週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 28日

相生町2丁目 レストラン・ローマステーション

c0247059_19375240.jpg


上の写真は、関内桜通りをJR関内駅(撮影当時は国鉄)から本町通り方向に向かって、ちょうど住吉町2丁目と相生町2丁目の境界になる通りのカドにあったタバコ屋さん。

ちょっと分かりにくいのですが、通り沿いに"くらぶ高峰"、"スナック チャート"、"三協興行"、"天ぷら ふく三"とあって、その奥の"そば処 川越"との間の路上に"イタリアンレストラン ローマステーション"の看板が見えます。

地図を見るとちょうどこのあたりは相生町2丁目52番地。
このあたりの食べ処事情に詳しい人の中には、「ローマステーションって山下町でしょ?」とお思いになられた方もおいでになると思いますが、この写真を撮影した81年頃にはローマステーションという看板を出したレストランが山下町と石川町、そして相生町の3カ所にありました。

なにやら聞いた話では、山下町のローマステーションが本家本元家元の総本山で、他の2軒は支店ではなく本家からのれん分けという形で独立したお店なんだとか(更科そばみたいなモノ?)。

「ふ~ん、そうなんだ」といった感じでこれ以上、この話は広がらないのでここまでにして、なにやら巷には「日本のイタメシ屋発祥の地は横浜だ」と主張する方もおいでになられるのだそうな。

この件に関して私は門外漢ですが、ただひとつ確かなことは1950年代から60年代にかけて横浜で相次いで開店したイタメシ屋さんは、現在、麻布、青山、六本木あたりにあるようなイタリア人が始めたとか、はたまたイタリアで修行したシェフが開いたイタリア直輸入のイタリア料理ではなく、イタリア移民と共に大西洋を渡って、アメリカ大陸を東海岸から西海岸へCoast to Coastして、さらに進駐軍によって太平洋を渡ってようやく横浜にたどり着いたという、いわゆる進駐軍由来の本家イタリア料理とは似て異なるアメリカ風イタリア料理をさらに日本風にアレンジしたモノ。

例えてみれば、同じ寿司でも日本の寿司とヨーロッパやアメリカの寿司はまったく別モノというのと同じパターンで、一言で言ってしまえばイタリア風洋食、はたまた横浜風イタリア料理とでも言った方が正解なのかもしれません。

c0247059_19382617.jpg

*イタリアンハンバーグ、イタリアンサラダって……


c0247059_19384131.jpg
*暖簾の代わりに船の部品を……???


とにもかくにも80年代くらいまでは、関内界隈にはこのての店がそこかしこにあったと記憶していますし、最盛期には、いったいこの近辺に何軒存在していたのか今となっては知るよしもありませんが、現在のように本場イタリア直輸入の店が全盛の時代に、横浜古来のイタリア風洋食の店がイタリア料理というカテゴリーで営業していくのはさすがに厳しいだろうことは想像に難しく無く、関内山下町界隈では山下町のローマステーションだけとなってしまったようです。

ということで、参考までに手元にある昭和57年版(1982年)交通公社のポケットガイド44・横浜から、山下町の方のローマステーションの記述を丸写ししてみます。

以下原文まま
ローマステーション
イタリア料理の店。シルクセンターとホテルニューグランドの中間にある。店頭に置かれたイカリとビア樽が目印。地中海鍋と称するイタリア風ごった煮がうまい。これはトマトをベースにカニ・エビ・タコ・イカ・ハマグリ・アワビなどを煮込んだもの。ほかにステーキ。骨付煮込みのスペアリブもなかなかいける味である。


c0247059_19385875.jpg
*ローマ時代のモザイク画をイメージしたのでしょうか?


*写真はすべて1981年撮影。





*年が明けて来年、20015年1月のUP予定
1月 4日:関内地区の戦前建築 その1(港町~南仲通まで)
1月11日:関内地区の戦前建築 その2(本町~北仲通まで)
1月18日:新港埠頭の公衆トイレ
1月25日:新港倉庫B号倉庫

[PR]

by yokohama80s | 2014-12-28 00:04 | 関内地区 | Comments(0)


<< 関内地区の戦前建築 その1      海岸通り界隈 >>