週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 22日

日本大通9 横浜地方裁判所

この建物については、TVドラマや映画に登場する機会が多いので誰でも一度は目にしたことがあると思われるので、見方によっては「横浜を代表する歴史的建造物のひとつ」と言っても過言ではないかもしれません。

ただ一言付け加えるなら、この建物はこちらに書かれているように現存している建物は、オリジナルの部材を可能な限り再利用したとは言え一度取り壊されたあとに日本大通り沿いの壁面を復元したレプリカ建築。

個人的には、北仲通の旧生糸検査場こと現第二地方合同庁舎、横浜税関本関、日本大通の旧横浜商工奨励館と市外電話局こと横浜情報文化センターとこの横浜地裁のように、レプリカにしろオリジナルにしろ旧棟を手前に高層棟を奥に配置(セットバックというらしい)する手法は、高層ビルの低層階に旧棟の壁をデザインもヘッタクレもなく無理矢理張り付けたハリボテ建築、はたまたフランケンシュタインビルに比べれば数十倍はマシだと思います(本来なら復元されたレプリカと建物の現状保存とは明確に分けるべきなのですが横浜ではどちらも歴史的建造物として一括りにされています)。

しかしこの手法の最大の問題が高層棟を後ろに下げて建設するスペースと費用。
その証拠に、関内、山下町地区で高層棟をセットバックさせる方法で古い建物を保存あるいはレプリカ保存しているのはお役所関連がほとんどで、民間では山下町9、10番地で構成される区画をまるまる所有していたニューグランドだけ……だと思います^^。

本来なら、「ここが行政の腕の見せ所」のようにも思えるのですが……。

c0247059_21281030.jpg
*正面玄関
建設当時は正面玄関を入った奥に陪審員用の宿泊施設があったそうな


c0247059_21292594.jpg
*正面玄関の車寄せ


c0247059_21282398.jpg
*建物西側の出入口こと公衆出入口


c0247059_21283766.jpg


建設当時の裁判所一階部分の図面を見ると、裁判所の建物は日本大通に「日」の字を横たえた型になっていて、「日」の字の真ん中の横棒部分に正面玄関があり、そこを入ると大広間、その奥の左右に階段があり、さらに奥の扉の先には陪審員用の宿泊室や休憩室があり(戦前は死刑または無期に相当する刑事事件は陪審員制だった)、正面向かって右手奥の建物のカドに拘置囚用の出入口があり、そこを入った右手に看守詰め所、そして入口を入った奥に拘置室。
建物左手の真ん中にある公衆用出入口を入ると、左手に食堂、右手に登記室と司法記者室、裁判官や書記などの宿直室があったとのこと。

ちなみに桐蔭学園構内の施設内にこの裁判所の陪審法廷が移築復元されているそうですが、「どうせなら裁判所施設を高層棟にまるまる移して、旧棟は建設当時の内外装に復元して司法博物館か何かの展示施設にでもしてくれたら良かったのに」と思ってしまいます。


*写真はすべて1981年撮影





*来月3月のUP予定
3月 1日:大黒埠頭第一期埋立地
3月 8日:大黒埠頭第二期埋立地
3月15日:大黒埋立地の海岸線
3月22日:ベイブリッジ地組立ヤード
3月29日:首都高大黒ランプ建設現場

[PR]

by yokohama80s | 2015-02-22 00:02 | 日本大通 | Comments(0)


<< 大黒埠頭第一期埋立地      住吉町3-35 クリーニングシ... >>