2017年 01月 01日

瑞穂橋

 現在、かの有名な"ポーラスター"と"スターダスト"がある神奈川区千若町2丁目と、

c0247059_22441935.jpg


いまだに米軍に接収されたままのノースピア、はたまたノースドックこと瑞穂埠頭を結ぶ瑞穂橋は、実は1995年に新しく架けられた二代目の瑞穂橋。

 初代の瑞穂橋は、1929年(昭和4年)7月に竣工した長さ76m、幅員24mの大阪汽車会社が製作した鉄の橋桁の両側に、コンクリート鋪装した歩道と車道部分に花崗岩の小鋪石(舗石)が敷かれ、橋梁の両端左右に高欄、上部に照明設備、根元部分には銘板(戦時中の金属供出で取り外されたまま?)がある公道橋と↓

c0247059_21314837.jpg
*写真は1934年(昭和9年)に内務省横浜土木出張所が発行した「横浜港と其修築」より


1934年(昭和9年)に竣工した横河橋梁会社によって製作された国内初の溶接工法を使用して作られた鋼板トラス構造の複線用鉄道橋の↓

c0247059_21355673.jpg


二つワンセットで、1925年(大正14年)から埋め立てが始まった千若町地先外国貿易設備埋立地こと現在の瑞穂埠頭と本土との連絡橋として造られました(1934年(昭和9年)に内務省横浜土木出張所が発行した「横浜港と其修築」より)。

c0247059_21385244.jpg
*車道部分の花崗岩の小鋪石(舗石)鋪装


c0247059_21393426.jpg
*橋が作られた当時には先端の金属で覆われている部分に電灯が設置されていたそうな。


c0247059_2143444.jpg
*ラインの左が日本、右側は米軍の管轄


c0247059_21431984.jpg


c0247059_21445049.jpg


c0247059_21451126.jpg


c0247059_2145228.jpg


c0247059_2245231.jpg
*撮影当時、瑞穂橋を渡った先にあった税関の監所


c0247059_22451617.jpg


c0247059_22455494.jpg
*瑞穂橋から現在のコットンハーバーこと当時の浅野造船所方向を見たの図


c0247059_22461663.jpg


c0247059_22523424.jpg


c0247059_21484869.jpg
*初代瑞穂橋建設時に造られた防衝工(橋に船が衝突することを防ぐ為の工作物のこと)



*写真は1984年~1986年に撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2017-01-01 00:05 | 山内・瑞穂・出田町埠頭 | Comments(0)


<< 東海道本線貨物支線 高島駅完全版      同潤会山下町アパート二号館の入口 >>