週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 25日

横浜港駅 計重台(完全版)

 以前、こちら(横浜港駅 計重台)で取り上げているのですが、未UP写真が出て来たので、今回あらためて「完全版」として再UPします。

 ということで、まずは「計重台」とは、「台の上に計量したい物を置き台の沈み込みから重量を割り出す重量測定器」、すなわち大きな計りのことで、まずは荷物を積んでいない空の状態の貨車の重さを量り、荷物を積み込んだらもう一度重さを量ってその差がすなわち積荷の重さということで、重さ辺りの料金を荷主に請求する時に使用されていたようです。

 で、横浜港税関埠頭こと、新港埠頭と大桟橋の震災復旧状況を記した、昭和9年に大蔵省が発行 「営繕管財局営繕事業年報. 第1輯(大正14年度)」によると、「貨車用計重台は在来五台なりしも利用の程度を考慮し強力なるものを二台新設するものとす」とされていて、さらに昭和9年に横浜市土木局が発行した「横浜港」の巻末にある「横浜税関設備図」を見ると↓

c0247059_1825559.jpg


十一号上屋万国橋側と変電所などがあった三角地帯の新港倉庫E号倉庫前の二カ所に貨車用計重台が設置されたようですが、80年代頃には十一号上屋万国橋側の1基しか無かったように記憶しています。

 ちなみにこの二カ所を現在の新港埠頭に落としてみると↓

c0247059_1865251.jpg


国際大通り・サークルウォーク交差点のみなとみらい側、赤レンガ倉庫行きの道路上と、新港中央広場ということになるようです。


c0247059_18824.jpg
-写真①(1981年撮影)-


c0247059_1881827.jpg
-写真②(1983年撮影)-


c0247059_1882824.jpg
-写真③(1983年撮影)-


c0247059_1883811.jpg
-写真④(1983年撮影)-


c0247059_1885071.jpg
-写真⑤(1983年撮影)-


c0247059_189394.jpg
-写真⑥(1987年撮影)-





*来月10月のUP予定

10月 2日:西区桜木町七丁目界隈
10月 9日:太田町通り
10月16日:弁三アパート
10月23日:住吉町四丁目界隈
10月30日:住吉町五丁目界隈

[PR]

by yokohama80s | 2016-09-25 00:05 | 新港埠頭 | Comments(0)


<< 西区桜木町7丁目界隈      右突堤中央道路 >>