週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 09日

横浜機関区機関庫

 その昔、住所で言うと"西区高島1-2"のみなとみらい地区57街区の国道1号とすずかけ通りの交差点カドに機関区と操車場を備えた"高島駅"という貨物駅があったことはこちら(東海道本線貨物支線 高島駅)で触れましたので、以下省略ということにして、とにもかくにも横浜駅東口の中央郵便局と崎陽軒本店の間の、むかしむかしに現在の桜木町駅が横浜駅だった時代の軌道跡……というか、正しくは軌道に沿って作られた道路を高島町方向へ行くとやがて万里橋を渡りさらに進むと国道1号線に突き当たる所に国道を跨ぐ歩道橋がありました↓。

c0247059_023592.jpg
 
*写真①
(現在の国道一号の高島町~東口間は二代目横浜駅当時の軌道跡地をそのまま道路に転用したもの)


 ちなみにむかしむかしに高島町に横浜駅(二代目)があった頃の地形図を、あのてこのてで現在の地形図に落としてみると、どうやら↑の写真の場所はネットで拾ったこの絵葉書写真↓

c0247059_2328546.jpg
*現在の京浜東北線にあたる京浜線の下り線桜木町方向ホームから桜木町方向を見るの図


の撮影場所にあたるようです。
ついでに二代目横浜駅の東海道本線上り線(東京方面)ホームの最前部は、国道一号沿いにある市営バスの高島町バス停のあたりまであり↓

c0247059_17185778.jpg
*左から1927年(昭和2年)、1929年(昭和4年)、1931年(昭和6年)。
(横浜都市発展記念館刊・「地図」で探る横浜の鉄道より)


線路は、そのまま国道一号から東口広場を斜めに突っ切って現在の線路に合流して、当時の神奈川駅(現在、月見橋から線路沿いに青木橋に至る道路が、ちょっと線路から離れて空き地になっている場所にあった……らしい)に到着、というルートを辿っていました。

 そして震災により二代目横浜駅が全焼し現在の場所に三代目の駅舎が作られ、東海道本線の線路も現在のルートに変更された時に、東海道本線と現在の京浜東北線こと京浜線の複々線の広大で細長い軌道跡の跡地利用が問題になったそうなのですが、結局、新駅舎の駅前広場と国道一号の道路として使用されることになり、現在に至る、ということになったそうな(上の昭和6年の地図は軌道部分を書き直しただけなので国道一号の道路幅は二代目横浜駅当時と同じですが、その後の昭和7年の地図では現在と同じ道路幅に書き直されています→横浜市三千分一地形図の昭和7年新港で確認出来ます)

 「どうりでこの区間の道路幅が不自然に広かったワケだ」……と言っても、二代目横浜駅の存在を知ったのはここ最近のことで、これらの写真を撮影した当時にはそのような知識は無かったのですが^^。

 ということで、とにもかくにも階段を上って歩道橋で↓

c0247059_1639516.jpg
*写真②
(青看板と歩道橋の間に街灯が……)


国道一号を渡った所から東京側を見ると↓

c0247059_0243729.jpg
*写真③横浜機関区機関庫
*奥の日産の看板があるビルが先週のスカイビル
その右手に見える鉄骨が建設中の"そごう"こと新都市ビル


横浜機関区の1914年(大正3年)に建てられた扇形の機関庫を望むことができました。

 ということで、歩道橋の階段を降りて国道一号の海側の歩道を東京方向に戻るとこんな感じで↓

c0247059_16512957.jpg
*写真④


c0247059_16514213.jpg
*写真⑤


歩道から機関庫を見ることが出来ました。
 
 でさらに東京方向にちょこっと行くと、機関庫の方に行ける入口があって↓

c0247059_16581711.jpg
*写真⑥


そこを何食わぬ顔で通り抜けた先に↓

c0247059_0251534.jpg
*写真⑦

 
機関庫が。
 
c0247059_0253248.jpg
*写真⑧


c0247059_0254953.jpg
*写真⑨


c0247059_0262190.jpg
*写真⑩


c0247059_0264441.jpg
*写真⑪


c0247059_027334.jpg
*写真⑫


 
*写真はすべて1987年撮影。



[PR]

by yokohama80s | 2015-08-09 00:04 | 高島埠頭 | Comments(4)
Commented by ssqmile at 2015-09-21 16:53 x
はじめまして。懐かしくて初コメです。この向こうには扇型車庫があって、蒸気機関車の入れ替えに使われてましたね。それ程大きくは無かったと思いますが。このちょい先には高島町のフェリー乗り場があり、小さい頃に房総半島まで行った覚えがあります。
Commented by yokohama80s at 2015-09-22 00:58
ssqmileさん、ありがとうございます。
申し訳ありませんが「この向こう」とはどこのことをおっしゃっているのでしょうか?
写真の機関庫がssqmileさんのおっしゃる機関庫なのですが……
Commented by ssqmile at 2015-09-26 11:30 x
言葉が足りずに失礼いたしました。
写真⑦~⑫がいわゆる扇型車庫の壁ですね。この中でSLが回転台に乗って出入りしてたんです。自分の「この向こう」はこれら写真のガラスの向こう、のつもりでした。汗)
yokohama80sさんは全体を機関庫と呼ばれているのですね。自分の興味はその中のレールごと回転してSLを入れ替える仕組みにあったので...... 混乱をお許し下さい。仕組みは「京都」「梅小路」あたりでググって頂ければ....
Commented by yokohama80s at 2015-09-26 19:44
ssqmileさん
正確に言うと機関車を入れる扇形の車庫を機関庫(←機関車車庫を略したもの)、そして蒸気機関車の前後の向きを変える時に使用するのが転車台、機関車を屋外に駐めておいたり、SL時代には給水、給炭や釜から石炭の燃えかすを排出する設備が併設されている線路を留置線、さらに機関士などの職員の詰め所その他の施設全体を総称して機関区と呼びます。
まあ一般的には機関庫から転車台までを総称して「機関庫」と呼びますが、記事のタイトルを見ればご理解頂けると思いますがここではあくまでも建物のことを指しています。
失礼ですが人にググれと言う前に、ご自分でおっしゃりたいことを整理してからコメントして下さるようお願い致します。


<< 高島埠頭 その3      初代スカイビル >>