週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 02日

西区桜木町7丁目界隈

 国道一号と十六号が分岐する高島町の交差点から、桜木町駅方向に130mほど進むと左手に旧東横線と京浜東北線の高架の下をくぐる内田町架道橋と名付けられたアンダーパスがあります。

 これをくぐり抜けると京浜東北線の高架線と横羽線の高架に挟まれたところに高島町方向に道路があります。

 古い地図を見るとこの道路とアンダーパスは、高島町に二代目の横浜駅があった当時には旧神奈川駅から桜木町駅へ向かう市電の軌道跡で、アンダーパスをくぐった十六号に出たところで浜松町……というか久保町というか、とにもかくにもあっち方向から来た市電と合流して桜木町駅方向へ路面電車の線路が延びていました……というか、伸びていたようです。
……という話はともかくとして、この一角は先にも書いたように京浜東北線の高架線と横羽線の高架に挟まれたエアポケットのような場所でしたが、現在もみなとみらいの開発の波から取り残された場所となっています。

c0247059_1316059.jpg


c0247059_1316913.jpg


c0247059_13161823.jpg


c0247059_13162981.jpg


c0247059_1316395.jpg


c0247059_13164858.jpg


c0247059_13165719.jpg



*写真はすべて1987年撮影


[PR]

by yokohama80s | 2016-10-02 00:05 | 高島埠頭 | Comments(0)


<< 太田町通り      横浜港駅 計重台(完全版) >>