週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山下町( 36 )


2017年 09月 24日

私家版・昭和5年~14年山下町ディレクトリー

 現在、その道のプロの方々が、「明治ウン年頃の山下町ウン番地になにがあったのか?」を調べる時に絶大の信頼を寄せているのが、1871年(明治4年)に創刊された商工録"THE JAPAN DIRECTORY"。

 この商工録は一部はネットでも見ることが出来ますが(横浜市立図書館に行けばほぼ全巻そろっている)、なによりも一番の利点は番地ごとに企業が記載されていること。
例えば、山下町なら1番地から順番に、発行年の前年に存在した個人宅や商店、企業が全て網羅されています(そもそも外国人向けの書物なのですべて英語表記ですが)。

 しかしこの便利な書物も、1923年(大正12年)の関東大震災であえなく廃刊。

 その後、1925年(大正14年)に"THE JAPAN DIRECTORY"の日本人スタッフにより、"THE DIRECTORY OF JAPAN"として復刊するものの、震災とその後の世界恐慌などにより外国商社の横浜からの撤退が相次いだのが影響して、これも1930年(昭和5年)の発行を最後にあえなく廃刊。

 ということで、昭和5年以降に「山下町ウン番地には何があったのか?」を調べようと思ったら、横浜市が発行していた横浜市商工案内、横浜商工会議所が発行していた横浜商工名鑑とその英語版の"THE FOREIGN TRADE DIRECTORY OF YOKOHAMA"か民間の出版社が発行した各種商工録を参照するしかないのですが、これらがなかなかどうしてクセがある代物。

 というのは、横浜市商工案内は営業収益税年額20円以上、または資本金1万円以上の法人、横浜商工名鑑は営業収益税年額30円以上、または資本金20万円以上の法人のみの掲載で、さらに民間出版社の商工録は当時の電話帳からの丸写しで、屋号ではなく個人名記載が多いしデーターも震災前と震災後が入り交じっているという状態。

 さらなる問題は、これらの商工録は業種ごとに記載されているということ。
 これでは、「何番地になにがあったのか?」を調べるのに、そのたびに各年度の商工録を1ページ目から目を通さないといけないという始末。

 そこで「いちいちいろんな商工録に目を通すのは面倒だ。山下町だけでも表にまとめてしまえ」と作ったのが私家版商工録。

 いちおう出典は、表の最後にまとめてありますが、ざっと↓

c0247059_174843100.jpg


こんな感じ。

ということで、表の見方をざっと説明すると

c0247059_17492798.jpg


↑表はこんな感じなのですが、一番左の行が番地で、左矢印で赤字で書いてある数字が現在の番地になります。

 その次の列が企業名で、赤字のアスタリスク付きで書いてあるのが、移転先とか移転元その他。

 でその番地の一番上に赤く塗りつぶしてある行が、防火地図などで「堅牢な建物」すなわちコンクリート製のビルや現存している建物名。

 とにもかくにもご覧になれば一目瞭然……だと思います(不明な点はメールかコメント蘭まで)

 ってことで、私家版・昭和5年~14年山下町ディレクトリーご入り用のムキは下記リンクよりご自由にダウンロードしてご活用下さい。

私家版・昭和5年~14年山下町ディレクトリーPDFファイル



*追記
 このリストは参照文献に記載されている事業所を番地別にまとめたモノに過ぎません。
 よってこのリストが物語る事実は、あくまでも「昭和ウン年に発行されたナントカという書物に記載がある」ということに過ぎず、その時に実際にその事業所がその番地に存在したという証明にはなりませんし、逆に存在しなかったことを証明するものでもありません。
 また昭和5年以降に発行された商工録類は横浜市や商工会議所という公的機関が発行したものですら誤記、誤植が多く見受けられます。
 このためリスト作成にあたりわかる範囲で修正してありますが、正確な情報をお求めの方は開港資料館などの専門機関にお問い合わせされることをお勧めいたします。

[PR]

by yokohama80s | 2017-09-24 12:00 | 山下町 | Comments(4)
2017年 08月 27日

横浜絹織物検査場

 かつて横浜スタジアム前交差点から大桟橋通りを大桟橋方向に向かって最初の通りを入った所の、山下町の224番地に



戦前に建てられたらしい花園橋病院別館の壊れかけたビルがあったことを

c0247059_23265975.jpg


こちらに書いたのですが、この時に問題となったのが、「このビルはもともとは何の建物として建てられたのか?」ということ。

 航空写真や資料その他などから、このビルは、「県営の輸出絹織物検査場として大正15年に山下町に建設されたもの」で当時の名称は「神奈川県横浜絹織物検査場」だった可能性が高い……としたのですが、 ただこの時点では、建設当時のビルの写真が見つからなかったことから、あくまでも「可能性が高い」という程度の話。

 その後、横浜市立図書館デジタルアーカイブ「都市横浜の記憶」で昭和3年に横浜市が外国人向けに発行したガイドブック「YOKOHAMA  The Gateway to the Orient」という本で輸出絹織物検査場の写真を発見↓

c0247059_23344666.jpg
*上から二番目の丸く切り抜かれている写真


さらに国立国会図書館デジタルコレクションからはこんな写真も↓

c0247059_23361927.jpg


↑の写真の出典元を記録するのを忘れてしまいましたが、確か横浜市か商工会議所が発行した海外向けに生糸貿易を紹介した書物だったと記憶しています。

 ということで話を戻すと、これでめでたく1980年当時の住居地図には「片岡ビル」として記載」されていた、いまは亡き花園病院別館の建物は、もともとは昭和3年(1928年)に輸出絹織物検査場として神奈川県によって建てられたものと確定。

 ただ建設当時の写真と比べると、ビルの右側にあった煙突が

c0247059_23435387.jpg


建設当時の写真にはありません。

 となると、当時の暖房事情やあれやこれやの事情を勘案するにこの煙突は、病院に転用する段階で暖房用ボイラー(セントラルヒーティング)の煙突として後付されたものだろうと思われます。

 どうりで煙突部分が雑な仕上げなワケです。

 これでまたひとつナゾが解けました。
 
[PR]

by yokohama80s | 2017-08-27 12:00 | 山下町 | Comments(0)
2017年 03月 26日

山下町の戦前建築 その二

c0247059_16312976.jpg
-写真①-
山下町75番地 大沢工業(1928年/昭和3年:ユニオンビル)X



c0247059_1632339.jpg
-写真②-
山下町89番地 シーベルヘグナー商会倉庫棟(1925年/大正14年築:シーベルヘグナー商会生糸倉庫)X



c0247059_21263455.jpg
-写真③-
山下町92番地 横浜繊維(築年不明:S.アイザック商会倉庫……?)



c0247059_16323346.jpg
-写真④-
山下町95番地 同撥菓子工場(1926年/大正15年~1927年/昭和2年築:ナブホルツ商会)◯



c0247059_2321474.jpg
-写真⑤-
山下町168番地 同潤会山下町アパートメント(1927年/昭和2年築)X


c0247059_16334810.jpg
-写真⑥-
山下町203番地 神奈川県警加賀町警察署(1926年/大正15年築)X



c0247059_16342196.jpg
-写真⑦-
山下町211番地 岡野商店倉庫(築年不明:横浜市水道局)X



c0247059_16344916.jpg
-写真⑧-
山下町204番地 ストロングビル(1938年/昭和13年築:ストロング商会)X



c0247059_16351416.jpg
-写真⑨-
山下町224番地 花園病院別館(1926年/大正15年築:神奈川県営輸出絹織物検査場)X



c0247059_16355023.jpg
-写真⑩-
山下町254番地 デスコビル(1926年/大正15年築:チャールズ・ルドルフ商会)X



c0247059_16362280.jpg
-写真⑪-
山下町256番地 ウインクレル商会(1926年/大正15年築)X



*1981年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2017-03-26 00:10 | 山下町 | Comments(0)
2017年 03月 19日

山下町の戦前建築 その一

c0247059_15402128.jpg
-写真①-
山下町10番地 ホテルニューグランド本館水町通り側通用口(1927年/昭和2年:ホテルニューグランド)△



c0247059_1541651.jpg
-写真②-
山下町24番地の1 互楽荘ビル(1932年/昭和7年築:互楽荘アパートメント)X



c0247059_15413052.jpg
-写真③-
山下町24番地の2 警友病院みなと寮
(1931年/昭和5年までに築:スタントン商会……?)X



c0247059_1542113.jpg
-写真④-
山下町25番地の1 ダンハムビル(1933年/昭和8年築:横浜印度商協会、通称インドクラブ)X



c0247059_15422927.jpg
-写真⑤-
山下町25番地の3 インペリアルビル(1930年/昭和5年築:インペリアルアパートメント)◯



c0247059_15425861.jpg
-写真⑥-
山下町47番地 警友総合病院(1934年/昭和9年築:神奈川警友病院)X



c0247059_15432512.jpg
-写真⑦-
山下町51番地の2 警友病院別館(1921年/大正10年築:露亜銀行横浜支店)◯



c0247059_15435192.jpg
-写真⑧-
山下町58番地 シェル石油横浜研修所(1929年/昭和4年築:ライジングサン石油本社)X



*1981年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2017-03-19 00:10 | 山下町 | Comments(0)
2016年 12月 25日

同潤会山下町アパート二号館の入口

c0247059_035897.jpg


c0247059_04912.jpg


c0247059_042027.jpg


c0247059_043039.jpg


c0247059_21504579.jpg


c0247059_215106.jpg


c0247059_21511650.jpg


c0247059_21513344.jpg


c0247059_21515195.jpg



*写真はすべて1982年撮影






*来月のUP予定

1月 1日:瑞穂橋
1月 8日:東海道本線貨物支線・高島駅完全版
1月15日:船のポートレート
1月22日:海岸通1丁目 東西運輸
1月29日:ある日の出港風景

[PR]

by yokohama80s | 2016-12-25 00:01 | 山下町 | Comments(0)
2016年 12月 18日

同潤会山下町アパート 二号館

c0247059_2327199.jpg


 今回は、上の地図でいうと二号館の赤線部分の写真を
ということでまず最初は一号館と二号館の間の二号館側↓

c0247059_2328079.jpg


c0247059_23284940.jpg


c0247059_2329126.jpg


c0247059_23291137.jpg


c0247059_23292761.jpg


次は太平道側に口を開けている部分からその内側↓

c0247059_23294785.jpg


c0247059_23305437.jpg


c0247059_2331721.jpg


c0247059_23311925.jpg


c0247059_23323186.jpg


c0247059_23324173.jpg


c0247059_23325212.jpg


c0247059_2333333.jpg


c0247059_23331596.jpg


c0247059_23332662.jpg


c0247059_21531859.jpg



*写真はすべて1981年~82に撮影



[PR]

by yokohama80s | 2016-12-18 00:02 | 山下町 | Comments(0)
2016年 12月 11日

同潤会山下町アパート 一号館

 その昔、山下町168番地に所在した同潤会山下町アパート↓

c0247059_23185855.jpg
*1983年版・中区(北)明細地図より


のような配置になっていて、長安道側の中庭がある建物が一号館、その隣の「コ」の字型の方を二号館と呼ばれていました。

 ということで、今日は一号館の赤線部分から

c0247059_1881942.jpg


ということで太平道側にあった一号館のアーチを通り抜けて、中庭から見た一号館

c0247059_1894062.jpg


c0247059_1895479.jpg


c0247059_1810616.jpg


c0247059_232039100.jpg


c0247059_18102096.jpg


c0247059_18103796.jpg


c0247059_18104921.jpg


c0247059_18105930.jpg


ということで、次の写真は、一号館と二号館の間から撮影した一号館

c0247059_18113319.jpg


c0247059_18283169.jpg


c0247059_1813966.jpg


c0247059_1813293.jpg


c0247059_18262416.jpg



*写真はすべて1981年~82年にかけて撮影。




[PR]

by yokohama80s | 2016-12-11 00:02 | 山下町 | Comments(0)
2016年 12月 04日

同潤会山下町アパートの外観

 その昔、長安道と太平道が交わるところの角地、番地で言うと山下町168番地にあった同潤会山下町アパートについては、2012年4月29日「山下町168 同潤会山下町アパート2012年12月23日「同潤会山下町アパート一号館」2012年12月30日「同潤会山下町アパート二号館」 でUPしているのですが、今月はそれらのまとめ+未UP写真をお送りしたいと思います。

 ということで、まず第一弾として長安道と太平道から見た同潤会山下町アパート編を、ということで、場所的には下の地図の

c0247059_2314146.jpg


赤線部分の左側、長安道の関帝廟通り側から↓

c0247059_17384433.jpg


c0247059_1739357.jpg


c0247059_17401459.jpg


c0247059_17403090.jpg


c0247059_17404224.jpg


こちら側(一号館)の一階部分は、店舗付き住宅として土間(店舗スペース)+6~8畳一間の1Kから、6畳+4畳半の2Kまでの全4タイプあったようなのですが、外観からは見分けが付きませんし、かつて軒を並べていた店舗の大部分が批点していまっていて、撮影当時に営業していたのは上から3枚目の写真の看板の文房具屋さんの隣りにあったパン屋さんだけだったと記憶しています。

 ということで、長安道と太平道のカドから見上げると↓

c0247059_174107.jpg


で、長安道をちょっと下がって振り返ると↓

c0247059_17465846.jpg


もうちょっと下がると↓

c0247059_1749829.jpg


で太平道に戻って一号館から二号館へ↓

c0247059_1750376.jpg


c0247059_1750186.jpg


c0247059_17503077.jpg


↑ここまでが一号館の太平道側
↓からが二号館の太平道側

c0247059_21473080.jpg


c0247059_17504656.jpg


c0247059_1751510.jpg


c0247059_17522674.jpg


c0247059_17523953.jpg


c0247059_17525122.jpg


c0247059_1753557.jpg


c0247059_17562434.jpg


*写真はすべて1981年~82年にかけて撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2016-12-04 00:01 | 山下町 | Comments(2)
2016年 11月 13日

中華街・撮影場所不明の写真

c0247059_23272996.jpg
*中華料理屋の裏に放置されていた中華鍋


c0247059_23274339.jpg
*同じく放置されて(捨てられて?)いた金庫


c0247059_23275592.jpg
*業種不明のお店の窓


c0247059_2328964.jpg
*判読不明なお店の看板


c0247059_2328267.jpg
*……???


c0247059_23284443.jpg
*所在地不明の荷役会社の寮


c0247059_2329325.jpg
*天日干し中の何か、その1


c0247059_23291939.jpg
*天日干し中の何か、その2


c0247059_23293018.jpg
*昔懐かしいコンクリート製の塵芥入れ


 これら↑の写真は、中華街で撮影した物ということは確かなのですが、細かい場所どころかどの通りで撮影したのかさえわかりません。

 たぶん市場通りか香港路か、はたまた中山路のどこかだろうとは思うのですが???


*写真はすべて1982年撮影。


(今回は撮影場所が不明なので地図はありません)

[PR]

by yokohama80s | 2016-11-13 00:05 | 山下町 | Comments(0)
2016年 11月 06日

中華街番外編

 当ブログでは、山下町の中華街関連の写真は何回かUPしているのですが、今回は過去にUPしそびれた写真や、最近になってようやく撮影場所が判明した未UP写真を。

 ということでまずはシルク通りの 山下町72番地の蚕糸共同株式会社↓

c0247059_1847837.jpg
-写真①-
山下町72番地・蚕糸共同株式会社


ちなみに写真奥に見える団地は、その昔、 本町通りとシルク通りとの間の山下町73番地にあった公団の山下町第2団地1号棟。
現在はURの賃貸マンションが建っています。

 次が開港道の加賀町警察署北交差点前の山下町155番地にあった横浜ビルサービス↓

c0247059_1856940.jpg
-写真②-
山下町155番地・横浜ビルサービス


c0247059_18562367.jpg
-写真③-
山下町155番地・横浜ビルサービス


現在は時間貸しの駐車場になっています。

 次は旧前田橋通りこと現在の南門シルクロードのかつてのオリエンタルホテル(旅館)の二軒大通り側の山下町187番地にあった個人住宅と思われる建物↓

c0247059_192635.jpg
-写真④-
山下町187番地


現在はこれまた時間貸しの駐車場になっています。

 でさらにその次は福建路と堀川通りの間の名称不明の通りのちょうど中土木事務所の裏手の山下町250番地にあった昔ながらの氷屋さん↓

c0247059_1953621.jpg
-写真⑤-
山下町250番地・岡野商店


この場所は現在は賃貸マンションが建っています。

 ということで、さらにお次は、長安道の中華学院の向かい側の山下町218番地にあったかつてこのあたりに建ち並んでいた外人バーの面影が残る↓

c0247059_1993621.jpg
-写真⑥-
山下町218番地・スナック九竜


私の記憶が確かなら、撮影当時にかつて隆盛を極めていた外人バーの名残を留めていた建物は、写真の建物だけだったかと思います。

 ちなみに現在、このあたりはカフェレストランなどが入った雑居ビルが建っています。

 お次は、太平道の横浜中央病院となりの山下町253番地にあった自衛隊神奈川地方連絡部横浜募集事務所↓

c0247059_1915963.jpg
-写真⑦-
山下町253番地・自衛隊神奈川地方連絡部横浜募集事務所


そして長安道の山下町276番地には↓

c0247059_19193343.jpg
-写真⑧-
山下町276番地・天地堂印刷



*写真はすべて1982年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2016-11-06 00:08 | 山下町 | Comments(2)