週刊 横濱80’s

hama80s.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 19日

モーリス商会

80年代当時、ワシン坂の下、小港町2丁目のカドに、モーリス商会というどこにでもあるようなごくごく普通の自動車修理工場がありました。

c0247059_15215658.jpg
*1982年撮影


ところがフツーじゃないのが、ガレージに駐められている車。

その一台がスカイブルーとアイボリーのツートンカラーで、テールにフィンがピンと立ったアメリカングラフティーしている車。

c0247059_19561185.jpg
*1982年撮影


今ならググれば一発で車名が判明するのですが、当時はそんなモノがあるはずもなく、あれやこれやと手を尽くしして調べた結果、1958年型のフォードフェアレーン500コンバーチブルと判明。

撮影から30年も経っていれば、あの当時ですでに車齢24年なので今は廃車になっているものと思っていましたが、ある日、暇つぶしにグーグルストリートビューで小港町を見ていたら店名がちょっと変わったものの、当時の場所に、当時の店構えのままで、当時のようにこの車がガレージに駐められていたのにはビックリしました。

今年で撮影から30年、ということは車齢54年。

ググってみると、「小港町の一桁ナンバーの云々」とけっこう有名な存在のようです。

でもう一枚。
c0247059_19563293.jpg
*1982年撮影


こちらはフェアレーンの隣に何気に駐めてあった、いかにも米軍払い下げ臭プンプンのドブネズミ色のダッジのレッカー車。

普通、「このての車が修理工場に置かれている」と聞いたら、アメリカンポップ調に派手派手しく彩られたガラス張りの小綺麗なショールームを連想しますが、フェアレーンの下にはオイルの受け皿やらバケツが乱雑に置かれているし、ダッジの隣になぜか冷蔵庫とかつて一世を風靡した流れるフラッシャー付きのセミドロップハンドルのチャリ。

「いかにも」という感じではなく、このようにごくフツーに「何気にすごいモノが置いてある」というのが、本当の「粋」ってヤツだと私は思います。     
c0247059_19174388.jpg
*1984年撮影(こちらは元町から山手トンネルを抜けた所にある自動車屋さん。売りに出ている車がメチャクチャマニアック)




*2013/01/04 写真1枚追加。
[PR]

by yokohama80s | 2012-08-19 00:06 | 本牧・小港・新山下 | Comments(4)
Commented by wata at 2014-01-02 19:53 x
はじめまして。

中学時代のアメ車の工場を探して、たどり着きました。
モーリス商会、写真を見てとても懐かしくなりました。
素敵な写真を拝見させていただきました。
Commented by yokohama80s at 2014-01-02 23:50
wataさん、コメントありがとうございます。
そう思って頂けて光栄です。
これからもよろしくお願いします。
Commented by あきのり at 2017-07-30 10:17 x
この自動車工場に初めて車検をお願いしてきました。
その後、お店の名前を検索してこのブログにたどり着きましたので、ご挨拶のコメントをのこさせていただきます。
今も青いアメ車は健在でした。
Commented by yokohama80s at 2017-07-30 15:15
あきのりさん
この年式、カラーのフェアレーン
ニホンでは余り知られていない車ですが
本国ではけっこういい値段で取引されているそうです。


<< 山下町 下町あたり      弁天通界隈 >>