前のクレーン車(自動車クレーン)とはどのような代物なのかをデジタルライブラリーで漁ってみると当時、新港埠頭内の横浜港駅に配備されていた、当時は国内に一台しか無かったという3トン自動車クレーンの写真(背景の建物は三井生糸倉庫でしょうか?)が↓

c0247059_16591478.jpg
1930年(昭和5年)発行「貨物積卸機械利用の栞」より


↑これで3トンということは、1.5トンクレーン車はこれの半分のサイズということに・・・・・・

「それだったら充分入るな」ということで、ちなみにこの起重機格納庫こと自動車クレーン格納庫は、1988年撮影の航空写真ではその姿を確認できないことから、1984~5年くらいには取り壊されていたようです。

それから撮影当時、水上消防署の消防車の車庫は赤レンガ二号倉庫向かいの変電所の隣りあたりにあったかと記憶しています。

c0247059_16592535.jpg


c0247059_1659527.jpg


c0247059_170130.jpg


*写真はすべて1983年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2014-10-12 00:03 | 新港埠頭 | Comments(0)
2014年 06月 29日

新港埠頭 三噸可動式起重機

現在、汽車道と名付けられた遊歩道となって、平日でも新港埠頭へ行く人、来る人で芋洗い状態になっている昔の貨物線をテクテク歩いて行くと(撮影当時、すでに廃線になっているものと思い込んでいましたが、調べてみると、貨物列車が平日に限り1往復運行されていたようです←どうりでレールが錆びてないわけだ)、現在、ナビオス横浜のビルを突き抜けるあたりは昔は↓

c0247059_031577.jpg


↑のような景色が広がっていました。

「モロ逆光」ということで、ここからしばらく写真はありませんが、とにもかくにも港第三橋梁(昔と今とでは橋桁が違う←生糸検査場への引き込み線に架かっていた橋を遊歩道にするときに持ってきた)を渡った先の人工島の一番端っこにあったのが↓

c0247059_22103889.jpg


c0247059_22105368.jpg


↑保線用具置き場。

そして後ろを振り返る(桜木町駅方向ね)と現在、汽車道遊歩道の休憩所のあるあたりに記憶が曖昧なのですが艶消しの緑色だったか青色だったかの写真のクレーン↓。

c0247059_22111729.jpg
後ろからのカットも撮りたかったのですがモロ逆光なものでして・・・・・・


以前からこの人工島に木造の東屋と古めかしいクレーンが放置されていることは知っていましたし、何度も足を運んだのですが、フレームに収まりが良いアングルは三号橋梁側から桜木町方向を見たアングル。

とにもかくにもこのアングルから撮ると、クレーンと東屋がかっこよくひとつの画面に収まるんですが、ところがこのアングルからだと、いつ行っても逆光でして・・・・・・。

ネット上にこの角度から撮影された写真が上がっているのですが、やっぱり逆光で画面全体がモヤモヤになっちゃってるワケで、そんなこんなで何回も通ったのですが結局、1カットも撮影しないですごすごと引き返すこと幾年月。

ある日、この絶好の被写体を一枚も撮影していなかったことに気がついて、とにもかくにも記録だけでもと撮影したのが今日の写真(81~2年頃に関内、山下町あたりを撮影していた時に比べてずいぶん成長したなぁ自分)。

ということで、言い訳はここまでにしてもうちょっとアップで↓

c0247059_22113728.jpg


もうちょいアップで↓

c0247059_22115266.jpg


もっとアップで↓

c0247059_22122146.jpg


もっとアップで↓

c0247059_22124085.jpg


もっともっとアップで↓

c0247059_22125883.jpg


で上を見ると↓

c0247059_22131485.jpg


ということで、このクレーンがいつからここにあるのかなどを調べてみましたが、新港埠頭建設当時は、埠頭内の鉄道施設建設は大蔵省が、新港埠頭を一歩出たところ(第三橋梁)から先は鉄道省の管轄とされていて、埠頭内の資料はゴッソリ出てくるのに対して、埠頭を一歩出てから先の事に関する資料は皆無(まあ探し方が悪いとは思いますが)という状態。

そのため正式名称も、いつ設置されたかも何もかも一切不明でしたので、今日の記事タイトルでは埠頭内の同型と思われるのクレーンの名称を勝手に流用してしまいました。

c0247059_22133434.jpg



*写真はすべて1986年撮影。




*来月7月は新山下特集として↓

7月 6日 : ヨットハーバー
7月13日 : はしけ溜まり
7月20日 : 旧貯木場周辺
7月27日 : コンテナ街道周辺

をお送りしますのでお楽しみに。

[PR]

by yokohama80s | 2014-06-29 00:06 | 新港埠頭 | Comments(2)