週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山下埠頭( 6 )


2017年 03月 12日

30年前の山下埠頭・その二

c0247059_22284098.jpg


c0247059_22284850.jpg


c0247059_22285834.jpg


c0247059_222997.jpg


c0247059_22291838.jpg


c0247059_22292750.jpg


c0247059_22293559.jpg


c0247059_22294457.jpg


c0247059_22295486.jpg


c0247059_2230629.jpg


c0247059_2230185.jpg


c0247059_22302861.jpg


c0247059_22303774.jpg


c0247059_22304634.jpg



*1982年撮影


山下埠頭
山下埠頭 KDD丸係留施設
30年前の山下埠頭・その一

[PR]

by yokohama80s | 2017-03-12 00:10 | 山下埠頭 | Comments(0)
2017年 03月 05日

30年前の山下埠頭・その一

 過去に当ブログでは、山下埠頭山下埠頭 KDD丸係留施設 山下埠頭 雑貨船若草丸と山下埠頭の写真をUPしましたが、今週と来週は未UP、既UPごちゃ混ぜにしてお送りします。

 ということで、まずは写真を撮影した山下埠頭の80年代の姿↓
c0247059_1715825.jpg
*中区史より


c0247059_1723828.jpg


c0247059_173459.jpg


c0247059_1731496.jpg


c0247059_1732678.jpg


c0247059_1734468.jpg


c0247059_174566.jpg


c0247059_1741553.jpg


c0247059_1742931.jpg


c0247059_174407.jpg


c0247059_1744924.jpg


c0247059_175196.jpg


c0247059_1751139.jpg


c0247059_1752149.jpg


c0247059_1753073.jpg



*写真はすべて1982年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2017-03-05 00:10 | 山下埠頭 | Comments(0)
2015年 07月 26日

新山下橋

 新山下橋とは、船舶貨物輸送のコンテナ化に伴い、本牧埠頭~山下橋~谷戸橋~本町通り~R16を通行する海コンが増加したことによる慢性的な渋滞、排ガスによる沿道周辺の公害問題が社会問題化し、これらを緩和することを目的に山下埠頭~新山下の貯木場~本牧埠頭へのバイパスルートとして1977年(昭和52年)着工され1979年(昭和54年)竣工した橋のこと。

 一般の人にはあまりなじみの無い橋だとは思いますが、この橋は下を船が航行出来るように比較的高さがあるために今も昔も眺望抜群(ベイブリッジのスカイウォークには負けますが)


 ということで、1982年(昭和57年)のある日の新山下橋から見た風景を。

c0247059_23495774.jpg


c0247059_23492685.jpg


c0247059_23481366.jpg


c0247059_23482785.jpg


c0247059_23484356.jpg


c0247059_2348597.jpg


c0247059_1756018.jpg


c0247059_17315278.jpg


 ↑ということで、橋を渡って新山下側に入るとこんな感じのはしけ溜まり(新山下 はしけ溜まり)がありました。

*写真はすべて1982年撮影。





*来月8月のUP予定
8月 2日:横浜駅東口 スカイビル
8月 9日:高島町 横浜機関区の外壁
8月16日:高島埠頭
8月23日:「関係者以外の乗船を禁ず」の看板
8月30日:高島埠頭から見たみなとみらい21建設現場

[PR]

by yokohama80s | 2015-07-26 00:04 | 山下埠頭 | Comments(0)
2014年 04月 27日

山下埠頭 雑貨船若草丸

c0247059_0103887.jpg


c0247059_010534.jpg


タイトルにある「雑貨船」とは、貨物運搬用船舶の一種で、簡単に言えば荷役設備のない港でも荷役作業が行えるようにクレーンを備えていて船体に設けられた船倉に荷物を納めるタイプの船を指します。

ということで、写真↓は山下埠頭1号岸壁(山下公園側)をぶらぶらしていた時に見かけた、この時代でもクラシカルな貨物船への荷積み風景。

c0247059_01183.jpg


c0247059_0113219.jpg


なにせこの時代の雑貨船のクレーンは、すでにジブクレーンと呼ばれる、いわゆる世間一般の人が「クレーン」と聞いたらイメージするようなフツーのクレーンが搭載されているのが相場でしたが、写真の船のクレーンはマスト又はブームを有し、原動機を別置してワイヤロープによって操作するいわゆるデリックと呼ばれる、一昔前の貨物船が使用していた荷揚げ機械を使用して今まさに荷役作業。

クレーンとは違う複雑怪奇なその動きに思わず足を止めて見入ってしまいました。
なにせ実際にデリックが動いているのをみたのがこの時が初めてだったものでして・・・・・・

と言うのもこの時代、すでに小型貨物類はコンテナに詰め込んでコンテナ埠頭からコンテナ船で運ばれるのが常で、雑貨船が積み込んでいたのはプラント用設備や発電用タービンとか、大型建設機械などの大型貨物。

c0247059_012422.jpg


ところがこのような重量物は、つり上げ荷重が小さいデリックではつり上げることが出来ないために、普段は岸壁にクレーン車がやってきて船に横付けして荷役作業を行うのですが、

c0247059_011517.jpg


この日のように船のデリックでタイヤを積み込むなんていう光景を目にするのは極めて珍しいことでした。

c0247059_0121955.jpg


c0247059_0123240.jpg


         
*写真はすべて1982年撮影
*お断り:若草丸の写真は最初の4枚です。






*5月のUP予定

5月 4日: 高島埠頭
5月11日: 西波止場
5月18日: 横浜税関特別貨物検査場
5月25日: 象の鼻  

[PR]

by yokohama80s | 2014-04-27 00:07 | 山下埠頭 | Comments(0)
2013年 12月 01日

山下埠頭 KDD丸係留施設

山下埠頭の大桟橋側の岸壁を1号、2号、3号と沖側に歩いていくと、3号岸壁の突端のさらに沖に伸びている桟橋状の施設がありました↓。

c0247059_062851.jpg


釣り人の侵入を拒む為か、ご覧のように入り口が頑丈に閉ざされており、いったいなんの施設かまったく見当もつきません。

c0247059_064440.jpg


c0247059_065898.jpg


ただ看板に名前が書かれている「国際ケーブルシップ」という会社が、現在のKDDIの前身にあたる国際電信電話公社(KDD)関連の海底ケーブルを敷設する会社だということは知っていましたが、ここから太平洋を横断する海底ケーブルが伸びている・・・・・・なんてことは考え難いし・・・・・・確かそのての施設は銚子だか九十九里あたりにあったかと・・・・・・。

で何回目かにこの場所を通りかかった時に、期せずしてその施設の正体が判明↓。

なんのことはない、当時、横浜を母港にして人知れず海底ケーブル敷設や整備の為に、日夜、七つの海を東奔西走し、七面六臂の大活躍をしていたKDD丸の専用岸壁で、

c0247059_071345.jpg


c0247059_07304.jpg


この船はこの場所に停泊中でも、ひとたび海底ケーブルに異常が見つかった時には、365日24時間いつでも出動出来る体制になっていたそうです。

「な~るほど。それでいつ行っても姿を見なかったワケだ」と納得。

ちなみにこのKDD丸は、1967年(昭和42年)進水~1992年(H4)にオーシャンリンクに交代するまで四半世紀にわたり、太平洋を中心に海底ケーブルの敷設整備修繕に活躍していたそうです(参考までにYou TubeにあるKDD丸の記録映画の動画)。

*写真はすべて1982年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2013-12-01 00:05 | 山下埠頭 | Comments(0)
2012年 09月 23日

山下埠頭

c0247059_052554.jpg
*埠頭入り口にある移動式の大看板


山下埠頭は、山下公園の東側(海に向かって右手方向)にある1953年(昭和28年)着工、1963年(昭和38年)竣工の埠頭で、完成当時は東洋一の規模を誇っていました(当時はなんでもかんでも東洋一と言っていたような気がする)。

しかし横浜港の中でも比較的に新しい山下埠頭も、80年代に入ると船が停泊して荷役作業を行う埠頭としてよりも、埠頭内陸部の倉庫群が横浜港の物流センター的役割を担うようになり、そちらの方が岸壁よりも賑わっていたような印象があります。

なにせ平日にフラッと山下埠頭に潜入(?)しようものなら、港内を走り回るトラックやら海コン、フォークやらがものすごいスピードで縦横無尽に走り回っているし、上からはガントリークレーンに吊されたパレットが降りてくるし、とてもとてものんびり写真なんか撮っていられるような状況ではありませんでした。

c0247059_055256.jpg
*80年代に倉庫のガントリークレーンが現役だったのはこの埠頭くらいでした


ということで山下埠頭へ潜入するのは、自ずと港内作業が休みになる土曜日の午後か日曜日ということになります。

c0247059_061074.jpg
*山下公園側の1号岸壁・三井倉庫


c0247059_062574.jpg
*3号岸壁・市営3号上屋


c0247059_064111.jpg
*倉庫手前の線路が山下埠頭駅の貨物ヤード。現在、跡地には横浜航空貨物ターミナルが建っている。


*すべて1982年撮影。


[PR]

by yokohama80s | 2012-09-23 00:03 | 山下埠頭 | Comments(0)