2014年 05月 11日

西波止場 その2

現在、日本大通りの港郵便局あたりの横断歩道を渡る時に港の方に目をやると、臨海線の高架越しに新港埠頭と大桟橋に挟まれた横浜港発祥の地でもある西波止場(西波止場に関する能書きはこちらをご参照下さい)とその先の海面を見ることが出来ます。

まあ景観的に「日本大通りの先に海がデ~ンと見えたらかっこいいじゃん」と思ったのかどうかは定かではありませんが、実は開港時には現在、県庁があるあたりに運上所と蔵や役宅などがありその周りはぐるりと黒塗りの高塀で囲まれ、波止場に至る道には関が設けられていたし、その後、1866年(慶應2年)の豚屋火事をきっかけに、日本人居住地と外国人居住地の間に防火帯として幅120フィート(約36m)の日本大通りが作られた時にも、東西上屋があったあたりに蔵がデ~ンと建っていたし、その後、税関が日本大通りのどん詰まりに移転したらしたで日本大通りは横浜税関庁舎へ至る参道のような存在になってしまったし↓

c0247059_17125591.jpg
昔の絵葉書写真より、広い通りが日本大通りで、税関正面玄関越しに東西上屋の屋根が見えます。


震災によりその税関庁舎が倒壊焼失した後も、税関庁舎跡にはカストム・ブローカー・ビル(すでに取り壊されたキッコーマン横浜支社ビルと現存する昭和ビルはもともとふたつでワンセット)、波止場側には東西上屋が建っていたし、さらに後年になって山下臨港線の高架が作られたので、歴史的に見ると現在のように日本大通りから西波止場とその先の海が見えたことは無かったと思われます(敢えて言えばペリー提督ご一行さまが上陸した時くらいだけど、その時には日本大通りはまだ存在していなかった)。

c0247059_124226.jpg
1977年撮影の航空写真に80年代当時の状況を書き込んでみました


というこで、どういう主旨と経緯で、カストム・ブローカー・ビルを半分取り壊して現在のようなスッカラカンの景観にしてしまったのかは知るよしもありませんが(なにやら近い将来、貨物線の高架橋も邪魔だから取り壊すとか壊さないとか???)、

c0247059_1737250.jpg
*2014年撮影
(この位置から見るとカストム・ブローカー・ビルの片割れだったキッコーマンビルは意図的に取り壊されたような気が・・・・・・)


それはそれとしてとにもかくにもみなとみらい以前に西波止場へ行こうと思ったら、大桟橋から物揚場沿いに歩くか、回漕会社の軒先をかすめるようにして忍び込むか、はたまた新港埠頭の西門のあたりから倉庫と倉庫の間を通ってさらに臨港線の低い高架線をくぐってようやくたどり着けることから、表通りは観光客でひしめいていても一本裏手のこのあたり一帯では、観光客の姿を見ることなど皆無なちょっとした秘境のような場所でした。

c0247059_17352045.jpg
①1982年撮影・東西物揚場から象の鼻を見るの図


c0247059_1735335.jpg
②1982年撮影・東西物揚場から見た二号物揚場


c0247059_17361881.jpg
④1982年撮影・二号物揚場に繋がれたダルマ船。


c0247059_17355978.jpg
④1982年撮影・二号物揚場に浮かんでいた"浮きオフィス"


c0247059_17372471.jpg
⑤1982年撮影・現在のブルーブルーヨコハマ


c0247059_1738864.jpg
⑥1982年撮影・東西物揚場


c0247059_17391571.jpg
⑥1982年撮影・東西物揚場




c0247059_17393043.jpg
⑥1982年撮影・東西物揚場


c0247059_17364174.jpg
⑦1987年撮影・住友倉庫(ホルト上屋→戦前はバターフィールド・アンド・スワイヤー商会がマニラ麻の保管の為に使っていた)


c0247059_17394418.jpg
⑦1982年撮影・旧ホルト上屋こと住友倉庫の古めかしい電源部





*参考までに上の航空写真に写っている建物その他の過去記事は以下からどうぞ。
西波止場
横浜税関西門
山下臨港線 
海岸通1丁目 三菱倉庫京浜支店ニ号倉庫
海岸通2丁目 三菱倉庫横浜支店
海岸通3丁目 エヴェレットスチームシップ横浜支店
海岸通3丁目 ニューピータースグリル
海岸通1丁目 エキスプレスビル
海岸通1丁目 現・HAMA CAFE
海岸通1丁目 大桟橋入口界隈
大桟橋
北仲通2丁目・興亜火災海上保険横浜支店
[PR]

by yokohama80s | 2014-05-11 00:03 | 大桟橋・海岸通 | Comments(2)
Commented by 酔華 at 2014-05-11 16:53 x
畳を立てかけて干しているようなアート作品(?)は邪魔ですね。
見通しが悪くなっていますが、今後、今以上にこれを増やす計画があるようですよ。
掖済会病院の入っているビル(昭和20年代の建築?)が取り壊されるようですが、
そこまでこの畳を連続させるとか。
Commented by yokohama80s at 2014-05-11 18:15
酔華さん、こんにちは。

芸大生の作品発表はそのてのギャラリーか大学構内でやって欲しいと思ってしまいます。

でも見方によっては、横浜から歴史的な建物が次々に消えていくのは横浜市民の問題なのかもしれませんね。

なにせヨーロッパでは、歴史的な町並みとか建物を取り壊そうものなら市民から猛反発があるそうですし、大戦中の空襲で焼け野原になったドイツのある街では復興の為に大戦前の写真を市民からかき集めて、当時と同じ材料資材を用いて寸分違わぬ姿ぬ復元したそうですから、文化の違いと言ってしまえばそれまでですが・・・・・・。


<< 横浜税関特別通関貨物検査場      高島埠頭 その2 >>